梟の独り言

色々考える、しかし直ぐ忘れてしまう、書き留めておくには重過ぎる、徒然に思い付きを書いて置こうとはじめる

過疎の地域で自動運転車両を

2017-08-03 08:38:44 | 雑記
ボルボが2022年までに自動運転ステージ4の車両を売り出すと発表した、同時ではないがすべての車をEVにとも発表している、
CEOが「我が社の自動運転車両で起きた事故の責任は全て我が社にある」と言ったらしい
確かに「全自動運転」を標榜するなら当然そうでなければ「完全な自動運転」とは言えないだろうがなかなか言える台詞ではないな、日本のメーカーもそれくらいの事を行って欲しいものだ、
所で完全自動運転となるとはたして運転免許証と言う物は意味が有るんだろうか、
運転の問題は運転者の五感と知識に拠るところが多いはずだがボルボは「事故の全責任は我が社にある」と言う、
道路標識の認識や路面標識等は映像技術からか、或いはGPSのデータベースによるのか、地方の市町村道の様な所では手書きの標識なども存在するがそういう事はECやアメリカなどではありえない事なのか、あるいは法的規制外と判断されるのか、
どうしても人間にも注意義務は出てくるだろうがその時道路交通法の基本的な教育がされていない高齢者にどう対応するのだろうか、
この事に関しては前から疑問が多い、免許所持者は書き換え時に必ず法規の改定教育を受けるのだが自転車及び歩行者が守らなければならない法規と言う部分もかなり多い、
子供に関しては学校と言う教育機会が有るが高齢者に関しては義務的に知識を得ると言う機会は少ない、あっても強制ではないのだが車社会に於いては何れにしても当事者である事には間違いない、
流石に今は無いと思うが数十年前には交差点で歩行者が待っている方向に車がウィンカーを出していてもその意味が解らず通過するのを待っていると言う場面もあった、
その方にしてみれば(なぜさっさと通過しない)と言う事だろうがドライバーにしてみれば(そっちに行きたいんですが)と言う事になる、
自転車は「軽車両」と言う分類で自動車と同じ交通法に分類される、「軽車両を除く」と言うのは補助法で一方通行を逆走してもいいのはあくまで補助的な措置である、
従って一方通行の交差点では逆側には「一時停止」の標識は無いが基本的には停止義務がある、この部分は標識表示の問題もあるが自転車運転者は基礎的な標識の見方すら知らないケースが有る、歩道を走っていいのはあくまで特例措置である事も恐らく知らない
自動運転許可以前の問題として車と歩行者が混在する特に都市部では法整備の方が優先されるだろう、
自動運転は完璧でなくとも過疎化した地域では大きな役割を担えるのではないかと思う、高齢化率が70%などと言う過疎地域は採算の問題でバスが撤退している、
高齢化の為に運転が難しくなり買い物難民と言われる社会にもなりつつある、
過疎地域では当然ながら交通量は極端に少ないし必要ルート自体も少ない状況だと思う、
万々が一事故が起きたとしても精々道路脇は畑や田圃でたまに出会う様な子供も速度が30km/h程度なら十分に避けられるだろう、利用者もスピードを望んでいはいないので速度そのものは低速で十分だろう、
又GPSと併用で道路の交差点に発信機を取り付けても大した数ではあるまい、
スマートフォンでも簡易メニューの物もあるので公共で設置するのも良いが自動運転車両の私有でも良いのではないだろうか、
行き付けの病院、子供の家、駅でもあるいはゲートボール場でもメモリーしておけば良い、近隣の商店に自由にゆく事が出来れば過疎の村でも育った土地で最期を迎えたいと言う希望にそえるだろう、
電気自動車にすれば燃料を気にする事もない、大体高齢者の移動距離は多くて40km、大抵もっと少ないから帰宅したらコンセントを差し込んでさえ置けば十分だ、そしてこれはインフラが止まった時には予備電源としての機能もある、
車載のGPSは緊急時も居所の把握に機能するし異常気象の様な緊急時はより安全な状況を確保できる、是非地方自治体とメーカーがモデルケースをお願いしたいものだが、
ついでに私の気になる字度運転者は「酒酔い運転はどうなるか」なんだがね、田舎に暮らしたら町で飲んで家に帰るのはタクシーよりずっと良い
ジャンル:
報道ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 浜松凧まつりの”ウトイペンコ” | トップ | 被爆と殺戮の罪と罰 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事