緑の館絵画を楽しむ会 愛と平和のメッセージ

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



新たな希望の星が輝く No.224

2018年12月29日 | 愛と平和の世界

 ピアニスト浅野純子さんと教え子の福島県・中学1年の猪越 千寛(いのこし ちひろ)さんが緑の館絵画展示室に来られました。

 

浅野純子先生は猪越 千寛さんがレッスンの始めた頃を振り返りました。

 

浅野 純子先生は猪越 千寛さんが小学校1年の頃に、ブルグ ミュラーの「進歩」という曲を演奏した時の事を覚えていました。

 

「進歩」の意味について浅野純子先生が猪越 千寛さんに質問すると「我慢」と答えたとのことです。

 

猪越 千寛さんは、2019年1月にピアノコンクールの審査が予定されているので課題曲の練習をしました。

 

猪越 千寛さんは「憧れ」という曲を作曲しました。

 

「憧れ」は、ショパンに憧れて夢中で作曲したとの事です。

 

課題曲が終わって、「憧れ」を演奏している猪越 千寛さんはイキイキしていました。


我慢も大切ですが、我慢せずに好きな事に夢中になるのも大切に思えるのです。

 

緑の館絵画展示室では、ショパンに憧れた新たな希望の星が輝いていました。

 

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。 

ジャンル:
ブログ
この記事についてブログを書く
« 2018年 きよしこの夜  No.223 | トップ |  【新】2019年テーマ N0.225 »
最近の画像もっと見る

愛と平和の世界」カテゴリの最新記事