狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

タンガニーカ湖について

2009-08-28 12:15:03 | Weblog
古代湖の
漁業盛んも
ティラピアの
固有種豊富
何を優先

アフリカ大陸で最も深い、世界で二番目に古い古代湖だそうな。
北東にブルンジ共和国、東にタンザニア連合共和国、南にザンビア共和国、西にコンゴ民主共和国。

ブルンジは世界で最も開発が遅れている国の一つだそうな。
輸出はコーヒー、茶、綿花。 モノカルチャーの臭いがする。
ツチ族、フツ族の対立があり、一時期駐留PKOが主要産業になっていたらしい。
去年和平合意に達したとか。
タンガニーカ湖のほとりに首都ブジュンブラが位置している。

ザンビアは旧ローデシア、東京オリンピックの最中に国名が変わったとか。
国名はザンベジ川から、自然が多く残っているそうだ。
国民は貧乏らしいが経済は順調に成長中とのこと。
銅の産地で、日本の十円玉にも使われているそうな。 一枚取り出したら平成元年
と書いてあった。 これにも含まれているのだろうか。
ムプルングがタンガニーカ湖の南岸に位置。 水産業が盛んらしい。
比較的水が有る方の国との印象。

コンゴ民主共和国は世界最貧国の一つだそうな。 1997年までザイール。
西にコンゴ共和国。 
国をぐるりとコンゴ川がながれ熱帯雨林となっていると。
その源流の一つがタンガニーカ湖から出るルクガ川。
地下資源が豊富だが自然が強く交通網の整備が困難。
その結果、内乱が頻発していると。 なんか色々と滅茶苦茶。
タンガニーカ湖側がごっそり内戦地域っぽい。

タンザニア連合共和国
タンガニーカ湖沿いがキゴマ州で、漁業が盛んだとか。
首都ダルエスサラームの反対側だが鉄道が延びているらしい。
法律上の首都はドドマ。 タンザニアのほぼ真ん中。
カランボ滝がタンガニーカ湖南端にあると。 タンザニアとザンビアの国境。
ゴンベ国立公園はチンパンジーの研究で有名らしい。

適当に調べてみた結果だが、やはり内乱抑止が最優先との結論。

メルケル氏とネタニヤフ氏が会談。
http://english.aljazeera.net/news/europe/2009/08/20098271348926792.html
ヨム・キプール戦争から36年ですか。
私にとってはネットの上の情報でしかないですけれども人によっては人生の記録。
エジプト、ヨルダンが今後十年でイスラエルと戦争になる可能性はほとんど無いと
見ていますが、それが正しいとするとイスラエル人のパレスチナ人に対する敵意に
国防上の理由はほとんど無いことになります。

中国当局が断食月に食事を強要とのニュース。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090827/chn0908271218003-n1.htm
当局はなにをしたいのですか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ヨブ記について | トップ | 薬物依存について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事