緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室

未来への提案 高齢者の転倒防止体操 No.277

2020年08月22日 | 緑の館仙台・絵画展示室

 

 

 日本は高齢社会が急速に進んでいます。

 

 元気な人は介護を要する人を支え、介護を必要になったら支えてもらう助け合う社会が寄り添いボランティアの原点になります。

 

 仙台敬老奉仕会の初代事務局長をされた藤原侃氏は87歳になられます。

 

 藤原さんは転倒防止の為の「よろめき防止体操」と「四つ這い体操」を30年前に考案されました。

 

 これらの体操を万緑体操と名付けて運動をされています。

 

 高齢者が転んで骨折してしまうと車椅子生活を余儀なくされてしまいます。

 

 特別養護老人ホームでは車椅子生活をしているお年寄りが多くなっています。

 

 車椅子になる人を少なくするために転倒防止のための万緑体操を普及させていく必要性を感じました。

 

 日頃から筋力を付けて体操を試みているとアクシデントに見舞われた際の自力救済になります。

 

 高齢化社会においては、たゆまぬ自助努力の積み重ねが何よりも大切になってきます。

 

 緑の館仙台HPの社会貢献事業紹介ページに転倒防止の為の万緑体操の動画を載せました。

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。

この記事についてブログを書く
« 創造の世界 「緑の館創造の... | トップ | 未来への提案 吉永馨先生へ... »
最新の画像もっと見る

緑の館仙台・絵画展示室」カテゴリの最新記事