懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

武漢三鎮

2020年03月09日 | 日記
武漢発のコロナウイルスが全世界に猛威を奮っている。
武漢は人の交流の規制で、コロナは大分落ち着いてきているようだ。
ふと、どうでもいい事を思い出した。

中学校の社会科の地理で、武漢三鎮の言葉がテストによく出ていた。
武漢三鎮は武昌、漢口、漢陽の三都市の総称だそうだ。
鎮は軍事都市やインフラの整った都市を指すとある。
造船などの重工業が盛んと習った。

武漢は歴史的にも戦乱の舞台にもなった。
日中戦争で蒋介石を追い詰めたのも武漢三鎮と軍部では言われていた。

鎮はおさまる、しずまるの意味もある。早くコロナも鎮静化してほしいものだ。
コメント   この記事についてブログを書く
« クリスマスローズ | トップ | 東日本大震災の記憶 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事