【司法書士の徒然日記】司法書士中澤美香事務所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区で開業している司法書士中澤美香の徒然日記http://www.mika-nakazawa.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピアノ♪

2008年09月19日 | ひとりごと
私が今夢中になっているものはピアノです。
とはいっても
私は子供の頃から何かにのめり込むタイプではないので
「夢中」なんていうのはちょっとオーバーでした。
とにかく今、暇があるとピアノを弾いています。

そもそも中学校2年までピアノを習っていまして
今も当時のピアノが家にあり
それを弾いています。
子供の頃は毎日のピアノの練習がいやでいやで
さぼることばかり考えていました。
旅行に行くと、ピアノの練習をしなくてすむので
うれしかったのを憶えています。
中2でピアノをやめたときは
「これで毎日弾かなくても済む!」って大喜びでした。

まあ、それから、2○年。
娘がピアノを習うようになって、
今年の発表会のときに、先生から
「親子で連弾してみない?」と提案されたのです。

で、弾きました。エレクトリカルパレード(やっぱり、ディズニー)。
普通はこれで終わるのでしょうが、
「ピアノってやっぱり、いいじゃん!」って目覚めてしまったのです。
「もっといろんな曲が弾きたい・・・」

それで先生に
「私にも教えてください」とお願いして
生徒にしてもらっちゃいました。

「どうしてもショパンが弾きたい~」
という私のわがままを先生が聞いてくれて
ただいまショパンの楽譜で練習中です。

今は「華麗なる大円舞曲」に挑戦中。
とてもとても「華麗なる」には程遠いですが
頑張っております。

横浜市保土ヶ谷区の司法書士 中 澤 美 香

賃借人で困ったら(その2)

2008年09月03日 | 裁判事務関係
賃借人が賃料を滞納しているからといって、
いきなり「契約解除」はできず、
まずは、家賃を支払うように「催告」をして、
それでも支払わない場合に「解除」ができます。
というのが前回の話。

でも、「支払ってください」って催告をしなくても、
解除が認められるケースがありますというのが今回の話。

前提として賃貸借契約書に
「万一、1ヶ月でも賃料を滞納した場合は、何等の催告も要せずして、
契約を解除し、即刻建物を明け渡すものとする」
という「催告しなくても解除可能」な特約があることが必要です。
でもこの特約、大抵の契約書には書いてありますよ。
一度、ご自分の契約書を見てみてください。

後は、賃借人が悪質なことが条件です。
私が認められたのは、1年以上家賃を滞納していたケースでした。
さすがに1年以上滞納していると
裁判所も認めてくれるみたいです。

でも、この「悪質」性については、裁判所の判断になるので、
確実に勝訴判決をもらおうと思う場合は、
きちんと催告しましょう。
(先ほどのケースの場合は、いろいろな事情があって
催告ができなかったのです・・・)

これとは少し話が違いますが、
契約書の特約で、
「無断不在が1ヶ月以上に及ぶときは、賃貸人は、当然に本契約を解除する」
という記載があったときに
大家さんに黙って荷物を置いたまま半年以上、
賃借人が行方不明になっちゃったケースがあったのです。
その後、ふらりと賃借人は戻ってきたのですが、

裁判で「行方不明になって1ヶ月経った時点で、契約は当然に解除されている」
と主張してみましたが
あっさり、裁判官に「ダメ」といわれてしまいました。

まぁ、このケースも、滞納家賃が1年に及んでいたし、
催告と解除の意思表示はしていたので、
そちらで解除は認められたのですが、
契約書に書いてあるからといって、
そのまま、裁判所が認めてくれるとは限らないので、
ご注意ください。

横浜市保土ヶ谷区の司法書士 中 澤 美 香