ふくはなといっしょ

フレブルふくはなとのナチュラル生活

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ←ポチッと押してね~

静か~な岡と書いて「静岡」とゆう

2015年05月28日 | 日記

せっかく静岡まで来たので、夜には地鶏と鮮魚のおいしい居酒屋でゴハンを食べて

まるちゃんミュージアムに寄って

次の日にはナンか、、、天女?が舞い降りたとゆわれてる松の木?

を見に行ってきました

全然ぐぐっとくるモンはなかったけど 笑

結構人はいっぱい観光に来てました

 

そして帰りの高速

ふくはなちゃんお待たせしました

ドッグランです

最初ふくはな以外誰もいませんでしたが

少しするとトイプードルが1匹入ってきました

その子を見つけたフクちゃん、、、、

すかさず、トイプーちゃんをマーク

5センチと離れません 

フクちゃんの3分の1位しかないトイプーちゃんは恐れをなして逃げます

逃げるものは追うのが本能

だんぜん足の速いフクちゃんがかぶせるように追っかけます

ドッグラン1、2周位ならまだ私もコラコラで済みましたが

3週目に入った時にトイプーちゃん小さな声にならない声をだしているのを見て

全力で止めに入ります

フクちゃんは楽しくて楽しくて仕方ないだけなのですがそれを分かるのは私だけで

これを見た飼い主のおばあちゃんは

もうっもうっ、、、ウチのかわい子ちゃんがブタ犬に食い殺されるー位の勢いで

トイプーちゃんを助けに入っています

が、なんせフクちゃん足が速い足が速い

なかなか私も飼い主さんも捕まえることが出来ず、

フクちゃんの息も切れてきたころ

ようやく隙をみて捕まえることに成功しました

いやいや、そんな顔したってダメだからね

 

で、こうなる

 

ハナちゃんはさほど、よその犬に執着しないので

おりこうに遊べます

 

 

でも彼女はナゼか

 

 

砂まみれで帰ってきました 

 

誰もいなくなったので放たれた犬

(いつもそうなる)

 

 

あ、でもね

フクちゃんの面子を守るためにゆわせてもらうとね

ウチが遊ばせてたのは「中型、大型犬専用ドッグラン」で

スグ隣には「小型犬専用ドッグラン」があったっつーの

だからフクちゃん全然悪くないっつーの

そんなフクちゃんだけど大型犬間近で見ると後ずさりするっつーの

威張れるの超小さい犬の時だけだっつーの

人間だったらちょっと性格悪いっつーの

でもフクちゃんだからいいんだっつーの

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静かな岡と書いて「静岡」とゆう

2015年05月26日 | 日記

話はどんどんさかのぼってゆきますがG.Wに静岡に行ってきました

最初はついでにキャンプーでもしよかって話でしたけど(なぜプを伸ばすか)

用事があるのは静岡でも清水市

ちょっと遠いし荷物が増えるのはキツいなあって事で

犬も泊まれる宿で一泊してきましたー

 

 

今回の目的はただひとつ

フランスアンティークドアのお店 ボンコテに行きたかったんです

今はアンティークといっても世にほとんど出きってしまっていて

パリの蚤の市なんかでは8割がたレプリカだそうです

でも、それだけ良いものだからレプリカがでるんだね~

1年の半分はフランスにいて、昨日日本へ帰ってきたばかりとゆうオーナーさんに

お休みのところ店を開けてもらい、中を見させてもらいました

(ひと月前からメールでやりとりさせて頂いておりました)

 

店内の写真はありませんが

もうめちゃくちゃオシャレなドアたちがズラリ

家具や小物もあってね

きっとそれらたった1つあるだけで、スゴい存在感かもしだすんだよなあ

やっぱそれが歴史が奏でる本物の重みなのかしら、、

こんなの使って一から、も1個おウチ建てたいなーアハハハ 

 

 

店の中ってゆうより、もともとは工場だったのを店舗に改装してある感じです

ベテランっぽい職人さんたちも何やらお仕事されてました

いいなー職人さん、、、私昔から小さな工場で働く職人さんに憧れるんです

私も働きたいなって。

 

 

 

で、私のお目当てはアイアンのゲート

リビングと玄関の仕切りに、遊びであったらおもしろいかなあって思って

探してたらイメージもサイズもピッタリなものを見つけちゃったの

でも安いものではないし、ちゃんと目で見て触って確認したかったので

連休を使って静岡まで足を運んだってわけです

 

 

そして我が家へやってきたのがこの子

かわいい~

ゴツいデザインが多い中、華奢でエレガントすぎないとこが気に入ってます

全て手作りなので、このクルンとしたとこの大きさ形に微妙な違いがあります

めっちゃ重いデス

 

購入前に建具屋さんに設置可能か聞いて確認してたんだけど、

いろいろあって、まだ取り付けできておりません

6月中にはつけたいな~

つけたらまた載せまーす!

 

 

 

あ、このゲート旦那さんから私へのお誕生日プレゼントです

ありがとー!

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャンプーです

2015年05月25日 | アウトドア

行ってきました

クックオフ会

久しぶりのキャンプーです

ホント1歩外にでると悪いフクちゃんになり、それはそれは1日中吠えまくりです

 

5月16日17日と毎度おなじみ「関ヶ原グリーンウッド」にて行われました

16日(土)は雨の心配をしていましたが

予想より早く止み、その後お日さまも出てきてね

全然湿った感じじゃなく、とてもよい天気に恵まれました

 

 

 

前夜祭

ウチはいつものホワギョー

 

ごちそうがいっぱい並びましたが

この手前のマヨネーズの横のさ、焼きそばだけでお腹が膨れてしまった私

後は豚汁飲みましたー

どっちもスッゴくおいしかったです

私はお腹いっぱいになったらテントで早々就寝

夜中に目が覚めたら

男どもが歌う「WAになっておどろう」が聞こえてきました

何で盛り上がったんだろ・・・

 

 

そして本番は日曜日

今回は全部で100人以上参加されたそうです

 

ウチは自家製味噌料理でと考えていましたが

(あ、お客さんの案ですけどね)

用意するのが面倒くさくなり(サイテー)

結局焼くだけ簡単定番ピッツァになりました

子供らにつくってもらいます

 

ベースの味は、トマトソース、ジェノベーゼ、生クリームです

 

 

デザートはデザートピザ 笑

カッパも働きます

 

写真ないけど、今回のデザートピザは

ピザ生地にカスタードではなくて、タルトで使うアーモンドクリームをのせて

焼き上がりに自家炊きカスタード、イチゴ、生クリームトッピングなので

そりゃ味はめちゃくちゃウマいと思います

でも人数が多い分、数を出すのが必死で、どれも自分らは味見してないの

美味しく出来てたかなあ

 

 

 

ハナちゃんはおりこうさんっ

 

キミ土食べるのやめてくんない?

 

 

フクハナはウハウハ

子供たちはカエル釣りに一生懸命(ホントやめて)

あと何回ついてきてくれるのかな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1年で一番好きな季節。

2015年05月22日 | ゆう話

昨日はユウの誕生日

12才になりました

 

 

 

私からのプレゼントは

靴と

髪の毛セットするやつと、

 

 

 

、、、

 

 

 

、、、

 

 

 

、、、

 

 

 

すごろく

 

 

 

、、、

 

 

 

すごろく?

 

 

 

、、、

 

 

 

コレです

ラミ加工して、コマもつけました

 

 

コレ書き終った時にふと思い出したの、

ユウの出産前にもさ、妊娠中の経過みたいなのを紙に書いたことあったなあって。

(ま、スゴロクも作ったことあったけど)

 

 

 

アルバムを引っ張り出してみました

私、、、やってること12年前から変わってないんだ 笑

 

 

 

 

 

旦那さん 「ユウちゃん、かびるんるんに似ててかわいいねー」

私 「ホントだねー、かびるんるんに似ててかわいいねー」

って、当時よく話してたんだけど、それを今ユウに話すと怒るの(そりゃそだろ)

 

 

 

あれから12年たったんだ

 

 

 

大事に大事にしないと壊れてしまいそうな位小さかったユウも

今では、私と身長数センチしか変わらなくなって(体重は超違う)

足のサイズも1センチ違うだけ。

ファッションにも興味をもつようになり、一丁前の口もきいて、

母の日には何やらそれっぽいプレゼントまで買ってきてくれました

ユウがいてくれたおかげで楽しいことがいっぱいあったなあ

またいつか、この12才の誕生日も懐かしく感じる時がくるのかな

 

 

 

それまでまたいっぱい笑いあおうねー

 

 

 

お誕生日おめでとう

 

 

 

 

 

あ、

このユウへのプレゼント「12th anniversary愛のスゴロク」

2、3枚余分につくりました

ご希望の方は「激レアプレミアム愛のスゴロク希望です」と真顔でおっしゃって下さい

 

 

んちゃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最後に。

2015年05月13日 | 旅行

国民の90パーセント以上が仏教を信仰する仏教国タイ

オレンジ色の衣装をまとった僧侶たちを、

お祈りする老若男女の姿を、幾度となく街のアチラコチラで見かけました

宗教とゆうものが普段の生活に強く密接しているんだなあと思いました

 

毎日自分の信じるものに祈りをささげられるってすごいな

絶対的なものがあるって少しうらやましい気もするけど

でもやっぱり私は神様とゆえば八百万(やおよろず)の神様?

昔話にでてくるような、おっちょこちょいだったり、慌てん坊だったりさ

それは八百万と書くだけあって、人間くさくて親しみのもてる存在だといいなあって思う

ものすごく厳格で完璧なものはさ、そりゃスゴいなって思うけど

自分も見習いたいとか、マネしたいとか思えないような気がしてね

そうゆうものをただただ信じるって私にはできないなあって思いました

 

こんなに慈悲深いのにクスっと笑えるチャーミングなところを持ってたり

気が強いけど、自分の信じるものへの一直線な姿勢だったり、

いつも周りの人を引っ掻き回すけど憎めない存在だったり、

完璧じゃないからこそ、

親近感がわいて、こんなところ見習いたい、マネしたいと思える

 

 

いや・・・それって神様じゃないじゃん

ただの人じゃん 

 

 

そうなんだけどさ、おかしな話になっちゃってるけどさ、

私、八百万の神様ってやっぱり人だと思うの

今回の旅で強くそう思ったの

 

 

 

自分の周りにいる人たちは学びを教えてくれる大切な神様でさ

ホントに理解できないなあって人だって、きっとどこかの誰かにとっちゃ大切な神様

 

 

 

旅行から帰ってからスグに私の誕生日で

私も今年で、私の母が病気を発症した年になりました

今からたったの2年も生きられずして死んだら?

 

若っ

 

若すぎるね

 

「生」と「死」についていろいろ考え、

私はずっと死ぬのが怖い怖いと人一倍強く思ってたと思うけど、そうじゃなかった

死ぬのなんて全然怖くないよ

ただ私が怖かったのは、自分が若くして死ぬことによって

胸えぐられる辛さを、

それが何十年と続く辛さを、娘に味あわせる事

いまだに縛られるその辛さがリアルに分かる私にとって

本当に怖いものはそれだけでした

 

 

 

ウチに来るお客さん、自分の「死」について色々考えた方々が皆口にする言葉

それは、

 

 

「家族への感謝」

 

 

「環境のありがたさ」

 

 

口を揃えたようにおっしゃいます

ホント、、、まいっちゃうよね、頭下がるよね

スゴいよ人は、、、、

 

 

 

 3.11以降、日本とゆうものが少しずつ信じられなくなってて

もっと本当の事が知りたいとか、食べ物は大丈夫なのかだとか

節電といいながら24時間煌々と光を放つコンビニや自販機を見て

自分がやってる事って意味あるんだろうかって思うことも、

全てが右に習えで、浮いたことゆったりやったりしたら白い目で見られたり

衛星大国、キレイすぎるところも

キチンとしすぎてるところも、また自分もキチンとしなきゃならないところも

なんてゆうかもう、、ちょっと窮屈に思えてきてました

 

 

そんな中タイに滞在してた時間

もう、スッゴいなんとゆうか、、楽ちんでした

タイの人たちはホントいい加減でテキパキちゃっちゃかしてません

レジでお金を払おうと財布からお金を出してる時にも、

店員さんはスマホゲームの続きをやっちゃうし

ビュッフェの空いた取り皿を片づけてくれるのはいいが、

他のテーブルで下げてきたであろう食器をウチのテーブルに忘れて置いてゆくわ 笑

大型バスが大きな道路のカーブを曲がりきれず

何十回とバックしては進みを繰り返す、、でも周りの車は誰も怒らないっちゅう

道端で寝ている人もいる

どれもかれもクスっと笑っちゃういい加減さなの

ああでも私もテキトーでいいんだ、何もセカセカする必要もない

自分がテキパキしてない代わりに、それを人にも求めていない

この国では、食べ物に異物がはいってたところでニュースになって大騒ぎってことないだろうな

それが良い悪いじゃなくって、

「常識」や「普通」って飛行機で数時間もしたところでは、こんなに変わるんだって

その時の私には、ただ心がホっと楽に感じました

 

 

 

でも、それだけじゃなかった

 

 

 

逆に日本の良さもしみじみと感じました

キレイ事ばかりだと思ってたことも、人に対する想いがあるからこそ、

相手をまず先に考えるからこそ、全て時間通り正確にキッチリやるんだ

全部全部がやはり「想いが先」にあり、

それが日本の文化なんだって事に気付き

日本の環境も技術もやっぱスゴ!って素直に思えて

めっちゃやっぱ日本好きーっ!てなって帰ってきました 笑

愛国心って国を離れて芽生えてくるもんなんだなあ

 

 

 

ウチに帰って来て

フクハナたちとの久しぶりの涙の再会を夢見てた私とは違って

フクハナたちは・・・塩対応でした 笑

まるでちょっとスーパー行って帰ってきました位の反応で、出迎えもしないフクちゃん

しばらくして、ガサガサの音に反応して出てきたハナちゃん

い、、いや、、、ま、まあ、、、淋しくなかったってことだよね

・・・そりゃよかったよ

 

 

机の上にはお母さんから何やら手書きの紙が置いてありました

見ると、フクハナの朝晩のゴハンの量、サンポでの様子、体調、天候

おしっこウンチの回数が記されていました

それはまるで生まれて間もない赤ちゃんを預けたかのよう

きっとウチに居る間中、フクハナをかまい続けてくれたんでしょう

ずっと声を掛けてくれてたんでしょう

そりゃフクハナ淋しくなかったハズだわね

 

 

 

 

 

タイに行って分かったコト

 

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

 

私は八百万の神たちに囲まれて暮らしてたってコト

だってそこにはいつだって「想いが先」にあるんだもんね

 

 

 

 

コップンカー

 

 

 

 

・・・ 終わり ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加