憲法九条2項

護憲の立場から発言する。特に九条2項の交戦権否認を守る仲間を拡大する。

最終戦木金土 浮動票に的を絞る戦術で・・  

2016-07-28 11:41:06 | Weblog
●知人に浮動票取り込む知恵者がいた

>彼は 卒業大学を問われると

「東京の大学」と答える

>おっちょこちょいは

 「東京大学」と受け取る

>彼は 

 ウソついているわけではない

 相手が勝手に思い込んでいるのだ

 それで信用度が高まれば

 相互にプラスとなる

 ”ウソのような話だが本当の話である ”


●安倍総理もこの仲間では??

>アベノミクスは成功している

 今道半ばである

 民主党政権時の不景気に戻していいのですか

>国民は

 ”円安株高賃金引上げげ”

 アベノミクスは成功していると思い込む

 安倍政権の支持率高止まり

 これが現実である(。

 <ウソも方便>

●●●

>ところで都知事選は?

 主要候補者(当選圏内候補者)

 小池候補・増田候補

 両者ともにアベノミクス成功

「道半ば」と総理に同調する


 鳥越俊太郎候補

 安倍政治の流れを変える

 政策全般見直すと主張

>トップ変って都政が変わらない

 選挙の意味がないのでは・・・・

>米国でも

 過去を見直すトランプの可能性がある

> 小池や増田では都政は変わらない

  従来都政の継続である

 ここは変化を期待

  鳥越俊太郎でしょう



●浮動票は 投票会場でも 変わるものだ

 
>固定票は もう動かないであろう

 動く可能性がるのは浮動票である

 浮動票に魅力ある弁舌

 木金土 最終勝者が決まる


>他候補批判より

 自己の長所を強調

 浮動票を捉まえよう


●●●






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« トランプ共和党候補には夢が... | トップ | 川内原発 廃炉も含めて再検... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事