鏡月亭

アニメ感想、ヲタ、マンガ関連。

過去ログ ~2010(3) 2010年度・マイベスト ~作品編

2011-07-27 17:54:47 | 過去ログ
2010年度の作品について。
今にして思えば『てぃんくる』が一番だったような気もしますが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2010年度・マイベスト ~作品編

2010年、私が好きだったテレビアニメ、回顧。
・・・だったんですが、記事を書き上げてアップ、という段階になって、不手際でトバしてしまい、もう涙目。
どれをどういう順番で取り上げたか、は覚えていたんですが、さすがに気力が減退してしまいましたので、例年に比べて、簡単になってしまいました。

2008年も後半の方が面白くなってたので断りを入れましたけど、今年も前半が不作でしたので、後半主体になっています。
でも前半を忘れたから、というのではありませんので。

例年書いていることですが、一応念のため、今年も明記しておきますと、あくまで私の好みの順位で、決して作品の優劣を語るものではありません。
表現上のレトリックとして、そう受け取られかねない言い回しをしてしまうかもしれませんが、決してそういう意図はないので、そこらへんご了承の程を。
ですから「Aの方がBより低いのはどういうこっちゃー」とか、「Cみたいな糞作品を入れて、Dみたいな名作を入れてないのは、おまえケンカうっとんかー」とかっていうのは、勘弁してください。(^_^;

なお、年度がまたがっているものは原則として、前年にベストにあげたものははずし、そうでない場合でよかったもののみ、あげてます。

それと、年度と書くと、4月-3月みたいですが、1月-12月です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

最初にお断り。
最近、DVDや関連商品のセールスで作品の優劣を語るサイトが増えてきたように思いますが、一応ここは感想系ですので、セールスの多寡はまったく考慮しません。
セールスが惨敗でも好きな作品は上位に入れますし、メガヒットでも好きじゃなければいれません。
売り上げの数字それ自体は、そういう傾向の作品が続くのかどうか、という意味で大切だとは思いますが、好き嫌いにそういうものを持ち込みたくありませんので。

☆2010年、私が好きだった作品。

1.そらのおとしものf
去年の第1期は、10位にしましたが、一段落つきましたので。
キャラ絵がモロ好みなこと、エンジェロイドの描写が心憎いまでに細やかにかつ深く描かれていて、今年のいちばん好きだった作品。

2.探偵オペラ ミルキィホームズ
今年、というだけでなく、ここ数年でも類を見ない、傑作コメディ。
時に狂気さえ孕む、その笑い、パロディ、心理等、どれをとっても腹の底から楽しませていただきました。

3.会長はメイド様
今年は前半が不作だったこともあって、9月終了段階では、あー、今年は『メイド様』しかなかったなぁ、といった気分だったんでした。
ところが10月期が予想外の豊作で、順位を下げてしまいましたが、それでも今年前半のベスト作品でした。

4.ジュエルペットてぃんくる
第3クール限定でしたら、『フォルテ』とどちらを1位にしていいか悩むくらい、素晴らしかった傑作。
ただ、全体を通してみると、第1クール~第2クール前半が普通の良作でしたので、この順位に。

5.ヨスガノソラ
作画に関しては、間違いなく今年ダントツの最高傑作。
本編感想でも書きましたけど、これくらいの水準でしたら、特にエロスを入れなくても十分成立したのになぁ、という想いがありました。

6.いちばんうしろの大魔王
ふんどし娘が良すぎです。(笑)
少しロートルの入ったパロディなんかもけっこう好きでした。

7.おまもりひまり
不作だった1月期、その中で柱でした。
1月は本作と『バカテス』がなかったら、干上がっていたかも。(^_^;

8.祝福のカンパネラ
チェルシーとアニエスが大好きでした。もちろん、ミネット、カリーナ、エロ双子やエロママンも。
好きなタイプのキャラが一番たくさんでてきてくれた作品。

9.ストライクウィッチーズ2
最近は第2期でも外れが少なくなっているのが嬉しいですね。
エイラーニャも絶好調でしたが、ワタクシ的には、ウルズラの登場が嬉しかったり。
でも一番は、エーリカ、らぶらぶ。

10.伝説の勇者の伝説
少し手を広げすぎて、散漫になって印象もありますし、お話も全然終わってないんですけど、こういうスタイル、設定はとにかく好みなので。
好き度合いとしては、『伯爵と妖精』に近いものがあるかなぁ・・・、作品として似ているってことではないですが。

次点、といいつつ、5作くらいあげてますけど。(^_^;
B型H系
バカとテストと召喚獣
アマガミSS
HEROMAN
刀語
ここに挙げてなくても好きだった作品はいっぱいありますけど、全部書き出しているときりがないので、たいたいこの辺で。


☆2010年、私が好きだったエピソード。
ただし、原則として1作品1話。

昨年はうまく時間のやりくりができなくなって、好きなエピソード、好きなキャラをアップできませんでしたけど、今年はなんとかなりましたので、簡単ですが、記録を残しておきます。

1.緑の暴風がやむとき 『バトルスピリッツ少年激覇ダン』第44話。
愛し合う2人が、兄妹として生まれ変わり、その恐るべき力のために幼少の頃から迫害を受けてひっそりと生きていく。
だがしかし強大な力、凶悪な野望によって滅ぼされ、来世で再び「見つけてください」と言って散っていく妹。
単一エピソードとしては、今年のベストでした。

2.ほほえみの呪文にドッキ☆ドキ! 『ジュエルペットてぃんくる』第26話。
アルマ編はいずれも素晴らしいエピソードだったのですが、幼女時代の回想が一番多かったので、この第26話を。

3.ずるすぎるよ鮎沢、碓氷のアホ! 『会長はメイド様』第26話
安定感では今年のピカイチだった『メイド様』でしたので、どのエピソードをとってもベスト10にふさわしいものでしたけど、一応印象度、ということで、最終回を。
あ、でも第16話の「海の家」も捨てがたいなぁ・・・。

4.魔王が誕生しちゃった! 『いちばんうしろの大魔王』第1話。
記念すべきふんどし娘登場の回。
第2話のふんどしを締め直すところとか、第9話の「そういうことならカラダを洗っておこう」とか、第10話の「違う!違わないけどそうじゃない」とか、すばらしいセリフ、名場面は他にもあったのですが、記念的、という意味でこの第1話。

5.飼わなイカ? 『侵略!イカ娘』第5話Cパート。
イカ娘の中では、これが私のベストでした。
動物を飼ってる人間には、けっこう胸にきます。

6.迷い猫、乗った 『迷い猫オーバーラン』第7話。
勇者超人グランブレイバー・・・の回。
温泉卓球や、『咲』パロの回も良かったんですが、悪のりという点で、この回。

7.Spring of the DEAD 『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』第1話。
女子高生ビッチヒロインが誕生した記念すべきエピソード。
ビッチな女子高生がメインヒロインになってもいいんだ、と世の蒙を開いてくれた、記念碑的金字塔。

8.ヘンシン 『アマガミSS』第15話
紗江ちゃんが触手責めされる第11話、七咲とのエロい温泉混浴があった第16話も捨てがたいのですが、七咲がラーメンになって食べられてしまうエロ・シュールな本作のインパクトをとっておきます。(^_^)

9.訣別 『FORTUNE ARTERIAL』第11話。
瑛里華の吸血衝動が良すぎ。
『薄桜鬼』の吸血場面も良かったのですが、デザインでは断然こちらが好みでしたので。

10.ツミナオトメラ 『ヨスガノソラ』第7話。
キャラとしては穹、瑛、梢の方が好みでしたけど、エロさでは奈緒の巨乳スク水悦痴が一番好みでしたので、これをとっておきます。(笑)

まだまだ面白いエピソードはたくさんありましたけど、ワタクシの印象度として、パッと出てくるのがこのあたり、ということで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。