【司法書士の徒然日記】司法書士中澤美香事務所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区で開業している司法書士中澤美香の徒然日記http://www.mika-nakazawa.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

後見人ができないこと、しないこと

2008年10月23日 | 成年後見
秋です。インフルエンザ予防接種の時期です。
接種することについては賛否両論あると思いますが
我が家では娘が保育園時代から家族全員接種しております。
この時期の恒例行事。いまさら変えられない・・・と言う感じです。

それで昨日。娘と行ってきました。近所の小児科に。
この小児科。地元では有名な半端じゃなく混む小児科です。
娘が幼児ならまだしも、もうかなり大きくなったので
小児科に行く必要も無いのかもしれませんが
やっぱりかかりつけへ行ってしまいます。
予約しているのに長時間待たされた後
親子でチクってされました。はい、恒例行事終了。

さて、この時期。
被後見人のかたの入所・入院している施設や病院から
「インフルエンザ予防接種受けますか」との
お問い合わせがあります。
でも、後見人には医療同意権がありません。
手術の際の同意は当然として
インフルエンザの予防接種についての同意もしません。
親族のかたにお願いしています
(もちろん相談を受ければ、一緒に考えます)。

他に後見人(保佐人・補助人も)ができない(なれない)ものとして
入所・入院の際の保証人があります。
後見制度が始まったばかりのころは
この保証人になれないことについて説明するのが大変でしたが
最近では病院や施設のかたも分かってくれていて
特に困ったことはありません。

一番親族のかたが驚くのが
後見人は、被後見人がお亡くなりになると
それで任務終了となることです。
後見人の仕事は、被後見人のために被後見人の代理人となることなので
被後見人の死亡とともにお仕事終了です。
あくまでも被後見人のための人が後見人だからです。

横浜市保土ヶ谷区の司法書士 中 澤 美 香

成年後見

2008年02月21日 | 成年後見
先ほど、保土ヶ谷区役所で行われた、成年後見についての勉強会に参加してきました。

成年後見人の仕事といのうは、被後見人の方の今までの人生、現在の状況、家族関係などを考えて、
その上で、「この方にはこの方法が一番いいのではないか」
というものを選択しながら、その方の一生を支えていくという、奥が深くてなかなか難しいものです。

この「成年後見」。
最近、新聞で特集を組んだり、各地で講演会が開催されたりして、認知度が高まってきたような気がします。

ちょっとお時間のあるときに、「成年後見」について考えてみてはいかがでしょうか。

司法書士中澤美香