緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



絵画の魅力 【布裂の絵研究会 作品展】 No.192

2018年02月09日 | 絵画の魅力

 

奥村励子さんの和裂の世界 

  奥村励子布裂の絵研究会の作品展のご案内を頂きましたので本日鑑賞してきました。

開催場所は東北電力ビル グリーンプラザ1Fです。

201826()~212()まで展示しています。

奥村励子さんは緑の館絵画癒しのネットワークのパートナーです。

何気なく置かれたミニ盆栽がいいですね。

アイデアがいつぱい詰まった素晴らしい作品でした。

緑の館仙台は、ものを大切にする日本人の美意識を伝えていきたいと思います。


奥村励子 布裂の研究会の絵

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


絵画の魅力 布裂の絵 作品展のお知らせ No.144

2015年10月28日 | 絵画の魅力

 

 緑の館絵画を楽しむ会に奥村励子 布裂の絵 作品展のお知らせが届きました。

奥村励子先生の布裂の絵は緑の館絵画を楽しむ会の展示室に展示されて頂き多くの皆様に楽しんで頂きました。

布裂の絵作品展のお知らせ

 (日時 )

平成27年10月27日(火)より11月1日(日)

の10時より18時まで

(11月1日の最終日は16時までとなります)

(展示場)

東北電力グリーンプラザ

プラザギャラリーsouth

仙台市青葉区一番町3-7-1(東北電力ビル1F)

(主催)

奥村励子布裂の絵研究会

河北TBCカルチャーセンター布裂の絵教室

布裂の絵教室の生徒の皆さんの絵は奥村先生の絵と同様に精密に描かれており優しさと温かみが感じられる素晴らしい作品です。     

                  

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

 

 


絵画の魅力を伝える No.102

2013年08月19日 | 絵画の魅力

 

 Cimg8595   Cimg8750      

緑の館絵画のボランティアのページを継続していきます。

さらに緑の館絵画の魅力のページが加わります。

人生は楽しい事・苦しい事・嬉しい事・悲しい事の連続です。

子供の絵を見る機会があると思います。

子供の絵を誉めてあげて欲しいのです。

大人の目が輝くのを見て子供の目は輝きます。

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

どうぞご覧下さい


絵画の魅力 【 美を見つける喜び 】連載No.81

2013年05月05日 | 絵画の魅力

米国 リバーサイド市の市庁舎から見た風景 

【美を見つける喜び】

見えているようで見えていないのが人生です。

見えていないのに見えたかのように思い込んでしまっています。

見ようと意識しなければ見えないのが絵画の世界です。


心の窓を閉じてしまうと目の前にある絵画を見ようとせずに素通りしてしまいます。

 

心の目を開くと一瞬で闇の世界から光の世界へ変わります。

今まで見えなかったものが見えてきます。

美を意識すると描きたい対象物が次々と現れてきます。

樹木を見ていると季節の流れを感じる事が出来ます。


心の目で枯れ枝を見ると緑あふれる樹木が見えてきます。


樹木を描いていると大自然との一体感が感じられます。


様々な美を見つめることによって見えない命とのつながりが感じられます。


「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

どうぞご覧下さい

Cimg8050


絵の魅力 連載No.39

2012年09月30日 | 絵画の魅力

 

Cimg1327

(大自然の広がり)

価値を見い出す喜びがブームを生み出します。


我々は捨てる選択をして新たな価値を見い出しています。


価値は人間が見い出しています。


空気や光がなかったら生きていけるでしようか。


大自然の恵みは最大の価値があります。


空気や光を感じる絵画に出会う事があります。

どうして絵の価値が天と地ほどの開きが出てくるのでしよう。


人によってそれぞれの価値は違って見えるから面白いのです。


生きているから様々な価値を見い出す事ができるのです。


生命力を表現することが価値を見出す事につながります。

 

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

どうぞご覧下さい


美を意識する心(絵画の魅力) 連載No.30

2012年08月15日 | 絵画の魅力

 (湧き上がる雲の変化)

 

意識し合う事によって様々な心の変化に直面していきます。

美を意識すると心が穏やかになってきます。

美を意識すると美を見い出す事が出来るようになってきます

光と影の世界は心の中にあるのです。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

どうぞご覧下さい


絵画の魅力 クロード.モネの絵 連載No.27

2012年07月30日 | 絵画の魅力

 

(光輝く海の色)

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです
どうぞご覧下さい

小学生の夏休みの頃を思い出しました。

画用紙に好きな絵を描く宿題を出された時の事です。

テーマが自由だったのですが何を描くか迷ってしまいました。

クレヨン画から水彩画に変わりスケッチをして見真似で覚えていた頃です。

宿題で描いた絵が学校で展示されるのかを気にしていました。

とにかく宿題を提出するために空想風景を描きました。

不安は的中してしまいました。

張り出された絵画は無印でした。

誰からも何の評価も有りませんでした。

評価といっても金紙と銀紙と無印なので気にせず遊び回っていました。

それ以来自分は絵が下手だと思い込み興味が出てきたスケッチすらも止めてしまいました。

それから10年以上は絵には興味がないと自分に言い聞かせて描きませんでした。

思い込みとは怖いものです。

絵を見るのも嫌になって益々遠ざかっていきました。

何気なく写真集を眺めているとぼやっとした絵画が掲載されていました。

その絵は目を凝らして見ると日の出の太陽が海を紅く染めていく中で船がゆっくり進んでいく動きが感じられる絵でした。

見れば見るほど絵の中に引き込まれていきました。

印象派クロード.モネの絵(印象・日の出)によって絵画嫌いが絵画好きに一変してしまったのです。

絵画が好きになったのも心に残る名画の出会いがあったからです。

夏休みの宿題で子供達が絵を描く機会があると思います。

その際は、一言、大人が一歩踏み込んで誉めてあげると子供の印象に残ると思います。


絵画の魅力 絵を描くポイントと鑑賞のポイント 連載No.20

2012年06月25日 | 絵画の魅力

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

どうぞご覧下さい 

(移りゆくキヤンパス)

長年、出来ないと思ってあきらめていた事が1つのヒントを得て出来てしまった事があります。

絵を描くポイントを知ってくると面白くなってきます。

デッサンを繰り返していると次第に観察力が身についてきます。

試行錯誤を繰り返して描いていると忍耐力が付いてきます。

仕上げをしている内に表現力がついてきます。

色彩画を描くことにより明と暗の表現が自然に身についてきます。

さらに確信に迫ろうとして絵具を塗り重ねていくことになります。

 

絵画を描いていると視点が面白いように変わります。


色彩や形を追う事により右や左や上や下と視点が動き回っているからです。


さらに、前景、中景、遠景のバランスに集中してきます。

 

省略や強調を繰り返す事によって光と影のimageが構成され奥域の表情が浮かび上がってきます。


名画は色の対比だけでなく手前と奥の情景のバランスの表現が卓越しているのです。


名画になる背後には計算され尽くした絵の具の使い方が潜んでいます。


こだわりの強さが影のように見え隠れしています。

 

作者のほくそ笑みが背中に感じられる絵画に出会えるのが楽しみです。


作者がワクワクして描いた事が想像できたら絵画鑑賞が楽しくなります。