マラソン日記~あきらめない夢は終わらない~

☆夢を終わらせない女子ランナーのマラソン人生を綴った日記です☆

第4回さいたま国際マラソンの雑記 その3

2018年12月18日 20時53分38秒 | マラソン大会完走記やエントリー、雑記など
2つ前の記事の続きです。


【さいたま国際マラソンの雑記 その3】


【総括】
何が良かったのかを自分で考えてみました。

【練習と準備により、ピークを当てる事が出来た】

やっぱりコレですかね。

今回「これをやっておけば万全」というくらいの練習が出来なかったんですよね(第3回ひとりハーフマラソンで大崩れしたりなど)。
でも、そのハーフマラソン練習に固執せず2週間前からきっちり切り替えて調整期に入りました。
それで疲労が抜け、本番にピークがきてくれたのかなって自分では思います。



●練習量だけで言うと
9月…300.339km
10月…400.98km
11月…332.44km
12月…40.75km
合計1,074.4km、さいたまに向けて走り込みました。



●準備面で良かったのは
1.減量
出産後は3kgの産後太りをかかえたまま維持してしまい、独身時代よりプラス3kgが基準の体重となって6年が過ぎました。
その身体で横浜マラソン3時間42分(2016年)、大田原マラソン3時間46分(2017年)も走りましたが、今回は産後太りが約2kgほど減った状態でスタートラインに立てました。
想定外の快走は体重が軽くなっていたからかも。
練習で体重が減った事によって「速く走れるな」とか「気持ち良く走れるな」と感じた事が一度もなかったので、2kgくらいじゃあまり変わらないのかなと思っていたんですけどね~。

2.気持ちの準備
後半のキツさを覚悟するためにかなりのイメトレをしていました。
どんな展開になろうが冷静に走り切る心の準備をしていました。
コース図を何度も見て高低差を覚悟。
天気予報をチェックして寒さと風を覚悟。

3.ウエアやその他
寒さ対策が自分に合ってました。直前まで練習で着てみて悩みに悩んで決めました。
レースの組み立て、気持ちの上げ方などメンタル面が強かった。

この3つかな。


●調整面で良かったのは
1.1週間前の5kmロードレースで本番より速いペースを体感
2.疲労抜き方法がはまった
違和感があるとすぐに整骨院へ。
お風呂に入る時にじっくりとセルフマッサージ。
前はお風呂なんて綺麗になれば良くてゆっくりつからない派だったのに、今や最短でも30分、時間があるときは60分くらい湯船につかって足を揉んだり、リンパマッサージをしたりしています。



ここまで準備できたのは、やはり体重大幅増量により目の前が真っ暗になったから、、、
だと思います。
太らず、故障もなく、すべてが快調でいたら、ここまでの準備は出来なかったような気がしますね。

どん底に落ちたら、後は上がるだけ。
壁は高い方が燃える。

そんなところでしょうか。

フルマラソンは練習と準備が50%、気持ちが50%っていう気がします。



【自分に甘く100点をあげたい(笑)】
雑記その2で「やはり後半は落ちてる」なんて書いたのですが、半分の距離で1:12だなんて落ちた内に入らないよ?!
落ちたんじゃなくて、落ち着いたんだよ、前半が速かった分。
今回のレースは悪いところがなかった、よく頑張ったよ。



【訂正】
これまでの日記に誤りがあったので、訂正します。

<自己ベストについて>
✖2008年3月に出した3時間35分
〇2010年3月

✖10年ぶりに自己ベスト更新
〇8年ぶり

<ハーフのタイム>
✖ハーフ1時間43分は自分のベスト2位のタイム
〇3位



【フルマラソン3時間30分切りは8年前からの夢だった?!】
2010年11月30日、私の35歳の誕生日前日にランの大先輩にレストランでお祝いしてもらった時、
サプライズでこんな文字が書かれたプレートをオーダーしてくれたんです。

私の記憶では当時「サブ3.5」なんて言い方してなかった。
単純に「3時間30分切り」と言ってました。

多分2010年3月に3時間35分を出した私に「あともうちょっとだね、頑張れ」というエールを送ってくれたんだと思います。
その後結婚して引っ越して妊娠して、と私の人生が激動してあの頃の夢から遠ざかっていました。

そんなサプライズをしてくださった大先輩と、今はフェイスブックで繋がっています。
「おめでとう!お皿に書いたの思い出すね」と祝福のメッセージを送ってくださり、とても嬉しかったです。
そのお皿の写真を探しに探して引っ張り出してきました。

夢の「3時間30分切り」
もう無理だと思っていた事に来春挑戦しようと思っていたのに、今年達成してしまいました。

今回は狙ってなかった分、楽に走れたという部分は大きかったと思います。
次は狙って出す。
出せるのか。
出すしかない。
さいたま国際マラソンを走った時より厳しい戦いになるでしょうね。
でも「出来ると思えば出来る」「やれると思えばやれる」!

得意の(?)イメトレも次回からガラッと変えよう。
今までは後半「こうゆうふうに走りたいな」という良いイメージを持っていなかったので、次は走りたい良いイメージをもっとかためて挑みたいと思います。





さてと。
楽しかった「第4回さいたま国際マラソン」の日記もこれで終わりです。
お付き合いくださりありがとうございました。
(月末までに年代別順位が発表されるようなので、その日記は書くかも知れません)

応援ありがとうございました!
現状に満足せずこれからも一生懸命努力していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ダイエット開始から今日で100... | トップ | 第13回歳の鬼あし多摩川ラン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マラソン大会完走記やエントリー、雑記など」カテゴリの最新記事