みほひこ日記

40代のママが大好きなジャズダンスとマラソンを追いかけていく日記です。

かすみがうらマラソン2019完走記 その1

2019年04月15日 12時14分02秒 | マラソン大会完走記やエントリー、雑記など
2019年4月14日、日曜日。
かすみがうらマラソン2019の日がやってきました。

3:15起床。
4:20に自宅を出発。徒歩で駅へ。
4:50の電車に乗らなくてはいけないのだ。

今回はHISの女性限定バスツアーを利用する私。
バスの集合時間が6:10、待ち合わせ場所は東京駅。
この時間に東京駅に行くには地元駅の始発電車に乗る必要があります。

東京駅に着いてから少し時間があったので、急いで駅弁屋さんへ。
朝食は自宅で食べてくるには早すぎたので、バスの中で食べるという計画。
せっかくなら東京駅でゲットしようと思ったのです。

5:45頃駅弁屋へ入ると、既にすごい人。
お店は5:30開店なんですけどね。
そしてものすごい駅弁の数々。
え、選べない・・・。
選ぶ時間にレジに並ぶ時間・・・、どうしよう!間にあう?

おにぎりがメインのお弁当がいいな~、と思っていたのでなかなか見つかりません。
やっと、天むす弁当みたいなお弁当を発見次第即決しレジへ。
バスの中でじっくり見てみたら丸政の「そば屋の天むす」でした。
小さくて丸い天むすが5つにおしんこ。
そうとう美味しかった。これに出会えてよかった。また食べたい!

ちなみに朝食はこの天むすと菓子パン1つです。

バスに乗り込み、予定通り出発。
7:30頃には会場に着きました。

着替えた後、スポーツジュエンでお買い物をしたり、HISのテントでゆっくりストレッチしたりして過ごしました。

●10マイルのスタートが9:20
●マラソンのスタートは9:50

スタート地点が同じなので10マイルの選手がスタートしないと、フルの選手は整列出来ません。
9時頃スタート付近に向かったけど、スタートロード手前は10マイルスタート待ちのフルの選手で既にいっぱいでした。

9:20、10マイルの選手を見送り、いよいよ自分もスタートブロックへ!
私はBブロック。
Bの5列目くらいにつきました。
これでスタートロスは1分くらいかな?(さいたま国際の時はCブロックでロス2~3分だったのでなんとなくそう思いました)

スタート前はお日さまが出て少し暑かったです。
パラッパー河合さんが「毎年天気が悪いけど、今年は恵まれました!」と言っていたけど、
「え?この後曇りで強風の予報なのに?でもこのまま晴れてくれているのいいな~」と思いました。


9:50
いよいよフルマラソンのスタートです!!


スタートロスは47秒でした。

はじめの1kmは4:58。

はじめの1kmってとても大事だと思ってます。
早く良いリズムに乗りたい、良いリズムを掴んだら、テンポよく走るのみ!
4:58には正直「ほっ」としました。
5分以内だったかどうかで明暗が分かれるくらいの気持ちでいました。
(ちなみに不調期の1km全力走が4:58だったりしたこともありました、その時は1kmでこんなにキツイのにこれでフル走るの~?!と思っていました)

5分以内のスピードを出すにあたって一番心配だったのは「呼吸」。
スピード練習不足でかすみがうらマラソンに乗り込んで来てるので「すぐに息が上がらないか」という事だけが心配でした。
足は心配してなかった。自分なら足は大丈夫だと思ってた。

呼吸は思ったより大丈夫だった。そんなにキツくない。・・・良かった!

よいスタートを切ったので「このままいけるぞ!」と思ったのもつかの間、、、
すぐに足の裏と脛が痛くなってきました。

スタート前に足首回しをしたりしてよくほぐしておいたのですが、
この痛みには動揺しました、まだスタートしたばかりなのに。

でも走るしかないので、走り続けながら考えました。
・・・これまでの経験を振り返ると、昨年の3月~4月頃って走る度に足裏が痛い事が続いていた
・・・一昨年の3月~4月頃は走り始めに脛が痛かった
・・・これらは5kmくらい走っていると、痛みが消える事がある
(私、3月~4月頃の不調が多いな、、、春って鬼門なの??春ってろくな目に合わないなぁ)

結論。
走り続けていると痛くなくなると信じて走り続ける!信じるのみ!

足裏の痛みはヤバかった。
土踏まずの上あたりが靴ズレになりそうな感触。

幸い、想像通り5kmくらいから
脛の痛みは消え、
足裏は少し和らぎました。


(1km毎のラップは自己計測、5km毎のラップとスプリットタイムは記録証によるものを記載していきます)

LAP1 4:58
LAP2 4:57
LAP3 4:56
LAP4 4:50
LAP5 4:46
●5km 24:30(25:22)

LAP6 4:52
LAP7 4:51
LAP8 4:52
LAP9 4:49
LAP10 4:55
●10km 24:26(49:48)

ここまで暑かった~。こんな日は給水がとても重要。
もちろん給水所で毎回取りますが、10kmのエイドで空いている一番奥を狙ったらほんの一口しか入ってないコップを取ってしまい、飲んだ直後から「全然足りない!」と思ったまま給水所を通過してしまいました。
「あ~喉乾いてるのに、どうしよう、乾いてから飲んでも遅いのに」

次のエイドは15km地点?持つかな?
ここは、私設エイドで頂くしかない!
あるかないかも分からない私設エイドを期待しての走り。
まさかこんな事になるなんて。

でも、あったんですよ。本当に助かりました。ありがとうございます。ごちそうさまでした。

左側にあるだろうと思っていたら右側にあって、後続のランナーを気にしながら斜めに走ったりして、無駄な移動をしてしまった。
次のエイドから、紙コップは2つ取ろうと心に誓いました。


LAP11 4:50
LAP12 4:52
LAP13 4:55
LAP14 4:50
LAP15 4:48
●15km 24:23(1:14:11)

LAP16 4:58
LAP17 4:57
LAP18 4:58
LAP19 4:48
LAP20 4:49
●20km 24:45(1:38:56)

LAP21 4:55
●ハーフ通過(1:44:17)

5km過ぎて痛みが楽になり、7~8kmくらいで好調を感じたほどのってきました。
私、調子がいいの?と錯覚してしまうほどです。

今このペースが出せるなら出しておき、維持できるなら維持する。

好タイムが出る時は維持が出来た時、失速が少なかった時です。
昔からずーっとそうやって走ってきました。

フルマラソンをゆっくり入って後であげる、という作戦で走った事ないです。
自分的にはその「後」という時期には足が疲れているので上がりません。
もちろんはじめの5~10kmはウォーミングアップのつもりで後半上げる、というレース展開を否定するつもりはありませんが、
私のこれまでのフルの走り方としてはひたすら前半から突っ込んできました。
後半どうしても上げられません。自分に期待出来るのは維持する事。

ハーフ通過までそれが維持出来たのは嬉しかった。
たださいたま国際の時のような快調ではないと気付いてはいました。
だからこの先キツイぞ!覚悟はいいか?!

この後が重要。
25km地点
30km地点
35km地点
40km地点
それぞれ25分以内のラップを出せるのか。

なるべく理想に近い走りがしたい。

私はサブ3.5を諦めてないのか。

ハーフを過ぎたところで、
「このまま維持すれば達成できる」というチャンスを掴んだ!!

と思った…。

「後半落ちないぞ、落ちないぞ、落ちないぞ」と思い込みながら、後半に突入!


しかし、いつの間にやらお日さまが消え、、、
この辺りから強い風を感じ始めました。



その2へ続く
コメント   この記事についてブログを書く
« かすみがうらマラソン2019か... | トップ | かすみがうらマラソン2019完... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

マラソン大会完走記やエントリー、雑記など」カテゴリの最新記事