不老愚 助光 れいん坊

嘘、誤魔化し、怠慢を憤り、愛情、親切、思いやり、を喜び感動を記事にしています。

内部留保

2009-01-30 20:34:55 | 冗談囃子

 今 各方面から派遣切りをする企業に対して「内部留保を取り崩して派遣社員の雇用を確保すべきだ」との声が挙がって居ます。2007年までに蓄えた内部留保は72兆円に上ると言われます。経営者達は、「これ等の金は現金で残っている訳では無く、設備投資や銀行への借入金返済、株主配当に廻しており、手元に残っている現金預貯金はほんの僅かで、此れは今後予想される運転資金不足に備えて置く為に遣う訳には行かない。」と言います。
 此れは「詭弁」です。「内部留保」とは「決算後に残った余剰金」です。設備投資、借入金返済、株主配当等、諸経費全てを決済した後に残った純利益の中から出したもので、それをまた二重に言い訳に使うなどは、昔からの経営者達が使い古して来た「詭弁」に他なりません。
 実際の所は「銀行が怖い」のです。銀行は「企業の資産」を担保にして金を貸します。「企業の資産」とは、昔は企業が所有する土地建物等の不動産でしたが、サブ・プライムローンの崩壊後は「内部留保」つまり「キャッシュ イズ キング」です。だから その為に派遣社員を切り、正社員の給料を削ってまで必死に貯めた命よりも大事な「キャッシュ」を「派遣切り防止対策」如きにに遣うなんてとんでもない愚行なんです。この百年に一度と言われる国民の危機存亡の時でも経営者達の小さな肝っ玉は委縮する一方です。何とも情けない!! いったい何時から日本の経営者達の倫理観がこんなに地に落ちてしまったのでしょう???

コメント

危険な原発!?!

2009-01-29 23:49:45 | 冗談囃子

中部電力が浜岡原子力発電所の1号基と2号基の改修を断念して、新たに6号基を新設すると発表しました。
 元々 我が国の原発製造能力は未熟で、完全に安全技術が確立されていません。だから 全国各地でチョクチョク起きるトラブルが其れを証明しています。然し 電力会社も原発メーカーも絶対に認めようとはしません。原発が未完の技術で実施して居る事が公(おおやけ)になれば日本全国で上を下への大騒ぎになり、電力業界は元より関係官庁も面目丸潰れの収集の着かない大問題になるでしょう。だから 関係者は必死に危険性を否定するのです。
 今回の浜岡原発1号基、2号基の改修を断念した中部電力の判断は、「1,2、号基を改修するには費用がかかり過ぎる。それより新たに6号基を新設した方が安上がりで済む」と言う事です。その判断の根拠となるのは、東海大地震です。それに耐えられるか!?!と言う地元民の問い合わせに対して、今迄中部電力は「大丈夫です!!」と繰り返し答えて来ました。それに、此の1,2号基は今迄トラブル続きで其の原因の明確な説明を地元民に対してされてませんから非常に不信が高まっていました。
 従って 今度の中部電力の発表を聞いて、地元では「あの 1,2号基耐震強度を大丈夫と言い続けて来た中部電力の言葉は大嘘だったんだ。」と確信するに至ったのです。原発はアメリカやヨーロッパの様に地震のない所では問題無いかも知れません。 が 日本は全国何処を探しても大地震の起ない所はありません。それなのに一旦事故が起きればチェルノブイリの様になる原発を強引に進める業界と政治家の関係には何か薄汚いものを感じざるを得ません。

コメント

幕末の風情?

2009-01-29 01:07:48 | 冗談囃子

昨日は小和田教授の第十五回目の講義がありました。主題は幕末の静岡です。
1854年 アメリカのペリー提督が開国をせまって来ました。幕府は渋々下田港で開国交渉に応じたのですが、総領事として来日したハリスは徳川幕府の煮え切らない態度に神経をやられて胃痛を起こし喀血しました。
 その為 通訳のヒュースケンを通じて下田奉行へ看護婦の派遣を要請しました。それで派遣されたのがお吉でした。ところが お吉は三日間通っただけで、家に帰されてしまいました。此れは どうもヒュースケンが下田奉行に「看護婦」としてでは無く、娼婦を要求した模様でした。それで お吉は世間から「唐人お吉」と言われて非情なバッシングを受け、明治23年稲生沢川に身を投げて死んでしまいました。可哀想に・・・「日米通商条約」の締結の陰にはこの様な悲しい物語があったのです.
  ハリス達が初めて日本に上陸して特にビックリしたのは、銭湯が男女混浴だった事と人前で平気で放庇をする事だそうです。日本人は礼儀正しく節度もある民族なのに、混浴で何の躊躇いもなく人前で素っ裸になったり、大音響の放屁をするのがどうしても理解出来なかったと日記に書いていると言う話です。江戸時代からの風習で、日本人も大らかだったのですね。それにしても若い女性は平気だったんでしょうか? エッ!余計な心配ですか!?!すみません

コメント

五輪の招致!?!

2009-01-28 05:39:08 | 冗談囃子

東京五輪招致 賛成出来ません。!!
言いたくありませんが、此の世界大不況、大失業の此の時期、オリンピックどころじゃ無いでしょう。勿論 オリンピックが齎す経済効果はあります。然しそれは局地的なもので、東京周¥辺の限られた地域と業種だけでしょう。その限られた人達の為に国民や都民の税金を遣うのは果たして適切でしょうか?
 それこそ定額給付金の是か否かとと言う議論と同じ事だと思います。それよりももっと他に緊急にしなくてはならない事が在る筈です。
 それに オバマ大統領の誕生で、シカゴに決まりだとの声があります。だから 招致活動に要する莫大な資金が無駄になります。それこそ税金の無駄遣いです。!!
 石原さん! なに考えてるんでしょう!?!

コメント (2)

渋井さん 優勝!!

2009-01-26 15:59:01 | 冗談囃子


渋井さん 八年ぶり二度目の優勝!! よく頑張りました!!
2001年 大阪国際マラソン以来の快挙です.
2か月前の東京マラソンの時、あの失速状態を見て「ああ渋井さんはもう終わったのか?」と何とも言えない寂しさを噛みしめたのを未だ生々しく覚えて居ます。それからたった2カ月なのに今度は大阪にマラソンに挑戦すると聞いた時は、愈々これを最後に引退する気だな!?!なんて思っちゃいました。
 フルマラソンの疲れが僅か2ヶ月でリセット出来るもんじゃ無いと聞いて居ました。マラソンはスポーツの中で心身共に究極の消耗をする種目です。42.195kmを体力と精神力を使い果たして只ひたすら走り続ける・・・非情なまでに素朴で誤魔化しの効かない、誰も助けて呉れない孤独な厳しすぎるスポーツです。
 其の厳しさの極限に渋井さんは見事に打ち勝ったのです。どんな気持ちで苦しい練習をして、崩れそうになる自分を叱咤激励して此処までカムバックしたのでしょう?此の快挙は私の様な者にはまさに奇跡としか思えません。果たして奇跡と簡単に言ってしまっていいのか?と、つい深く考え直してしまいます。
 然し 現実に「奇跡」と言える「優勝」を見事成し遂げたのです。此の時 テレビで見て彼女が飛び上がって喜ぶ姿に本当に感動しました。


お目出度う!!!

コメント

採用取り消し

2009-01-25 14:03:39 | 冗談囃子

24日の記事から・・・
大学、短大、高等専門学校を今春卒業予定で、就職の内定を取り消された学生が、全国で283校の計753人に上ることが23日、文部科学省のまとめでわかった。うち269人(36%)は他の企業などから内定を受けたが、397人(53%)が就職活動を続けており、33人(4%)は留年する予定という。
 全国の1235校を対象に5日現在の状況を調査。96%に当たる1190校から回答があった。内定取り消しの内訳は、大学が264校の732人、短大が14校の16人、高専が5校の5人。厚生労働省がハローワークを通じ、昨年12月19日時点でまとめた大学生ら(専修学校生らも含む)の取り消し人数は632人だった。
 此れは酷い話です。いったん採用通知を出しておいて「経営が苦しくなったから・・・」と言って取り消すなんて恥も外聞もないやり方をする経営者は恥ずかしいと思わないのでしょうか それで 自分の名誉も地位も保てると思ってるとしたら、日本の企業の経営者達の地位や名誉は地に落ちたものです。
 「採用取り消し」をされた人の身になって考えた事は無いのでしょう。そうで無ければこんな惨い仕打ちが出来ません。まるで二階へ上げて置いて梯子を外す事を同じです。無限に広がる輝く将来を奪い取ってしまったのだから。そんな冷血非情な事を、此れから社会に巣立とうとしている純真無垢な若者に対してするとは言語道断です。被害者の悲しみ、苦しみは如何ばかりか・・・「派遣切り」よりも罪が深いと思えてなりません。「採用取り消し」をした責任者もクビにすべきです。そうしないと世間様が納得しません。

コメント

大阪市長!

2009-01-24 13:28:04 | 冗談囃子

大阪の平松市長 此の間テレビの番組で言ってました。何でも美術館を建てる計画が三十何年か前から有って、それが未だに建たない。それをあと三年以内に建てないと国から契約違反で違約金を三十四億円も請求される。と言う話ですが、経緯は、美術館を建てると言う約束で国から用地の譲り受けをした。絵画も百億円以上も遣って用意した。其れなのに大阪市がモタモタしてサッパリ埒が明かない。業を煮やした国が違約金云々を言いだしたという訳です。  
 其れに就いて 平松大阪市長は「ワシが大阪市長になって未だ一年チョットや。其れなのに三十年も前からの事を言われても困るヮ!!」と言う態度です。
「アンタは何者じゃ!! 大阪市長はアンタやないか!?!。三十年前だろうが、百年前だろうが、今現在の大阪で起きて居る問題じゃないか!! アンタがどないかせんで誰がするちゅうんじゃ!!」テレビを見て居て私は思わず叫びたくなりました。大阪の人はみんなこんな無責任だとは思いたくありません。 然し 今 大阪市が抱えている借金が八兆円になると言います。いわゆる第三セクターとして行った関西空港やUFJを始め、其の類の事業が悉く失敗で、堪りに堪った借金が八兆円、そしてそれをみんな「前任者のやった事だから」と知らん顔して見過ごして居ます。今に大阪市は夕張市と同じ管理団体にになっちゃうでしょう。其のツケは大阪市民に余さず廻って来ると言うのに呑気ですね。尤も 目先の効く人は既に大阪に見切りをつけて門真市とか、優良都市へ脱出済みで、大阪市の人口が年々減り続けているそうです。無理も無いですねぇ~!

コメント

e-Tax

2009-01-23 11:56:00 | 冗談囃子

e-Tax は 確定申告をインターネットで出来る誠に便利な方法です。・・・と言うので,昨日区役所に説明を聞きに行って来ました。
 毎年 あの確定申告は大仕事です。大きな会場に何百人、何千人?の人達が行列を作って順番待ちをして、パソコンの捜査が出来る人と出来ない人を分別して申告書を作成提出するのですが、会場は蜂の巣を突いた様な大騒ぎです。何しろ高齢者が多いので、耳の遠い人が税務署員の説明を聞くにしても大声で繰り返し聞かないと仲々理解出来ないし、一度聞いても直ぐ忘れてしまい、何度も同じ事を説明してやっと書類が出来る訳ですから、税務署員も声は枯れるし体も疲れるし、年に一度の大仕事ってところでしょう。
 私は パソコンの所で正味30分もかかりませんから、サッサと終わって会場を出ますと喧騒の名残で耳が暫くドラムソロを聞かされた状態です。お年寄りは元気です。あんな大声で喋り続ける事が出来るなら皆100歳まで生きるでしょう。
 それが堪りませんから、今度はe-Taxにしようかな?と思い、区役所に個人IDの取得方法等の説明を聞きに言った訳です。
 先ず総合案内所で「e-Taxの説明を聞きたいのですが」と言いましたら、「イー タックスですか?」二人居た女性の案内人はお互いの顔を見合わせて首を傾げて「それ 何の事ですか?」と言われました。そこでズルッ!!となりましたが「所得税の確定申告をインターネットでする方法です」と言いますと、二人で相談してましたが「税金の事なら税務署じゃない?」「2階の税務課に言って貰えば?」と言って要領を得ません。だから 此の人達では駄目だお思って2階の税務課に行って同様に聞きましたら、「個人IDの申請は1階の戸籍申請窓口です」と言う事で、又ズルッ!!と来ました。結局 戸籍申請窓口へ行って申請書類を貰って、係の年配いの女性にもっと教育を徹底して欲しい旨強く申し入れて来ました。
 静岡市清水区役所は弛んでますねぇ~此れでは街が寂れる一方なのも無理はありません。

コメント

責任の時代!?!

2009-01-22 15:18:45 | 冗談囃子

昨日 オバマ新大統領は就任演説をしました。その要点は「私たちに今求められているのは、新しい責任の時代に入ることです。全てのアメリカ人が、自分たち自身への責任と、国への責任と、世界への責任を認識することが必要です。嫌々、不承不承に責務を担うのではなく。難しい仕事に全身全霊を尽くすことほど、心が充実し、人格を作り上げてくれるものはないのだとしっかり認識した上で、進んで喜んで責任を受けれいることが、今必要なのです。」です。


まさにその通りであります。此の言葉通りにアメリカ人みんなが行動すれば世界恐慌も中東紛争も直ぐ無くなるでしょう。 でも みんな判って居るのです。アメリカ人はバカじゃありませんから、此の様にすればいい事は充分知ってても、どうする事も出来ない状況にあるのがアメリカの社会全体の病気です。それも重篤な感染力の極めて強い病気なんです。そして どうしたらいいのか解らなくて、お互いの傷を舐め合ったり、駄目になりそうな奴を更に深みに蹴落としたり・・・悪臭のするヘドロの中をのた打ち回って居るのです。


オバマ新大統領の高邁な演説にケチを付けたくはありませんが、此の「新しい責任の時代演説」をいったいどれ位の割合のアメリカ人が意味を理解して実行出来るでしょうか??? 多分・・・・・・オバマさん 苦労するだろうなぁ~

コメント

オバマ新大統領

2009-01-21 14:35:55 | 冗談囃子

テレビはオバマ新大統領就任で大騒ぎです。アメリカが騒ぐのは判りますが、日本のマスコミが大騒ぎの踊りまくりは頂けません。もっと冷静に淡々と出来ないものでしょうか?
 オバマさんは幸運です。何故なら前任者(八時二十分顔のあの男ですよ)が余りにも駄目な奴で、アメリカを滅茶苦茶にして呉れたあとですので、何をやってもこれ以上悪くなる心配はありませんから気が楽です。只 チョット派手にカッコ良く登場してしまいましたので此れからが大変でしょう。
 「Change!! Yes We Can!!」いい決め文句ですねぇ~ また就任演説で、故ケネディを真似て、「今 アメリカが直面して居る難関に向かって、国が責任を取るかではなく、国民がどう責任を果たすか?と言う時だ。白人も、黒人も、ヒスパニックも、アジア人も無い。今や在るのは只一つのアメリカンだ!!」
 アメリカと言う国は本当に人種差別が未だ心底から激しいのだと思わずには居られません。大統領の就任演説にわざわざそれを言わなければならないとは、先が思い遣られます。
 次に心配なのは「暗殺」です。アメリカには「金さえ貰えれば何でもする」と言うジャッカルが沢山居ます。ケネディを暗殺したと言われているオズワルドも、ろくに取り調べもしない間に警察署の中で消されてしまいました。あれは 未だにCIAの陰謀だ、とかネオコンの謀略だと囁かれて居ますが、謎に包まれたままです。恐ろしいのは故ケネディの場合もそうですが、衆目注視の中、白昼に堂々と行われたのです。だからどんなに警戒してもしきれません。
決して「Yes We Can」ではないのです。

コメント

貸し渋り、貸し剥がし

2009-01-20 10:47:00 | 冗談囃子

テンプレートを変えました。ご時世が余りにも暗いのでせめて・・・と思いまして。


「貸し渋り・貸し剥がし」此れが何だか銀行の代名詞になっちゃいましたが、「雨降りに傘を貸さない銀行の姿勢を悪意を込めて言い現わした言葉です。此処まで言われて居ながらそれでも銀行は其の姿勢を変えようとしません。「融資をして貰わないと会社が倒産する!!」とか 「貸し剥がしをされると一家心中しなければならなくなる!!」などと土下座して泣いて頼んでも銀行は首をたてには振りません。そして 本当に倒産しても、一家心中をしても 銀行は鉄仮面の様に無表情で眉ひとつ動かしません。
 業績優良で有名な某銀行の某支店長の独白。「情に棹差せば流される。流されて身の破滅を招いた仲間を何人も見た。俺には家族がある。其れを想うといくら泣かれてもどうしようもない。所詮 倒産も一家心中も自己責任なんだ
 確かに それは自己責任でしょう。商売や会社の経営は自己責任でするものですから、いざという時に他人に救助を求めるのは「甘え」で銀行が助けて呉れなかったからと恨みに思うのは筋が違うでしょう。ビジネスライクに言うなれば・・・です。
 然し此処は日本です。大昔から日本人は人情と言う独特の支え合い習慣がありました。弥生式稲作民族の歴史的良さを此の困難な時期こそ発揮して助け合って行けないものでしょうか? ねぇ 銀行さんョ!?!自分の身の安全ばかり考えて居ると、通勤の時、電車のホームから突き落とされるョ!!
 

コメント (1)

派遣切り

2009-01-19 12:56:55 | 冗談囃子
派遣社員と言う形態の認識が、使用者側も契約社員側にも甘かったと考えられます。
そもそも 日本の企業の拠って立つ所は、薄っぺらなモンジャ焼き見たいなものです。つまり アメリカなどの周りの状況に即・影響されて、激しく変形するグジャグジャなものなんです。そしてそれらを経営する責任者達が、此れ又思慮も度胸も責任感も無い薄っぺらな者達ですから今回の様に国中をひっくり返す大問題になったのです。経団連会長の御手洗さんですら「大分キャノンの派遣切りは、子会社のした事で、親会社のキャノンは関知しません!」と平気で言うくらいですから、日本の企業経営者の無節操で矜持の悪さには言葉もありません。
 然し 一方では、 企業の各社は派遣社員とは契約はしてません。派遣会社と契約しているのであって、然も其の契約条件は、「いつ解雇しても文句は言いません。」と言うものですから此の派遣切りは法律上何の問題もないのです。
 だから 問題にすべきは「人材派遣会社」の方です。小泉内閣時代 規制緩和をした為、雨後の竹の子の様に出来た「人材派遣会社」が浅慮の挙句に行った商売がこんにちの大問題の根本です。だから この問題はトコトン揉めて問題点を出し尽くし改善するべきです。
 一方 派遣社員の側には問題が無かったでしょうか?勿論全部の人がとは言いませんが、自分探し」とか「自分に合った仕事探し」とか言って、「無い物ねだり」を散々した上に「取り敢えず,繋ぎに」とばかり、派遣社員やフリーターになったけれど、現実の厳しさにどうしようもなくて・・・と言う所の人達も少なくないのじゃありませんか? つまり 「就職」と言う事柄を軽く・甘く認識して居た結果いつの間にか泥沼にはまって居る自分に気が付いた。そして「助けてくれぇ~!!」と泣き叫んで居るのではないでしょうか?
 この際 本来「派遣社員」とは、何か特技(簿記や経理、設計技術)を持った人達がなるもので、何も無い人がなれば斯くの如く哀れな末路が待って居ると言う宿命をしっかりと認識すべきです。先ずは自分を鍛えて特技を身につけてからの話です。今回は いい教訓となるでしょう。
コメント (2)

阪神淡路大震災

2009-01-18 15:18:33 | 冗談囃子
あれから もう14年になるんですね。6,434人が亡くなったあの大地震が阪神淡路地方を襲ってから・・・。
 皮肉にも、関西地方には50年も大きな地震が無かったので、大いに油断があった所にあの大地震でしたから、大被害が出たのも無理からぬところでしょう。今から考えれば、地震直後の対処方法に拠っては被害を軽減で出来たのでは・・・と言った議論が頻りとされてますが、あの大パニックの中「何が出来たのでしょう?」
 学者先生や専門家と言われる人達は、色々御立派な事を仰ってますが、「じゃぁお前 そんな危急存亡の瞬間に出来るのか!?!」と言ってやりたい気持ちです。
 耐震工事にしても、ざっと300万円かかるそうです。それで100%助かると言うのなら300万円かけてやります。ところが [マグニチュード7]クラスの地震が来たらそんなものヒトタマリも無いと言うじゃありませんか!!そんな気休めの為に大金を使う事なんかしたくありません。それなら 其のお金で、美味しい物を腹一杯食べて、豪華な旅行でもして、大地震が来たら潔く死んだ方がましです。
 東大地震研究所の渕上先生は、もう30年以上も前から「東海大地震が、今すぐにも来る」と言い続けて居ますが、段々誰も信用しなくなって来て、防災訓練も参加者が少なくなりました。結局 大地震が来るなんて「学者達のメシのタネ」でしか無いのですかねぇ。酷い話ですよ まったく!!
コメント

ハドソン河の英雄

2009-01-17 15:11:16 | 冗談囃子

昨日発生したニューヨークの飛行機事故。機長のチェスレイ・B・サレンバーガー(58)の沈着冷静な行動が、乗客・乗員155名全員を救助出来た快挙に繋がったニュースは、近来稀に見るものがありました。
 エンジンの中に鳥が飛び込んでエンジンが全部止まっちゃうなんてアクシデントは想像もつかない事です。そんな時の機長の心理状態は如何ばかりか・・・
 先ずは「死」の恐怖が目の前に迫って来たでしょう。そして 155名の乗客・乗員の事もドッと負ぶさって来て大パニックになったでしょう。それらが頭の中を物凄い勢いで駆け巡る中、冷静に現状を分析・判断して「ハドソン川に不時着しよう」と決断、実行して見事達成しました。更に不時着してから、機内を二度も行ったり来たりして、乗客が残って無いか確認したその精神・技量はまさに「ハドソン河の英雄」の名に相応しい男でしょう。


昔 羽田空港で、着陸に失敗して海に墜ちた事故がありました。其の時は機長が乗客をほっといて真っ先に救助された事があったのを思い出します。えらい違いです。
 アメリカにも 「こんな素晴らしい男」が居たんですねぇ!!フガニスタンやイラクで人殺しばっかりしているのが最近のアメリカ人だと思ってましたが、心救われた気持ちです。  それのしても ハドソン川には橋が掛って無くて、橋の代わりにトンネルが掘ってあるんですね。それが今回の事故に幸いしました。その点でも アメリカに感心させられました。

コメント

国民健康保険

2009-01-16 15:55:10 | 冗談囃子

昨日の美しい富士山です。この時期は一年で一番美しい姿をみせてくれます。


私は国民健康保険に加入して居ます。その保険料を一方的に年金から天引きされて居ましたので区役所の保険課に抗議をしたのが確か九月でした。其の時 「何の連絡も無く余りにも勝手なやり方は酷いじゃないか!!」と言いましたら、「既に七月の時点に郵便で連絡済みです」と 如何にも役所的な返事でした。「そんなもの見た覚えは無い!! だから以前どおり通常徴収にしてくれ!」と言いましたが、「八月一杯に申し出が無い場合は、もう変更は出来ません。来年の一月に改めて申し出て下されば、来年の保険料の徴収から変更出来ます」と 取りつく島がありませんでした。
 仕方が無く其の時は「では一月になったら必ず連絡をしてくれ、忘れるといけないから」と言って引き下がりました。どうせお役所仕事だから連絡なんぞあてにならないょ・・・と思いながら。
 実は私の方が忘れて居ましたが、今日 その連絡の「お手紙」が来ました。お役所も捨てたものじゃ無いですね。それとも 他からも私同様のクレームを言った者が一杯居たのかな?

コメント (2)