自然、世の中、の不思議

この世の中には、人間に理解不能な事がとても多い、そんな事に興味を持って生活しています、一年に一度はアジアを歩き。

サロンさくら

2019年08月21日 | Weblog

 

 

 

サロンさくらのお茶のみタイム。

 

 

 

 

伊那市の 二胡のグループが

演奏をしてくれます。

 

 

 

 

 

素晴らしい演奏と説明に

皆さん うっとりと聞き入りました。

 

 

 

 

15年ほど前に、

上海の楽器屋で 二胡を買ってきた。

 

蛇の皮の二胡は、

海外に持って行くことはできなかったので、

豚皮の型押しというのを買った。

 

一万円以下の安物でした。

 

 

今は、ケースに入って、

箪笥の上で眠っています。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« クリーンセンターの帰り | トップ | 野草の強さ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
mienaihosiさんへ (ソナタ)
2019-08-21 09:45:57
こんにちは♪♪
そちらでは色々な行事に参加する機会があって、生活の楽しみになりますね。
mienaihosiさんも、ニコの演奏ができるのですか?
中国に行くと、ちょっとしたレストランやホテルで、ニコの演奏をしていますね。

ところで、時々私のブログを訪れて下さっているようで感謝しています。その内コメントを戴けたらと思っています。
ソナタさん (mienaihosi)
2019-08-21 16:30:27

サロンは担い手として、送迎を担当しています。

その他は、いきいき百歳体操のCDレコーダーの寄付と、操作。

皆さんと一緒に、楽しんでいます。

二胡は 中国に行ったとき(何回も行っていますが)自分用のお土産に買っただけです。

ソナタさんの旅には負けますが、私と友の旅は九塞溝をのぞいて、全くのフリー旅です。

言葉は全くできませんが、以前は中国を、今は台湾に絞っています。

航空券だけで出かけて、安宿に泊まる。
二千円以上の宿に泊まったことはありません。
また 宿の予約もしたことがありません。

現在は 台湾だけですが
お世話になる方のおかげで
楽しい台湾を満喫しています。

mienaihosiさんへ (ソナタ)
2019-08-22 09:18:57
お早うございます♪
今日も送迎の仕事を終えられたのかと思います。
いくらボランティアとは言え、命を預かる仕事の責任は重いし、それだけにやりがいもありますね。

ところで外国にも限られた予算で気心知った友人の方と行かれているんですね。台湾は近くてよい所も沢山あり、良いですね。

本当は私もmienaihosiさんの様な旅に憧れます。
でも、やはり安全と言う面で考えると、女性ゆえ踏み切れないのです。しかも言葉の壁もありますしね。

以前は友人や従兄弟などと一緒に出かけることも多かったのですが、次第に他の人が興味を抱かない場所が多くなると、同行する人がいなくなりました。
人を待っていても仕方が無いので、ツアーに加わって一人旅をする事が増えました。
最近は、外国は次第に体力的な自信がなくなって来ています。
ソナタさん (mienaihosi)
2019-08-22 21:52:02

観光地に行くと その人たちをためた人たちが集まってきます。

私たちは 日本人の行くような所はできるだけ行きません。

観光地に行っても すぐに忘れてしまいます。

その点 自分たちで歩いたところは、
ほぼ覚えています。

台湾の場合、温泉地巡りだけで何年もかかります。

温泉で会う人たちは、人をだます(カモにする)なんてことはありません。

自由旅には ボストンバッグは不必要。

少しの着替えを入れた バックパックで良いんです。

そして 決して財布を見せてはだめです。ポケット財布。

カードなんて、使わない!

小さな町が 楽しいんです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事