狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

米国ネタ

2018-10-31 17:38:58 | Weblog
あー疲れた。 欧米人は独裁政権の問題にすべてを集約したがるが、私はその逆を見る。 人民の悪徳から独裁が支持されるようになるのだと。 独裁政権の問題も書いた方がいいのかな?

日中友好促進がアメリカの親中派を強化する、という面がある。 主に第二次大戦の経緯から、アメリカ人には西側、特に日本につき、中国との交易の利権は自分のものだ、という感情、思い込みがある。 「イギリスの南氷洋」同様、倫理とは逆の既得権意識だが、そういうものもある。 で、日本にそうした対中意識、対東南アジア意識はあるのか、という問いだがそれは、若い人にはほぼ無く、老人たちの間でも「在日朝鮮人の側」に片寄っている。 彼らは邪悪なのか、というとyesで、アメリカ、イギリスのそうした彼らも同様に、となる。

沖縄米軍基地。 私は沖縄の若者たちは反米活動を指示している老人たちにはっきりと「お前たちはクズなんだよ」と言った方がいいとする人間である。 まあ彼らはやらないだろうけれどもね。 沖縄というと日本でも有数の「長男教」地域らしい。 労働者をやっていた頃何人か、「沖縄から来た労働者」みたいのにあった。 一個人としての責任感が欠落しているような人間が複数。 「この人は善人だ」というような人も居たが。 「スラムにはびっくりするような善人が居る」ような話なのだろう、悪い意味で人間らしさがあふれる社会での現象なのかなと。
つまりだ。 少数の「黙っている責任者」や「クズたちを見る善人」が居てその周囲を、ひたすら無責任なだけの人間が固めている。 社会全体が容易に悪に傾く。 沖縄とはそういう社会なのだと。

なんでもアメリカのどこかで、時限爆弾騒動があったのだそうな。 複数の反トランプ系有力者によく判らない爆発物らしきものが郵送されたと。 日本で大々的な報道キャンペーンが敷かれそうな動きがあって、一瞬で消えた。 なんだったんだろうね。

正直私は民主党支持者は死滅した方が良いと思っている。
アメリカのアジア系、ヒスパニック系の九割、アフリカ系の八割がポリティカル・コレクトネスにうんざりしているのだそうな。 これがそのまま選挙に当てはまるのならアメリカ民主党は弱小政党に零落している事だろう。 そうじゃないのはなんだかんだで大多数のアメリカ人が、ヘイトを優先しているからだと見る。 「幸せそうな普通の人」に対するヘイトがポリティカル・コレクトネス活動で、金持ちに対するヘイトが民主党支持。

アメリカの何とか州でユダヤ教シナゴーグで銃撃事件があったとか。 ペンシルベニア州だそうな。 正直、「なんで私がコイツら助けなきゃならないの?」と思っている。 いや、事件自体はヘイト・クライムだろう、だが彼らだけを特別扱いする理由に乏しい。 「彼らは神様のために働いている」って? そこなんだよ。 一瞬で手のひら返しをして親中派、民主党勢力を(金権筋から)死滅させるのなら「ああ、そうだったのだな」と理解できるが。 いや、起きていないだろそういう現象。

「リベラル派ってなんだ?」と問われると。 「中絶」「不倫」「薬物乱用」「暴走」「騒音」。
一般には「中絶権」として政治化されているが、だと、「中絶しないと苦痛が続く、中絶すると一生の不幸となる」が答え。 つまり「お前も一生不幸になれ」がリベラルの側の言う「自由」。 保守派が言う自由ってのはある程度責任を果たした上で趣味嗜好の選択をする事だが彼らは違う。 「他人を不幸にする行動を促す事」の権利を求めている。 不倫や薬物乱用なら家庭破壊、暴走騒音系なら安眠妨害に紛争喚起。
自分と無関係な他人の幸せを喜ぶか、憎むか。 他人の不幸を喜ぶか、憎むか。 以前「モラルのある人は不正を憎まない、憎むのは加害である」とした。 不正ってのはもっぱら「Aが喜びB,C,Dに不利益が出る」もので、大勢がやっているものであらゆる場面で目に付く。 加害は「Bに多大な不利益が出る」ものでほぼ全て不幸を起こす事を目的とする。 リベラルが報道、政治権力を行使して認めさせようとしているものはこの「他人を不幸にする自由」になっている。 「自分が手を汚さなければいいんだろう?」とする人間たちが彼らの側の指導層。 多くの人間たちが彼らを歓迎している。

中南米からアメリカ合衆国を目指す不法移民集団が北上中、なのだそうな? なんでもどこぞの「人権団体」が焚き付けているとかなんとか。

日本で。 保守系のニュースサイトが攻撃を受けている模様。 「2ちゃんねる」のころから手を変え品を変えそうした工作があったわけで、別に新しくもなんともない。 「裏で攻撃しながら友好を主張する」ってヤツだな。 「煽っているのは実はアメリカの側」とかじゃあない限り。 「アメリカなんじゃね?」と思う人も居るだろう、だが2007年、2009年に日本の国政選挙で民主党が勝った時点で、「中国の破壊工作」は確定しちゃってるの。 だからアメリカの側がやっていようがいまいが、当時工作してたその筋の人間を全員除去して初めて「友好」が検討に上がる、そういう話。 それでもまだチベット人ウイグル人問題や南沙諸島問題等が残るが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中国ネタ | トップ | 例えば、窓を開ける »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事