完全犬派だった私が猫様の下僕になったワケ。

立ち耳スコの女の子美月と下僕達の日々を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レン君。

2015年06月13日 14時37分38秒 | レン君

おっす!
久しぶり、俺レン。
最近もこのあたりが縄張りだから、時々下僕1に会うんだけど、
あの家に閉じ込められるの嫌だから、すぐに逃げるんだー。
捕まったらやだもんねー。
えへへ。
なんか下僕1が俺の動画をまとめたみたいだよ。

 

久々のレン君動画でした~w

ご主人様はソファーの下でお昼寝中です。

私はあと少ししたら、バイトに行ってまいります!

コメント (2)

出会いー3

2015年04月22日 20時26分11秒 | レン君

こんばんはー。

先ほど、ご主人様にいい子いい子していただきました(*´∀`)
下僕1は帰ってきて、ご主人様のカリカリを用意していたのですが、
シンクに上がっていたご主人様が、下僕1の頭を美しいにくきうで
なでなで~としてくださいました。
御飯の用意ありがとう、だったのでしょうか?
下僕1は仕事の疲れが吹っ飛びました笑。

ペロッ。下僕よ苦しゅうない。

 

さて。
前ご主人様(レン君)との出会い編、本日が最終章となります。


通い婚状態だったレン君。
そのままでも・・・という考えもあったかもしれません。

でも、お外に出すのは交通事故や他の野良ちゃんとの喧嘩、猫嫌いの人からの虐待?など・・・
色々心配だったので、下僕2とも相談し、ちょっとずつでもいいから家にいる時間を長くして、
最終的には完全室内の子になってもらおうって。

お休みの日などは、朝家を出ないので、そのまま夕方前まで一緒にまったりする事もありました。
推定5歳のレン君。
ガッツリ遊ぶでもなく、ほとんど食っちゃ寝な生活でしたが、御飯のあとはモフモフする?って言うとそばにやってきて、コロンとひっくり返り、下僕1のお腹モフモフを堪能していました笑。

リビングのソファーが俺の寝床ニャン。




レン君、完全室内飼いへ向け、順調に運んでいると思えたのですが。

やっぱりダメなんです。
外に出せ出せー!!って騒いじゃうんです。
それも最初のうちだけでしょって、しばらくは無視してたのですが、収まるどころかどんどん酷くなってきて。
さすがに夜中や朝方に騒がれちゃね。
下僕たちも寝たいですし。。。

そこで、もう一度考えました。
完全室内の子にしたいっていうのは、下僕たちの単なるワガママで。
レン君は、やっぱりお外が良くて。
御飯くれて、お腹モフモフしてれて、寝かせてくれるのはいいけど、やっぱお外が一番で。
ずっとお部屋にいるのは耐え切れなくて、だから暴れて必死に主張するんだなって。

下僕1は、諦めました。
というか、レン君がしたいようにさせてあげよう。それが彼の幸せだと。
丸2日間くらい一緒にいて、あともう一歩ってところでしたが、もう開放してあげる事にしました。
玄関の扉を開けると、すごい速さでぴゅーんと飛び出していきました。
いつもはウチから外出するときは、玄関を出ると必ず一度はこちらを振り返っていたのに、この時は全く振り返ることもせず、一瞬にして姿が見えなくなりました。

きっとモフモフが恋しくて、すぐに戻ってくるさー!
苦し紛れにそう思っていた下僕1でしたが、翌日からレン君はパタリと姿を見せなくなりました。
よほど閉じ込められたのが嫌だったのでしょう。
ものすごい喪失感で、しばらくは泣き続けた下僕1でしたが、レン君がそれで幸せなら良かったんだ、そう思い、姿の見えないレン君に、心の中でさようならを言いました。

ずっと、悲しい・・・・寂しい・・・そんな気持ちでしたが、このレン君との出会いによって、
自分がとっても、猫様好きになっていた事に気づきました。
レン君がいなくなってから、来る日も来る日も、頭の中は猫様の事でいっぱい。
動画を見たり、ブログを見たり・・・・
そして、気づくと下僕1はペットショップやブリーダーさんのページを検索しまくる毎日になっていました。
その結果、後日、今のご主人様と出会うことに繋がるのです。

思いのほか、長くなってしまいました笑。

次回からは、現ご主人様のこと綴っていきますので、引き続きお付き合いくださいませ。



mie

 

コメント

出会いー2

2015年04月21日 19時55分03秒 | レン君

こんばんはー。


昨晩、寝ていたら、ご主人様(美月さん)に肩パンされましたw
外、おおきな音してこえーんだよ!起きろよ!なのか、
おい、まだ寝たくないんだよ。もっと遊べよ!なのかわかりませんが。
8カ月の子供だと思ってたけど、結構力あるんですね。
思わず『いてっ。』って笑いながら声出してしまいました笑。

さてさて。
昨日の【出会い】の続きを書きましょうかね。

毎日のようにマンションの1階で待っているレン君。
私のことわかるんだねー。
そう思うと、本当に可愛くて可愛くて。
毎日真っ直ぐに家に帰ってました。

そのうち、玄関じゃ飽き足らず、お部屋の中までお招きするようになり。

すぐに爪とぎサークルやトイレ、キャリーなど用意しました。

まだちょっと警戒心があるレン君。
お外の子なので、カーペットを引いているお部屋や、寝室はまだ・・・ね。
ダイニングキッチンのみね。
リビングにいかないようにバリケード作って笑。
ごめんね、ベッドはまだ無いから、タオルの上でおねんねしてくれるかな。

こんな可愛い寝姿を見てしまったら、完全にノックアウト。
もう、このままうちの子になってしまいなさい!って。
それなら、もうお外には出さないようにしないとね。

どの部屋にも自由に出入りできるよう、 病院にも連れて行きました。
幸い、病気も無く良好な状態だったので、すぐにお部屋を開放しました。
でもねー。
お外の楽しさを知っている子なので、ずっとお部屋にいると出せ出せと鳴くわ暴れるわで。
なので、しばらくは、夕方うちに来て、ごはんを食べて一晩泊まり、
翌朝、私が出社する際に一緒にお外に出る。
そして、夕方また来る・・・というサイクルを続けていました。

このペースから、徐々におウチに慣れてもらい、いずれ完全室内飼いに・・・
そう目論んでいたのです。


朝食時、私のヨーグルトを欲しそうにじーっと見つめるレン君。

もうちょっとダケ、レン君ネタ続きます。
お付き合いください。

mie

コメント

出会い

2015年04月20日 21時20分11秒 | レン君

こんばんはー。
今日の関東地方は夕方前より雨。
そして風が強いです。
嫌な天気ですね。
でも、明日からは晴れ続きのようですよ。


さて。
今日はある子との出会いについて書きたいと思います。
私が猫好きになったキッカケの子です。

おっす( ̄Д ̄)ノ
俺、レン。

あら、レン君。
お久しぶり。


私の住んでいる地域は、野良ちゃんが数匹いたのですが、
中でも一番仲良しになったのがこの茶トラのレン君でした。
名前は私が勝手につけたのですが。。。


最初は別の猫ちゃんを構っていたのですが、この子が他の野良ちゃんにシャーされたり、
追いかけられたりしていて、その姿があまりにも可哀想だったので、気になり始めて。
見かける度に優しく話しかけ、カリカリやおやつを上げるようになりました。
始めの何回かは外であげてたのですが、他の気の強い子がよってきたりするので、
興味本位で我が家にご招待してみました。
もちろん、カリカリの袋を見せて誘導ですけど笑。
そしたら、割とあっさり写真の通り、玄関にIN。

一回入ってしまうと、なんてことないニャーでした笑。
次からは、ウチの玄関でお食事することがデフォルトに。

俺のお食事タイムにゃん。


そのうち、私が帰ってくる時間にはマンションの一階のところで
待っているようになりました。
雨の日以外、ほぼ毎日です。
か!可愛すぎる!!
私が集合ポストを開けると、物影より『ニャー』と言いながら現れ、私の後ろについて階段を登ります。
ドアを開けると、我先にIN。
こうなったら、勝手知ったる庭状態です。
美味しく御飯を食べて、しばらくくつろいだあと、お帰りいただく日々が続きました。

長くなったので、続く~。

しばらくレン君ネタが続きます。

mie

 

コメント (4)