わくわく記録帳

一日に見聞きすることをすべて記録すると文庫24冊になるらしい。
そんなに!?
記録しておかないのはもったいないよね。

しみじみ味わいたいのだな。ライブ後の打ち上げが苦手な理由。

2018-01-25 06:31:10 | コトバ・ニッキ
共通の趣味が「ライブ」、ということもあって、結婚してからこっち、基本的にはライブはオットと一緒。晃司だけではなく、ほてーさんや外タレ、アマチュアバンドなども。で、終わった後は焼き鳥食べて、ビール飲みながら、リフレクション。リフレクションって言っても、「よかったよねー」くらいの浅い振り返りなんですが(汗)


独身時代は、ひとり参加が多かった。一緒に行く人がいて、終わった後にあれこれ「あそこがよかったよねー」「あれ、かっこよかったよねー」「あれって何?」みたいな話ができることは楽しい。けど、いわゆる「打ち上げ」的なことが苦手で、ライブが終わったらひとりでじんわししみじみ反芻しながら帰路に着くっていうのがデフォルトでした。で、降り損なって乗り過ごすことしばしば(笑)


で、打ち上げ的なことが苦手なのってなんでだろ?と、あらためて考えてみた。
たぶん、おそらく、きっと、打ち上げそのものが苦手なのではなく、打ち上げに至る過程…会場外でなんとはなしに集合して、行きますか?どこ行きますか?全部で何人?あれ?●●さんは帰るの?みたいなやりとりをしている間に、ライブの余韻がすーーーーっと醒めて行ってしまうことがもったいないんだなー。


気の合う人と、同じ空間、時間を過ごして、その勢いのままにわーっと盛り上がるのは楽しい。
誤解を恐れずに言うと、それよりも、しみじみと味わいたい、って気持ちの方が勝っているのですよ。
口に出しちゃうと感動が薄まっちゃう、みたいな。


昨年末に、竹原ピストルのライブに初めて行った。ギター1本で、汗だくになりながら歌う竹原ピストル。朴訥な語り口で、決して派手ではないけど、一言一言、一音一音が胸に響いてくる。泣けた。久しぶりにライブで泣いた。
そのときに思った。あぁ、この感動を閉じ込めておきたい。すぐに言葉にしちゃうの、もったいないって。


たぶん、おそらく、きっと、最近、ライブに行った感動、感想を言葉にできない、文章化、言語化できないのって、すぐに外化させちゃうからなんじゃなかろうか?と。
オットとライブに行って、焼き鳥食べてビール飲んで、よかったねーって話せるって本当に幸せ。わたしってばなんて幸せ者なんだろう、って心の底から思っている。


この感動を閉じ込めておきたい!って思うときはこれからも来ると思う。そんなときは勇気をもって黙ろうと思う。しみじみじんわりと味わって、そして外化しよう。





コメント