狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

隣人と束の判断

2013-09-09 14:10:24 | Weblog
例えばガザ地区。 ガザにユダヤ人が住みつかなかった理由は聖書にそう書いて
あったからと。 アラブ人たちがそこに居続け結果エジプトに対する人口爆弾と
化したわけだがたまたまである。 イスラエル人たちは戦略的理由からそうした
わけではないはず。 スエズにしてもそう。 たまたま運河掘削可能な地形が
イスラエルとナイル川との間にあっただけでありもしそうでなかったら、あるいは
ナイル川中流あたりから紅海に抜ける海運ルートがあったとしたら、そこ周辺の
力学関係はどうなっていただろうか。 これからユダヤ人を正と逆とに見る。
明言せずとも「たまたま」「幸運にも」そうあり、その上で防衛努力があり血を
流したとする方を正、「我々の主張し続けてきた政治宣伝が」とする方が逆なのだ
としている。 政治宣伝が守ってきたのはせいぜい金融利権の優先権くらいなもの。

終末である。 終末ではあるが、終末か否かに限らず解は「皆が神様の方を向く」
である。 これを社会科学語に訳すと「うそつきを止めろ」になる。 いやマジで。
説明しよう人は割りと駄目である。 だが「自分が駄目なのだ」とするよりも
隣人が、政府が、あるいは大国が駄目なのだとする方が受け入れやすい。 これが
うそつきの心。 暗に「自分が駄目だ」と知りつつ他者がそうだとするこれ「己を
偽る」で、神様イコール全と置くと周囲を非とする事で自身を善とするこれ背を
向けるになる。 虚偽こそ技巧であり美であるとするこれ売女の正義。

a. うそつきたち
b. うそつきたちに「うそつきのままで良い」とする人たち
c. aやbの集団にあるなんだかわけのわからない雰囲気

abcと置いた。 aもcも問題だがここで特におかしいとするのがbである。
ネットウヨクたちがうそつきたちに事実をねじ込んだ、として喜んでいるのが私で
彼らの在り様を批判しているのがb集団。 cが何なのかは色々と解釈のし様がある
が、これもおかしいっちゃおかしい。 どういうわけだがbに宗教家たちが多く含
まれていると見ているのが現状で、お前ら説得とかしなくていいのかと。
ちなみにぶっとんだ話をすると私は終末の価値の一つが霊の大量人化状態であり
これ説得の機会なだとしているのだが、なんで切り捨て推奨なのだろう。
「少し痛い目を見た方が良い」と「死んで裁かれろ」じゃ大分違うと思うのだが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« フランス人たちの世界史 | トップ | 日本のマスコミの動向は常に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事