自然、世の中、の不思議

この世の中には、人間に理解不能な事がとても多い、そんな事に興味を持って生活しています、一年に一度はアジアを歩き。

年越しそばを

2014年12月31日 | Weblog

今日は そばを打ちます。

仲間は15人ほど集まって集会所で そば打ち。


私は 自分の実を

石臼で粉に挽きます。






そばになるまでは

あまり 他人に見られたくないんです。

私のそば粉は 私の打ち方がある。


なんてことはない

自己流なんです。




今年も一年

私のブログにお付き合いいただき

ありがとうございました


良いお年を





コメント (2)

餅つき

2014年12月30日 | Weblog



友人の家で餅つき。

奥さんと男4人で(3人はじじい)8臼つきました。

もう バテバテです。




美味しいお雑煮を3杯もいただき

家に帰って昼寝を Z Z Z

2時間も眠ってしまいました。



明日は朝からそば打ちです。






コメント

真っ白に

2014年12月29日 | Weblog



朝方から

屋根の雪が落ちるような

湿った雪が降っています。


本来なら年末年始の休みだが

10日頃までに テーブルを仕上げなければならない。


30日 午前中は 餅つき。

正月の三日くらいは

休みたいよね!




コメント

正月の魚を

2014年12月28日 | Weblog

今日 お世話になっている工務店に

岡崎から 魚屋さんが来ます。


6キロくらいのぶり一本を

切り身にしてもらい、

半身とアラを 友人のところに持っていきます。


材料置き場の地主さんにも

なにか 見繕って。


豚の角煮用の肉も買いに行って

お世話になっている人に。


ようやく

年の瀬を感じてきました。





コメント

とても 気に入ってくれて

2014年12月27日 | Weblog



千葉に行く朝、

何もかも凍てついていて

暖気運転に時間がかかります。


酔っぱらいの送迎と製品の運搬用になった

初期のエスティマ、

私と同じで ポンコツの域に入ってきた。

なかなか見ることが出来ない車になっています。


12万キロを超えたが

首都高では他の車に迷惑をかけなかった。


行きは 東京タワーの横からレインボーブリッジを渡り

湾岸道路へ。

帰りは 京葉道路からスカイツリーを見ました。





お客さんは

板の状態を見ていたので

仕上がった座卓を見て 驚き

とても気に入ったと言ってくれた。


マンションの最上階

とても見晴らしの良い部屋で

大切に使ってくれそうで

座卓も? 私も 大満足。







コメント

納品に

2014年12月26日 | Weblog



これから 千葉県まで

納品に行ってきます。


穴や割れをそのままにしてほしいとの

お客様の希望で作りました。


欠点のない板より

手間がかかりました。


蝶のつなぎをしたり

アリ溝で頑丈な木を通したり。




コメント

宇宙空間は真空ではない

2014年12月25日 | ビッグバン理論消滅

宇宙空間は真空だといわれているが

ただ何もない空間なだけである。


塵もガスも星の重力に引き込まれて

漂っているものが無くなっただけで

真空ポンプで吸い込んだような

真空にはならない。



宇宙に放り出されても

内臓が飛び出すとか

目玉が飛び出すとかはないので

安心を!


そんなこと無いので

まあ 良いか!





コメント

新品の

2014年12月24日 | Weblog



さすが 新品のスタッドレスタイヤ

圧雪の雪道は4駆にしなくても平気なくらい。


でも安心はだめです。


夜は 解けた雪が凍っていて

滑るのでとても危険。


注意して運転したので

眠くならなかったですよ!




コメント

素敵な空間に

2014年12月23日 | Weblog



いつも(たまに)行っている

伊北インター近くの

大石屋というラーメン屋


この店の チャーシューが大好きなんです。


中ほどの形の良いところより

端っこの少し固めのところが

たまらなく好き!


普通盛りでも

直径5cmくらい

厚さ1cmくらい のが

3切れ入っていて 食べ応えはあるが

7切れ入りの チャーシュー麺を食べる。


まず

ねぎを全部食べる

汁を一口飲む

そしてチャーシューを

つづいて かまぼこ

つぎに メンマ

もう一度チャーシューを食べて

やっと麺。





トイレが素敵な空間に変わっていました。

注文をしてから 手を洗いに入ったが

この空間が気に入り 小便もしました。


特に気に入ったのは壁で

白と藍色の布でした。


照明も素敵でした。



もう一度





コメント

後継ぎが

2014年12月22日 | Weblog

大工さんも建具屋さんも

後継ぎがいなくて

ちょっと見ぬ間になくなっている。


何の職業でも 真剣な問題だと思う。


自分の苦労を 子供にしてもらいたくない

安定した仕事を選んでほしい。


子は 親の苦労を見て もっと楽な仕事を と



我々の頃は

バブルがはじけた後でも

何とか仕事が出来た

生きていることが出来た。



最近は

我慢と試練とジレンマで ごちゃ混ぜ状態。


落胆も そこいらで 見え隠れしている。





コメント