鏡月亭

アニメ感想、ヲタ、マンガ関連。

過去ログ ~2010(4) 2010年度・マイベスト ~キャラ編

2011-07-27 19:58:56 | 過去ログ
2010年度のマイベスト、キャラ編。
10年度から11年度にかけて、『てぃんくる』『まどか☆マギカ』『サンシャイン』と10年級クラスの名作が3本続くことになろうとは、この時点では予想だにせず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年度・マイベスト ~キャラ編

続いて、キャラ中心に今年のベスト10.

例年同様のことを書きますが、個別に飛んできて見る人もいるかもしれないので、念のため、もう一度。
全て私の好みの順位でありまして、キャラの優劣を論じたものでもないし、その意図もありません。
ですから、「Aの方がBより低いって、おまえ目が腐ってんのか」とか、「Cみたいな糞を入れて、Dみたいなすばらしい人を入れてないのは、おまえケンカうっとんかー」とかっていうのは、勘弁してください。(^_^;

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2010年、好きなキャラ・ベスト。
従来、1作品1人を原則としてやってたんですが、あまり集中することもないでしょうから、この縛りはうすめていこうと思っています。

1.桜あかり 『ジュエルペットてぃんくる』
「成長」ということを実に繊細な、そして暖かい目で作り上げられたキャラ。
なんでもネガティブな方に考えてしまうコンプレックス、というのが、これだけ好感もって描かれた、というのも少し珍しいのかも。

2.服部絢子 『いちばんうしろの大魔王』
あのふんどし娘は、インパクト強烈でした。
ふんどし以外の、ナニを期待してしまっているところとかも、かなり好みでしたし。

3.ウルスラ・ハルトマン 『ストライクウィッチーズ2』
すいません、単発の1回こっきりのキャラなのに。
『いらん子』のときから大好きだったのです。

4.鮎沢美咲 『会長はメイド様』
さくらや棒妹、ヲタメイドにロリババアも捨てがたいのですが、ボンビーなのに明るく健気に、そしてどこかズレながらがんばるヒロイン会長にしておきます。

5.雪女(氷麗) 『ぬらりひょんの孫』
氷麗モードのときより、雪女モードのときの方がよくなかったかな、後半は。
第2期決定だそうなので、次も期待しています。

6.神宮寺くえす 『おまもりひまり』
今年の松岡さんキャラ。『アマガミ』の香苗ちゃんも良かったんですけどね。

7.エルキュール・バートン(エリー) 『探偵オペラ ミルキィホームズ』
インパクトならコーデリアさん、おっぱいならボヨヨンのアンリエット様、なんですが、これだけ強い「いぢめて光線」を出されたら、責めないわけには参りませぬ。

8.織部まふゆ 『聖痕のクェイサー』
原作より増量。そして魅力も倍増。少しMも入ってるし。
あんなひどい目にあっておきながら、ショタにほれちゃう、というのも、見ていて実に嬉しい。

9.ニッチ 『テガミバチR』
雪女やエルシィも良かったけど、ジンガイキャラとしてはこの娘が今年の、ワタクシ的ベスト。

10.エルシィ(エリュシア・デ・ルート・イーマ) 『神のみぞ知るセカイ』
栞もたいへん好みでしたけど、トータルでとればエルシィかな。

次点 羽鳥カノン 『あにゃまる探偵キルミンずぅ』
丹下桜、復帰記念。

・・・藤村歩キャラが3人もいるみたいですが、たぶん気のせいです。(笑)


☆おまけ、今年のエロ乳。(順不同)

・吹寄制理 『とある魔術の禁書目録II』
ああ、またしても藤村キャラが。(^_^;

・アンリエット(アルセーヌ) 『探偵オペラ ミルキィホームズ』
ボヨヨンは既に人格をもったキャラクター。

・依媛奈緒 『ヨスガノソラ』
お乳だけでなく、腿もすばらしかったんですけどね。

・姫路瑞希 『バカとテストと召喚獣』
釣りキャラなんですが、堂々と釣られてあげます。

・園原杏里 『デュラララ!!』
狂気の巨乳・・・こういうコンセプトもまたよし。

・高城沙耶 『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』
ビッチな麗も良かったんですが、おっぱい視点ですと、沙耶。


☆番外

・木下秀吉 『バカとテストと召喚獣』
性別・秀吉・・・という、あらたな「性」を生み出した記念碑的キャラ。
テレビアニメにおける「男の娘」は、それこそ『リボンの騎士』の昔からありましたけど、今日的な意味では、2006年の『乙女はお姉さまに恋してる』あたりが元年かと思います。
この秀吉は、それを確固たるキャラクター、ペルソナとして定着させてくれた、というところでしょうか。
雑誌まで出ちゃいましたからねえ。(^_^;

まだまだ好きなキャラはいますけど、パッと思いついたあたり、ということで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『会長はメイド様』のところで書いた「棒妹」というのは、11年度後半からメジャーになる石原夏織さんが演じてました。
この頃はまだまだ「棒」だったんですが、何か光るものは感じられました・・・とこう書くと、後付けっぽいですが。
いや、でも、棒にしてはえらく味があるなぁ、と、当時としては感じていたのでありますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。