【司法書士の徒然日記】司法書士中澤美香事務所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区で開業している司法書士中澤美香の徒然日記http://www.mika-nakazawa.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

社会保険事務所

2008年10月31日 | ひとりごと
昨日社会保険事務所に行ってきました。
最近成年後見人になった人の「私が成年後見人です」っていう届出と
そのほか聞きたいことがあったので中区の社会保険事務所へ行ってきたのです。

かなり混んでいるという覚悟はできていましたが
まぁあそこまで混んでいるとは・・・参りました。

行ったときは10人ちょっと待ちくらいで
窓口もかなりありましたから、まぁ、そんなに待たなくても済むかも
なんて甘い期待を抱いておりましたら
とにかく進みが遅い。
一人当たりの対応時間が長いのです。

年金制度って分かりづらいですもんね。
国民年金、厚生年金、共済年金、それに基金まであったり。
健康保険制度だって
国民健康保険、会社の健康保険・・・。
私、一応、「社会保険労務士」の資格だけはありまして
社会保険のことの概略は分かります。
でも試験勉強するまでは社会保険のことなんて何も知りませんでした。
そんなもんですよね。
毎月保険料が給料天引きされているわって程度だったと思います。

対応する人も大変。聞く人も大変。
私の順番になる頃には30人待ちになっていました。
とにかく待っているだけで疲れちゃいました。

横浜市保土ヶ谷区の司法書士 中 澤 美 香

電子ピアノ♪

2008年10月28日 | ひとりごと
先日も書きましたが
もうすぐピアノの「おさらい会」です。

でも最近忙しくてピアノの練習ができていませんでした。
皆さんご存知のとおり
ピアノって周りの人からすると明らかに「騒音」。

夜、仕事が終わった後に弾くには近所迷惑
(だから弾けない)。
土日はというと
家族から「うるさい!」と言われ
肩身の狭い思いをしております。
というより満足に練習できない!

そこでピアノの先生に相談して
電子ピアノを買うことにしたのです。
「2台目のピアノ」ということで性能よりも
価格とスペースにこだわって買いました♪

さてさて弾いた感じは。
やっぱり・・・生ピアノの方がいい(当たり前)。

でも、一応これで夜でも朝でも練習できるわけで。
環境としては良くなったのですが
ちょっとプレッシャーです。練習しなきゃ。
もう言い訳できないし。
「おさらい会」まで1ヶ月を切りました。
かなり心配です。

横浜市保土ヶ谷区の司法書士 中 澤 美 香

後見人ができないこと、しないこと

2008年10月23日 | 成年後見
秋です。インフルエンザ予防接種の時期です。
接種することについては賛否両論あると思いますが
我が家では娘が保育園時代から家族全員接種しております。
この時期の恒例行事。いまさら変えられない・・・と言う感じです。

それで昨日。娘と行ってきました。近所の小児科に。
この小児科。地元では有名な半端じゃなく混む小児科です。
娘が幼児ならまだしも、もうかなり大きくなったので
小児科に行く必要も無いのかもしれませんが
やっぱりかかりつけへ行ってしまいます。
予約しているのに長時間待たされた後
親子でチクってされました。はい、恒例行事終了。

さて、この時期。
被後見人のかたの入所・入院している施設や病院から
「インフルエンザ予防接種受けますか」との
お問い合わせがあります。
でも、後見人には医療同意権がありません。
手術の際の同意は当然として
インフルエンザの予防接種についての同意もしません。
親族のかたにお願いしています
(もちろん相談を受ければ、一緒に考えます)。

他に後見人(保佐人・補助人も)ができない(なれない)ものとして
入所・入院の際の保証人があります。
後見制度が始まったばかりのころは
この保証人になれないことについて説明するのが大変でしたが
最近では病院や施設のかたも分かってくれていて
特に困ったことはありません。

一番親族のかたが驚くのが
後見人は、被後見人がお亡くなりになると
それで任務終了となることです。
後見人の仕事は、被後見人のために被後見人の代理人となることなので
被後見人の死亡とともにお仕事終了です。
あくまでも被後見人のための人が後見人だからです。

横浜市保土ヶ谷区の司法書士 中 澤 美 香

同期会。というか・・・

2008年10月14日 | ひとりごと
単なる飲み会。おしゃべり会。でしょうか。
司法書士同期のお姉さん二人と
このお休みに会ってきました。
お姉さんがたは東京在住・在勤なので
東京のおしゃれな居酒屋に行ってきました。

同期の中で三人。
ちょっと特別な関係でもあります。
合格後の新人研修。
延べ1ヶ月間に及ぶ研修だったのですが
原則というよりほぼ強制
合宿研修だったわけです。

でも当時私の娘は2歳になったばかり。
今まで24時間母親べったりだった娘を
1ヶ月間もほったらかしにするなんて・・・、絶対無理。
ということで
「泊まれません!」と手を挙げたわけです。
そして一緒に手を挙げていたのが
お姉さんお二人ということでした。
二人とも当時、小学校低学年のお子さんがいたので
やはり泊まれなかったわけです。

通学研修を認めてもらうためには
いろいろとあったわけですが、ま、それはさておき、
とにかく三人は毎日研修会場まで通いました~。
みんな泊まっているのに。

ということで三人の絆は深まったわけで。
研修以来、年に数回は会って
ぺちゃくちゃおしゃべりしております。
お互いの子供も大きくなりました。
月日が経つのは早いです。

この三人の飲み会。あ、同期会。
ストレス発散にはなるは
同業者なのでいろいろお勉強にはなるは
さいこぅ~!です。

横浜市保土ヶ谷区の司法書士 中 澤 美 香

ねんきん特別便が届きました

2008年10月10日 | ひとりごと
ついに、私の手元にも。
私が後見人や保佐人をしているかたの
ねんきん特別便は受け取っていましたが
自分宛のものが届いたのです。

私もアラフォー世代。
年金納付期間はある程度長いわけで
さて、きちんとつながっているか確認してみました。

大丈夫でした。
でも、そのはず。
以前、なぜだったか年金納付期間に関する書類が手元に届き
それをみて愕然!
会社員時代の納付期間が含まれていなかったのです。
すぐにお問い合わせ先に連絡をしてつなげてもらった経緯があります。

転職を重ねられているかた。
よく確認した方がいいですよ~。

横浜市保土ヶ谷区の司法書士 中 澤 美 香


遺言書作成のすすめ

2008年10月09日 | 相続関係
今日、公証役場へ行ってきました。
公正証書遺言の証人になったからです。

遺言をされたかたは、全てが終わって
非常にほっとされたようでした。
そばで見ていてよく分かりました。
また、公証人の先生が
「これで、ちょっとくらい羽目をはずしても大丈夫ですね。
大いにこれからの人生を楽しんでください」と
おっしゃったのがとても印象的でした。

日本人って、どうしても「死」はタブーみたいなところがあって
「遺言」=「死」のイメージからか
遺言書作成って勧めるのに躊躇するかたが多いと思いますが
やっぱりそんなことないです!

以前、研修で、やはり公証人の先生が
「遅すぎることはあっても早すぎることはない」
とおっしゃっていたのですが、その通りですね。

私も「遺言書さえあったならば・・・」と言って
肩を落とされる相続人のかたを何人も見ています。

ご自分の死後が少しでも不安に思われるかた
遺言書を作成しましょう。
安心して、羽目をはずせますよ。

横浜市保土ヶ谷区の司法書士 中 澤 美 香

ピアノ(その2)♪

2008年10月01日 | ひとりごと
またまたピアノネタです。

11月下旬の「おさらい会」に参加することに
なったのです。
「発表会」じゃなくて「おさらい会」。
生徒の前で、生徒がピアノを弾いて、
生徒に聴いてもらうというもの。
弾くほうも聴くほうもかなりお勉強になるみたいです。

私、それこそ、30年振りくらいで人前で弾きます。
ひとりで。
今からかなり緊張しております。

先生に「私って最高齢ですか?」って聞いたら
間髪入れずに「そうです」。
私は先生より年上なので
全員の中でいちばん年上です・・・。
いちばん年上の人が
上がりまくって間違えちゃったら
かなり恥ずかしいです。

練習しないと・・・。
あと2ヶ月ないのに大丈夫だろうか・・・。

横浜市保土ヶ谷区の司法書士 中 澤 美 香