緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



愛と平和の世界 希望の架け橋 No.126

2014年11月17日 | 緑の館 愛と平和の世界

 

 【大空の虹は希望の架け橋】

 暮らしの中から言葉が生まれ、心の底にある躍動を表現しようとして音楽・芸術作品が生まれてきました。

 万物万象には始めがあれば終わりがあります。

 大切な出来事を記憶に留めて置きたいと思うのが人間です。

 人々は自然の法則に従いながら暮らしています。

 平和は幸せをもたらします。

 愛と平和の願いは生と死の境を超えて伝わっていきます。

 

《愛と平和の世界》のシンボルツリー

 

 仙台市と米国リバーサイド市が姉妹都市になるために架け橋となった人がいました

 架け橋となったハルバーサンの墓参りをした際に、傘を閉じたような樹木に出会いました。

 この時に、この樹木を「愛と平和の世界」のシンボルツリーにする事にしました。

 緑の館絵画を楽しむ会のホームページの樹木と上記のシンボルツリーは同一です。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです

 


この記事についてブログを書く
« 真心からのメッセージ を送る... | トップ | 医療と介護の現場に絵画 No.127 »
最新の画像もっと見る

緑の館 愛と平和の世界」カテゴリの最新記事