自然、世の中、の不思議

この世の中には、人間に理解不能な事がとても多い、そんな事に興味を持って生活しています、一年に一度はアジアを歩き。

台湾最終日

2015年04月30日 | 台湾 ランタンフェスティバル へ

台湾最終日

飛行機は3時過ぎなので

故宮博物院に行くことにした。


朝食は 宿の近くのサンドイッチの店で済ます。

歩道にあるテーブルで

豆乳と卵のサンドイッチ。


食べ終わると、

店の前でタクシーを捕まえる

すぐでした。


開館と同時くらいに到着したが

すでに団体がいくつも!




館内は全て撮影禁止。

最上階は満員電車のよう。

早く書画を見たくなった。



私のお土産










つまらん物と思うでしょう!

この本とバッグを買うために

友人から 2,000元 借りました。



次の旅行で返します。





今回の旅費 八日間

航空券     50,000円

滞在費     50,000円

諸経費     10,000円

合計      110,000円








コメント

士林夜市へ

2015年04月29日 | 台湾 ランタンフェスティバル へ

ゲストハウス JO には

2時間遅れで到着。


さっそく タクシーで 士林へ


旅仲間と二人のときは

歩いて行ける夜市に行きます。



士林へ行けば 私の目的は 印

まず 最初に いつもの印の店に行きます。

あれ!

店は休みです!

こんな時のために

もう一店 探してあります。

材料は少なく小さな店ですが

いかにも 私が印を彫るひげ爺ですというようなご主人。

お願いしたのが



石の印です。

彫ってもらって ひとつ 約 1,900円


いずれ 自分で彫るための 資料にもなります。

いつになったら自分で彫れるのかは

わかりません!

ただ

材料だけは 使い切れないほどの量があります。


もしかしたら 店が開けるかも!!



食事も済ませて 帰ろうとしたとき

目についてしまったものがある。




右のこげ茶のバッグです。

約3,500円

買ってしまったんです。

お金を払って帰ろうとしたとき、

左側のリュックタイプのバッグが

微笑んで 私も買ってよ と

言っているように 私を引き付けた。

買ってしまったんです 約3,500円














コメント

十分

2015年04月27日 | 台湾 ランタンフェスティバル へ


瑞芳から花蓮方面に戻り谷間に入ると

線路の際が切り開いた崖状になっていて

電車が崖にかすりそうで怖いです。





電車から降りた人たちが道いっぱいなので

やり過ごすためにトイレに寄った。


道もすいて 串焼きが気になります

帰りに食べようよ!






提灯を飛ばすのが いたる所で、

一色と二色と四色と 値段が違います

願い事を 提灯いっぱいに書いています。




電車が通ります あたりまえ 線路の上ですから。




電車が通り過ぎると・・




御神木のような大木。



帰りに あの串焼きを食べます 33元

ビールも一本 35元

隣にいたお兄さんと

ビールで 目で乾杯!





帰りの電車は 超満員

やさしい青年が 二人分席を替わってくれました。


私はバッグの番です。









コメント

平渓線へ

2015年04月26日 | 台湾 ランタンフェスティバル へ

紅葉温泉から瑞穂駅まで

前日にタクシーを頼んでおいたのに

あのおばさん運転手はちっとも来ない!

名刺を貰っていたので電話をしてもらうと

旦那が駆けつけてくれた。

申し訳ないと すっ飛ばしてくれた。

おいおい そんなにスピード出さなんでくれ!


平渓線の乗継駅の瑞芳まで

丁度良い電車がなく 花蓮でひと休み。

駅前の以前寄った食堂で昼食。


ゲストハウス JO に

泊まることが出来るか聞いてみたら

ベッドが三人分あいているそうで

さっそく お願いした。


瑞芳で平渓線に乗るために十分までの切符を買ったら

往復分の切符をくれた。



何を気を利かせたんだよ~

平渓線の終点まで行って

バスで台北まで行くつもりだったのに!


十分を楽しんで また戻るか!!






コメント

紅葉温泉

2015年04月25日 | 台湾 ランタンフェスティバル へ

安通温泉からタクシーで玉里駅まで戻り

紅葉温泉と瑞穂温泉がある瑞穂駅まで。


瑞穂温泉に入り 紅葉温泉まで 歩く予定だったが

一人が 疲れと 足痛で

紅葉温泉まで タクシーで行くことにした。


素朴な街の駅前にタクシーが三台待っている。

母親が日本人だという 陳さんのタクシーに乗る。



紅葉温泉は食事が出ないというので

駅前から30mほどのコンビニで

夕食と朝食の分の

パンや豆乳を買う ビールも忘れません。


瑞穂温泉を通り抜けて紅葉温泉へ





日本が統治していたころのままの建物です。

別棟で ベッドの部屋があるが、

玄関を入った右側の

床が軋む茣蓙(畳表)をひいた部屋に泊まります。

一人 600元 約2300円




水着着用の 外湯。

湯船が三つあり それぞれ温度が違う。

豊富な湯量があるそうで

かけ流しです。

日本式の内湯もあります。


夕食は何がいいか聞かれたので

持ってきたのでいらないと断ったが

簡単な食事が出たようです。





素朴さ(昔の日本)を感じた温泉でした。






コメント

安通温泉へ

2015年04月23日 | 台湾 ランタンフェスティバル へ

台東からバスで途中下車の旅をしようと

バス停に行った。


花蓮までの山線 花東縦谷公路のバスが通じていないそうだ!

電車での 途中下車の旅に変更。




玉里まで電車に乗り 安通温泉へ




貸し切り状態の温泉です。

1時間半ほど じっくりと 汗が出切ってしまうほど

気持良い温泉です。




麒麟峰温泉の記事で

間違えて書いてしまった

カラオケ好きな 管理人さんと






コメント

台東のホテル

2015年04月22日 | 台湾 ランタンフェスティバル へ



台東の駅から4キロほど離れた

旧駅の前にある 新新大旅社に決めました。

受付にいたのは

胸が大きくて とても明るい女の子(30歳前後?)

二人部屋 一人600元

一人部屋 900元だったか?

二人部屋にいつもの友と、






夜食は



ワンタン麺









豚頭




その後

この街の雰囲気に合わないような

ユニクロでお高いTシャツを買う。



夜店で買った ドラゴンフルーツを

ホテルに帰って 晩酌の時に






コメント

台東

2015年04月21日 | 台湾 ランタンフェスティバル へ



台東に向かう途中の駅に

素敵なベンチがあった。



高雄をすぎると

素朴な場所 田舎の雰囲気が続きます。



台東の駅の案内所で

緑島に渡る方法を聞いてみると

フェリーが一日一便。

午前便と午後便 交互にあるらしい。


そして今日は 午前便だった。


飛行機なら まだ今日の便がある。

値段を聞いてみると 片道約7,000円

我々の旅には あり得ない金額です。


緑島の民宿に泊まり 温泉を楽しんでくるには

三日必要になり 日程がない!

今回は即決で諦めた。




台東の街で 安宿を探します。










コメント

台南の朝食は

2015年04月20日 | 台湾 ランタンフェスティバル へ



台南の朝食は お粥。

宿から南西に歩いて15分ほどの

ロータリーにある

お粥の店に




煮魚や牡蠣が入った 125元の

一番高いお粥を注文した。





以前来た時には

総合粥という60元のお粥があったが

メニューが新しくなっていて

値段が倍!

味は同じでした。





いよいよ台東へ




コメント

宿で

2015年04月17日 | 台湾 ランタンフェスティバル へ



夜店で売っていた 鶏の足から 骨を外したもの。

あまりにも美味しそうで良い匂いがしたので買った。




鶏肉の焼いたもの これも匂いに釣られました。

3~4人並んでも 苦になりません。




焼きイカ なんでこんなに美味しいの?




宿の近くのコンビニで買ったビールで 乾杯!



良い気分になって

おやすみなさい?




一人が

外がうるさくて

あまり眠れなかった様子!






コメント