自然、世の中、の不思議

この世の中には、人間に理解不能な事がとても多い、そんな事に興味を持って生活しています、一年に一度はアジアを歩き。

初めての中国で

2007年03月11日 | 中国
始めて中国へ行き、上海から 様々な所を歩き
感じたことを書きます。

旅のスタイルは、バックパック(35ℓ)だけ。
服装は普段着、靴は履きなれたスニーカー。
何処に行くときでも、手に何も持たない。
財布は持たない、ポケットに分けて入れる。

街歩きには、地図をコピーしたものを持つ、
通りには全て名前が付いており、迷うことは無い。

電車は、駅の横に切符売り場があり、列に並び
行き先と時間を書いた紙を見せると買える。
目的地に着いたら、直ぐに帰りの切符を買います
買わないと、その日の切符が買えなくなります。

バスは、ステーションなら行き先を書いた紙を見せると
間違いなく目的のバスに乗れる、降りるところが分からないので
周りの人に切符を見せると、とても親切に教えてくれます。
電車も同じです。
バスは往復切符を買います。

食事は、歩いていて美味しそうな物があったら食べてみよう、
レストランやファーストフードでは味わえない美味しさがあります。
衛生面は火を通した物だけで、安心です。
生野菜や刺身類は避けましょう、レストランでもまな板や
包丁を考えると、恐ろしいですよ。
外国で日本食を食べることは、我々は皆無です。
その場所の食事をすることは、旅の楽しみの一つです。

漢方薬、中国は漢方薬の本場です。
中国の人々は普段から漢方薬を利用していると思っていました、
ところが、漢方薬は高価でいつ効くのか分からないので、
緊急のとき直ぐに効く新薬に頼ります。
漢方は数種の薬材を調合して初めて効果が得られます、
薬材のみなら中国は何でも揃います、漢方を勉強して
調合してもらうと高くつきます。
漢方薬を買うなら、シンガポールの漢方薬の店を探しましょう、
安くてどんな漢方薬でも見つけられます。
中国の漢方の全てが集まっています。

現地の言葉も英語も出来ません、観光で連れて行ってくれるところは
直ぐに忘れてしまいます、しかし、自分で歩き経験したことは
忘れません、騙されてもぼられても勉強です、怒ってはいけません。

このスタイルが良いとは言いません、
私が歩いたのは中国の針の先ほど、
中国には行きたい所が沢山あります、
足と体力が持つ限り、案内なしで
自分で中国の普通の姿を実感したいと思う。


コメント   この記事についてブログを書く
« 桧山 | トップ | 娘の家の建前 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国」カテゴリの最新記事