見晴台学園トピックス

 1990年、学習障害や発達障害の中学生・高校生が学ぶ全国にも珍しい父母立の学園です。

学園親のハナシ42

2019年02月26日 | 父母の声

気がつけば、今年度もあと1ヶ月とちょっと。

高等部本科3年生の娘も、いよいよ4月から高等部専攻科に進みます。

学園生活に慣れてくると、親も子もこの「本科」「専攻科」

という言葉を自然に口にできるようになってくるのですが、

入学当初は耳慣れない言葉に、少々戸惑ったものでした。

 

たしかに、この時期、娘の近況を詳しく知らない方と久しぶりにお会いすると、

「娘さん、高3だよね。卒業だね。4月からどうするの?」

と尋ねられることが多く…、こういう時は学園を紹介するチャンス!とばかりに、

学園が本科と専攻科の5年制(3年+2年の学び)であることをお話しします。

なかなか一度の説明で学園のすべてを理解していただけるわけではないのですが、

少しでもいろいろな方の記憶に残って、ゆっくりと学びたいお子さんとの出会いにつながれば…、

と思っています。

 

話がそれてしまいましたが、この3年間、のんびり屋の娘は“シュウカツ”に追われることなく、

友人たちとともに「本科」でのびのびと女子高生の生活を送ったようです。

「一人で行けるかしら?」と名古屋駅まで尾行?していた日々も今は昔。

つい先日も、帰り道でいつも降りる駅を乗り過ごしてしまったらしく、

「○○駅(ひとつ先の駅)で降りて歩いて帰ってきた」とサクッと報告されました(笑)。

たくましく成長しています。

 

----------------------------

見晴台学園

~見学・相談・体験入学は随時受付中!お気軽にお問い合わせください。~

TEL 052-354-0354

FAX 052-700-6087

MAIL gakuen@miharashidai.com

お問い合わせフォーム http://miharashidai.com/contact/

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 二次募集について「試験開始... | トップ |   
最近の画像もっと見る

父母の声」カテゴリの最新記事