自然、世の中、の不思議

この世の中には、人間に理解不能な事がとても多い、そんな事に興味を持って生活しています、一年に一度はアジアを歩き。

帰ります

2009年10月22日 | 三度目の中国 黄山へ

前夜、朝食用に買っておいたカップ麺とメンマ、
テレビの物語を見ながら食べます、
中国の味 忠実に出されています。

メンマが柔らかくシャキシャキ感もあり気に入りました、
おみやげに買って帰りたかったが
4万円換金した元がもう帰りに使う金額しか残っていません、
掃除おばさんに置いておくチップも5元に満たない細かいお金です、
代わりにお茶やコーヒーや飴などを置いておきます、
荷物をまとめていたら掃除の催促をされました、
12時までにチェックアウトすれば良いことを
確認してあったのでのんびりしていました。

買ったおみやげは黄山茶と金華ハムと石だけですが
来た時のバックパック一つにはどうしても入りきりません、
黄山で使った小さなナップサックも使いました。

チェックアウトの時に最初に払った保証金50元が帰って来ましたが
友人が払ってあったので私は無一文状態で
もしもの時には友人に頼らなくてはなりません。

 


帰りに地下鉄の切符を買うとき龍陽路駅を探しましたが
この字が龍陽路だとは読めずに駅員に聞いてしまいました。

リニアに乗る前に時間があるので
龍陽路駅前のマクドナルドでセットを御馳走になりました、
食べ終わりのトレーを片付けようとしたら
店員さんにそのままでと制されました。


 

とても充実した中国旅でした、
私たちの旅に贅沢は皆無ですが
美味しい物を食べ様々な人に出会い笑顔を見て
汚い所も歩いて生活も垣間見てきました、
疑いの目で見なければ相手もそれなりに対応してくれます、
これからも友人と中国を旅するでしょう、
来年に向けて旅先探しが始まります。

100日以上の長い旅行記お付き合いありがとうございました。

また普通のブログに戻ります。

 

 

コメント

夕方の

2009年10月21日 | 三度目の中国 黄山へ

夕方の駅前に戻って来ました、
まだ暑いです、
トイレ休憩も兼ねベンチに座りしばらく人々の観察です、
女の人が民謡のような口調で 切符が余っている人いませんかー
のようなことを通りかかる人に言っている、
そんな様子を楽しんでいたら 
前の黄色い袋に座っているおじさんたちが真似をしていました。

ここにいる人たちを追跡調査したい気持ちになりました、
たぶん1時間以上もここにいるこの人たちは
何をしようとしているのでしょうか。

 

ホテルで一休み後 夕食に出かけます、
前回来た石門一路駅が南京西路になっていました、
駅から人民広場方面に呉江路があり屋台街になっている、
この通りに来ると何を食べたらよいか迷ってしまいます、
通りの外れに餃子館の看板を見つけた、
狭い階段を上がると昔の喫茶店のような雰囲気です、
餃子と筍スープを注文すると餃子を2人前にしなさいと言われた、
店の込み方からして味に自信があるのだろう、
食べてみたらこれが美味しくて3人前でも良いくらい、
筍スープが美味しくて(4元)もう一杯頼んでしまいました。

本当に美味しかったです。

 

 

コメント

静安寺

2009年10月20日 | 三度目の中国 黄山へ

拝観料=香花券・・20元

   

鐘楼には新しい大きめな鐘が吊るされています。

鐘楼の隣には鼓楼があり
どうやって入れたか考えてしまうような
直径3mほどの太鼓が入っています。

     

    毘沙門天?             観音様?

      

香花券に印刷されている塔や
派手さ豪華さに目が行っていたが
外に出るとあまり開くことのない門に
昔からあったと思われる 静安寺 の額が
ひっそりと言う感じで掛っていた。

 

 

コメント

静安寺

2009年10月19日 | 三度目の中国 黄山へ

静安寺はビルの合間にあり豪華な感じがします。

玉佛寺と比べると僧侶の人数が少ない、
博物館などの観光施設のような感じです。

コメント

上海雑技

2009年10月18日 | 三度目の中国 黄山へ

前日、七宝古鎮からの帰り
上海雑技団以外の雑技を見せる所
上海馬戯城に行ってみた。

地下鉄1号線で上海駅を過ぎて3番目の駅、
馬戯城は駅の隣に在りすぐわかった、
しかしゲートが閉じられていた、
仕方なくホテルに戻った。

 

玉佛禅寺から静安寺に行く途中に上海商城劇院が有り
初めて中国に来た時にここで雑技団を見た。

最後の日だがもし開催日なら見ようとしたが休演日だそうだ。

垂れ幕の所がチケット売り場です。

 

 

コメント

玉佛禅寺

2009年10月14日 | 三度目の中国 黄山へ

仏像が沢山ありどの仏像が御本尊なのか分かりません。

それぞれの仏像の前に拝む所があります。

外では線香を奉納して願掛け。

胴は魚で頭は龍
これ 何て言いましたっけ、
40年前 永平寺で初めて見てから気になっていて、
近所のお寺の住職さんに
私が死ぬまでに彫ってみたいと話をしていた。

 お坊様たちが履いていた履き物
かっこ良いと思って見ていた、
中庭の石の上に干してありました
濡れたのか、これは臭わないでしょう。

裏にあった池です
お金を投げ入れ 鯉に餌をあげて
お願いをしています。

 

 

コメント

玉佛禅寺

2009年10月13日 | 三度目の中国 黄山へ

上海 最後の滞在日です。

朝から小雨、折りたたみコウモリを持って出かけます、
ホテルからいつも通っている下町の食堂などが並んでいる通りから
もっとすごい裏通りに入ります、
何がすごいって、写真も撮る雰囲気ではない
カメラも向ければ何か言われそうな
汚い物がいっぱい写ってしまいそうな
変な視線を感じているような、
川沿いに出たがバラックの屋根より高い堤防のために
歩く所の狭さと 一層汚く湿っぽさを感じるのです。

川沿いから高架橋に出たがその橋の下まで家になっていました。

上海駅の近くにこんな場所が残っている、
いずれこの場所も立ち退きになって新しい街になるだろうが
日本のように立ち退き料をもらえない住人達は
どうなってしまうのだろうか。

 

香花券を買って 玉佛禅寺に入ります。

 

コメント

七宝古鎮

2009年10月12日 | 三度目の中国 黄山へ

友人のそばの店に飾るのに良い扇があった、
1本10元だと思ったが
水墨画と文字が書いてあり
価値ではなくインテリアとしては良いと思った、
10本買えば安くなるか聞いたがだめらしい、
お茶と金華ハム以外おみやげらしいものは買っていないので
絵と字を選んで10本買った。

老街の門の向こうは比較的新しい居住区です、
駅も地下鉄も新しく町全体が開発されたばかりのようです。

住宅地の中に守られた公園感覚で寛げる古鎮
私はこの古鎮がとても気に入りました。

 

 

コメント

古鎮 水辺

2009年10月06日 | 三度目の中国 黄山へ

水郷を数々見てきたが
ここが最も落ち着いた雰囲気に思える。

雨のせいなのか人が少ないからなのか。

 

 

 

コメント

古鎮

2009年10月05日 | 三度目の中国 黄山へ

雨にけぶり しっとり感が増します。

コメント