狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

ヒラリー一味が悪徳集団にしか思えない件

2018-11-07 22:17:17 | Weblog
「せんせー男子ガー」と置く。 これが邪悪なのである。 この場合男子たちが邪悪なのではなく、女子が邪悪。

団塊世代と氷河期世代の感性差は何か。 少し前に、日本式教育のキモとして、身体測定を挙げた。 児童をパンツ一丁にして医者が身長体重を測る。 「子供たちの健やかな成長を記録する」などと謳っているがその意は、親ないし学校教師による虐待の監視である。 今日の日本にある世代間感性差がここに起因する。 こうした、緩やかだが広範な虐待撲滅体制を維持し続けた結果、「虐待行為があるのが当たり前の世代」「無いのが当たり前の世代」が同じ社会に併存する形となったのだと。 この感性差が出ているのがスポーツ界の諸問題であり、芸能界の存続可否であり。

学校教育改革。 公共性と協調性の差。 公共性とはどのようなものか、という例を挙げるにそれは、道を空ける事である。 一方の協調性とは権力と多数派に従う事である。 公共性の側だと無力有力、多数少数関係なく対応する。 自分が権力者だろうが自分たちが大勢だろうが、通るかもしれない誰かのために道を空けるこれが公共性の側。 協調性の側は権力者に従う。 大勢に合せる。
上に「せんせー男子ガー」と置いたのがこれである。 これが使われる場面として教室の掃除と合唱コンクールが挙げられる。 前者、掃除は一応、公共性の側とされる。 後者はまったく協調性の側。 後者には協力を求められた際に応じる必要性が皆無なのだ。 では教室掃除の際の「男子ガー」は善なのか。 否である。 善性を持たない人間が権力を振るうこれは悪であり、加害を求めているとなるとその者が邪悪なのである。 で、善性の有無ってどんなだ?となると。

ルーチンワークの清掃に、多くは緊急性が無い。 一日やらなかった、だからどうした、というレベルが茶飯事。 ここら辺が空気、水、食料と違う。 電力や暖房、怪我や外敵の対処とも違う。 半ば趣味なのだ。 では掃除をしない人間だけを集めたらどうなるか、というのがあるが、これはスラム化する。 併せると、長期的なスラム化を避ける必要性を示せて初めて公共性なのだ、となる。 「ガー」にはこれが無い。 あるのは集団、権力者への追従と、自身の権力化。 だから邪悪。 その人間の内面が邪悪。 この区別を解するか否かの元となる部分を善性とした。 で、善性ってなんだ?という問いとなると。

善性とは全体善の判断である。 ところがこれは神様の領域だな。 創造はアルファ、真理はオメガ。 発散と収束、試みる結果出る。 「全体から判断する」というのは人間の領域ではない。 かろうじて可能なのが、少人数につき「全員を見てみる」である。 だがこれには公共性は無い。 公共性は不特定多数を想定する。 少人数のための判断に不特定の他人は含まれない。
善性ってどんなだ、というのを書いてみる。 救命善性、公共善性、保守協調善性、情愛善性。 優先度がこの順。 救命善性は公共善性に優先する、ただし、そこには数の論理が働く。  子供の命を伸ばすのは老人の生死よりも重いとすると。 公共善性と救命善性は天秤にかけられるのだ。 一人の命よりも戦争回避が優先され、また、世界規模の犯罪化拡大を止めるにあたっての戦争、これは善でもある、となる。 もっとも、戦争云々となると全体善性つまり、人の頭で考えるに余る話だったりするが。
保守協調善性。 自分の所属集団を大事にしろという話である。 家族や宗派はこれ。 優先度が下がるのかというとyesで、「特に何もなければそうしろ」というレベル。 情愛善性。 友人、恋人、ペットと遊ぶ。 そういう話。 子供の給食費と街娼の下に行く事のどちらを優先するか、という判断は、前者は公共性と家族つまり所属集団の問題である一方、後者は一時の遊興。
親が子供と遊ぶ事は優先されるべきだ、というものもある。 これは公共善性に対する保守ないし情愛善性の優越。 こういうのもある。 あるのだからある。 子供と遊ばないと子供が悪人に育つ。 もっとも、遊べばよいというものかというと、どうなんだろう、そうかもしれないしそうではないかもしれない。
なるほど。 善性とは善性優先の判断であり、そこには「未来善性」のような判断基準もある。 未来善性は全体善性に近いな。
でだ。 「ガー」と言う女が邪悪だ、というのは権勢欲を情愛だ協調だと称し詐欺に走る。 そこに全盛の判断は無いとするからと。
元に戻って結局何も説明してない。
私利私欲と全体善。 詐欺性。 正義を称する権力利用。  これらは悪を説明したものであって善を説明したものではない。
ある人に、目的がある。 それを他者に説明する。 説明によって協力が得られる場合はそこに一定の善性があった、となる。 この場合、泥棒の協力はどうなんだ、となるがそれは「盗跖五徳があった」となると。 「盗跖の徳」に集団の秩序、身内の情はあっても公共性は無いな。

善性とは。
利益性判断、愛憎型判断、善性判断があり、善性とはその判断を優先する事である。
善性判断の中心は公共性の判断であるが、必ずしもそれが優先されるわけではない。
善性は目的説明と結果によって現わされるが、詐欺との見分けは付かない。
善性をよそおう詐欺性に傾いた人というのがあり、これは邪悪である。

とりあえずはここまで。
アメリカの中間選挙で民主党が一定の議席を得た事を不快に思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 例えば、窓を開ける | トップ | 狂人の癇癪、その理由 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事