緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



親友は詩人であった No.249

2019年11月09日 | 緑の館 心の世界

哀悼の思い 

私は、思い出の道をひたすら歩いていた。

いつも、旅の道中には笑いが絶えない親友がいた。

親友はカラオケが好きで、まるで詩人のように歌っていた。

なりあいの中で、出会いがあれば別れがある。

親友は201910月・72歳で永遠の眠りについた。

職場で出会ってから44年の歳月が過ぎていた。

親友との数々の思い出が走馬灯のように浮かんでは消えた。

「哀悼の思い」が空いっぱいに広がっていく。

親族だけの心がこもった家族葬に呼ばれた。

遺族に本人に代わって大切なエピソードを伝えた。 

嬉しそうに愛犬を抱いているタブレットの画像を遺族に見せた。

この画像が祭壇の遺影の写真になった。

遺影の写真は笑っているが最期の別れは、そこはかとなく寂しい。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです。

この記事についてブログを書く
« 智恵子記念館&福島県立美術館... | トップ | 未来への提案 (介護の問題と... »
最近の画像もっと見る

緑の館 心の世界」カテゴリの最新記事