狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

私が金融を是とするのは公共事業のためのそれだが、それはどこまで必要なものなのだろうか

2013-09-22 21:11:55 | Weblog
韓国の。 観光客が道を尋ねて話をしていたら相手の尋ねられた韓国人がいきなり
怒り出して襲い掛かってくるという動画が話題になっていたがこれがヤラセだった、
みたいな話が出ていた。 音なしでチラ見しただけだからなんともだが襲われた人
が一人で撮っているのに暴力がカメラに向っていない、撮影者も本気で逃げて
いないなどからネタにはしなかったがヤラセならそれはそれでネタになる。
実はだ。 韓国関連でもう一つ話題になっている事件がある。
「日帝時代は良かった」と言った韓国人の老人が若者に杖を奪われて殴られて死ん
だのだそうだ。 これに対する韓国人の反応はもっぱら「殴られて当然」で、若干
少なめが「理由はどうあれ老人を殴るのは良くない」の模様。 日本のネット
ウヨクの反応は「な、韓国人だろう」「韓国では歴史の生き証人はああなる」
だったがさもありなん。 さて事件を前提に先のヤラセ動画をどう見るか、だが。

シリアの。
欧米にはシリアの反政府活動家らに感情的に入れ込んでいる人たちが多いと見る。
反政府運動をしている連中はネオナチの類だと思えばいい、とでもしておくか。
あれも反権力だよ。 宣伝金融総本山に蛇蝎の如く嫌われているから反リベラルだ、
とされているだけで。 私は逆に宣伝金融総本山に嫌われている点のみを高く評価
しているんだけど。

在日朝鮮人の。
いわゆる「レイシストしばき隊」とそれに連なるマスコミ文化人たちとやらの反応
を「何かおかしい」と感じている。 ここに、彼らは戦後一貫して恫喝を多用して
きた人たちであり実際に殺してきた人たちなのだ、と置くと見えてくる構図が有る。
ヤクザと詐欺師、工作員とテロリスト。 彼らは一般人たちに復讐される事を恐れ
ているのだと。

スポーツカーに乗ったサルが居たとする。 ブイブイ言わせる、である。 サルは
恐れるだろうスポーツカーを失ったら人ではなくなってしまうと。 私に言わせれ
ばスポーツカーの有無は人とサルの境界ではないのだが、サルはそうは思わないの
だろうスポーツカーを随所に見る。

帝国主義の時代。
これを二通りに見る。 一つは、先進国が後進国を統治し泥棒文化、強姦文化を
撲滅しようとしていたというもの。 もう一つは収奪。 統治は非とされたが宣伝
は残った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本のマスコミの動向は常に... | トップ | わけが判んなくなったらとり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事