自然、世の中、の不思議

この世の中には、人間に理解不能な事がとても多い、そんな事に興味を持って生活しています、一年に一度はアジアを歩き。

ビッグバン理論消滅

2008年05月30日 | ビッグバン理論消滅

今まで、ビッグバーンと書いていたが

本当は ビッグバン だそうです、

これからも ビッグバン理論消滅で頑張ります。

 

 

 

コメント

明日は地主に

2008年05月29日 | Weblog

明日大安で、午前中に地主に挨拶に行ってきます。

同級生の作ったお菓子を手土産に持って。

 

27年間お世話になりました。

 

 

地代、結構払いました。

貧乏で始めた仕事ですから仕方ありませんね。

今でも貧乏のままですが。

 

でも、材料はだいぶ貯まっています。

 

 

 

コメント

仕上がり

2008年05月28日 | Weblog

整地が仕上がりました。

すでに、売り地の看板が立っています。

 

何もなくなると広いですね、240坪あります。

コメント

更地に

2008年05月27日 | Weblog

店舗の取り壊しと整地が終わり
今日、友人の会社の重機を持ち込み
更地に仕上げました。

写真は仕上げる前。

写真の状態でも良いと思ったのだが
地主さんの気持ちになって
重機の専門家に整地をしてもらいました。

 

コメント

久しぶりに

2008年05月25日 | Weblog

久しぶりに ゆいか です。

五ヶ月と五日、愛嬌を振りまいています。

もう少しで寝返りです。

コメント (2)

ブラックホールの間違い

2008年05月24日 | ビッグバン理論消滅

ブラックホールに吸い込まれるとか
光までも捉えて放さないとか言われているが、
どのように大きな重力でも光を留め置くことは出来ない、
もし、光を吸い込んで放さない天体があるとすると、
ブラックホールがあるとされている天体の
回転軸の方向に噴出しているジェットの存在は
辻褄が合わないことになる。


 

天文学会が間違った方向に進んでしまった原因は
宇宙の果てが高速で遠のいている(赤方偏移)と
認められてしまったからなのです。

スペクトルを分析してみれば赤方にシフトしているのは
ドップラー効果に準じていないのは明らかである。

 

 

コメント

親戚に

2008年05月13日 | Weblog

親戚に不幸があり

少し休ませていただきます。

コメント (2)

天文学会の重大な誤り

2008年05月11日 | ビッグバン理論消滅

其の3
ビッグバンから宇宙が広がったとされています。
無の状態から光が広がりそれが宇宙の広がりとするのならば
その先端は何なんでしょうか、
光は進行する先に物体があったとき初めて光るのです、
その先に何も無かったとき、光は無に溶け込みます。

光の広がりは宇宙の広がりと繋がらないのです。

コメント (2)

天文学会のとてつもなく重大な誤り

2008年05月09日 | ビッグバン理論消滅

天文学会のとてつもなく重要な誤りを書きます。

其の1
現在、宇宙の果ては光のスピードの95%の
速さで広がっているそうです、
とするならば、宇宙年齢が137億年とすれば
単純に計算すれば5%分光が先に広がっているが
その光の分は計算に入れないのか、
また、137億年間95%のスピードだった場合
137億年分の5%であれば計算が出来ないほどに
先に進んでいるのではないのか。
ただ単純に地球から観測できた範囲が
宇宙年齢だとするのは学者の思い上がり
ではないのか。

其の2
ビッグバンの痕跡が見つけられないのは
宇宙が均等に広がっているから らしい、
であるならば、火の玉宇宙から光が飛び出し拡散するとき
光同士が衝突することが有り得るだろうか、
また、宇宙の広がりを中心から見たとき
中心近くと広がりの最先端とは
スピードが違うように見えるのではないのか、
不変のスピードの光が宇宙の果てと
近くで変わっているのはどのような説明をするのか、
爆発とともに宇宙が広がっているのならば
宇宙は中空になるはず。

 

こんな素人でも理解できるようなことが
分析できないような アホ ばかりではないはず。

頑張れ、そして目を覚ませ、天文学会。

 

 

コメント

いいな いいな

2008年05月07日 | Weblog

何かと思えばこんな事かいな、
と思った人もいるでしょう、
こんなことに喜んでいるじじいです、
次の目標は 123456 です。

入れ歯の端で硬いものを噛んでしまい、
歯茎が腫れていて少し痛く考えがまとまらず
イラついていたところ、犬が突然鳴いた、
何事かと思ってみたら木の間にはまり込んでいた、
目が悪いので仕方がないです。

コメント