緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



智恵子記念館&福島県立美術館めぐり No.248

2019年11月01日 | 楽しむ会 (絵画と音楽の集い)

 

  宮城県美術館協力会による「智恵子記念館&福島県立美術館巡り」に参加をした。

明治の初期に建てられた智恵子の生家は、造り酒屋として新酒の醸成を伝えていた。

酒蔵をイメージした智恵子記念館は裏庭にあった。

智恵子は、高村光太郎と共に生涯を通して「美と愛」を貫いた。

入院中の智恵子に光太郎が千代紙を贈った。

智恵子の紙絵は数百枚は、光太郎に見せるために創作した。

智恵子の精神世界が垣間見られ、淡い哀愁を感じた。

光太郎は智恵子の死後に安達太良山を舞台にした智恵子抄を発表した。

1984年に開館された福島県立美術館は、信夫山のふもとにあり市民の憩いの場になっている。

福島県立美術館では関根正二展を開催していた。

 関根正二は、福島県白河市で生まれた。

小学校の同級生に伊東深水がいて、影響を受けながら独学で洋画を学んだ。

16歳に描いた「死を思う日」が第2科展で入選した。

信仰の悲しみ(重要文化財)を描きあげて、まもなくスペイン風邪で20歳の若さで急逝した。

関根作品100点、資料20点に加えて伊東深水・東郷青児・安井曾太郎、河野通勢など同時代の作品50点も合わせて展示されていた。

 

(福島県立美術館の正面)

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです


絵画の魅力 【布裂の絵研究会 作品展】 No.192

2018年02月09日 | 楽しむ会 (絵画と音楽の集い)

 

奥村励子さんの和裂の世界 

  奥村励子布裂の絵研究会の作品展のご案内を頂きましたので本日鑑賞してきました。

開催場所は東北電力ビル グリーンプラザ1Fです。

201826()~212()まで展示しています。

奥村励子さんは緑の館絵画癒しのネットワークのパートナーです。

何気なく置かれたミニ盆栽がいいですね。

ミニ盆栽が無言の音楽を奏でていました。

アイデアがいつぱい詰まった素晴らしい作品でした。

緑の館仙台は、ものを大切にする日本人の美意識を伝えていきたいと思います。


奥村励子 布裂の研究会の絵

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです


七夕ナイト森のコンサートのお知らせ No.156

2016年08月01日 | 楽しむ会 (絵画と音楽の集い)

緑の館仙台の展示室

 これまで絵画とリュート演奏のボランティア活動を開催してきました。

この度、仙台の瑞鳳殿で七夕ナイト森のコンサートを開催される事になりましたのでご案内します。

鈴木健治/リュートとロマンティックギターの調べ

(日時)2016年86

19~1940

20~2040 

屋外のため雨天の時は中止になることがあります。

愛のワルツ 禁じられた遊び 他を演奏します。

緑の館絵画を楽しむのホームページとスタジオ ロゼッタのホームページはリンクしてあります。

詳しくはスタジオ ロゼッタのホームページをご覧ください。

緑の館絵画を楽しむ会は仙台の特別養護老人施設に絵画を展示するボランティアをしています。

鈴木健治氏は特別養護老人施設でリュート演奏のボランティア活動をされています。

七夕の夜の瑞鳳殿で心にしみるリュート演奏をお楽しみください。

 

七夕 夜空のコンサート

 

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです

 

 


リュート演奏のお知らせ No.145

2015年11月02日 | 楽しむ会 (絵画と音楽の集い)

 

 

 

樹木は年輪を重ねていきます。

人も人生の年輪を重ねていきます。

70歳を迎えてのリュート演奏の案内が緑の館絵画を楽しむ会に届きました。

 

リュート演奏 鈴木健治 古希記念

 

(日時)  平成27年11月21日(土) 午後2時開演

(場所)  日本バプテスト仙台基督教会

仙台市青葉区木町通2丁目1-5

地下鉄南北線[北四番町駅] 北2 出口隣り

(入場料)  無料

 

プログラム

 リュート演奏

・シシリアーナ、リチェルカーレ33番

・サリーガーデン、お帰りカロラン

・ジーグ、グリンスリーブス

・花咲く日々に生きる限り、

   アメイジング・グレイス

・ソナタ第6番から[アレマンダ]

・この道

 

19世紀ギター独奏

・愛の歌

・ワルツ集[秋の木の葉]から第8番

・蜘蛛の歌

・さくら変奏曲

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです

 


絵画の魅力 布裂の絵 作品展のお知らせ No.144

2015年10月28日 | 楽しむ会 (絵画と音楽の集い)

 

 緑の館絵画を楽しむ会に奥村励子 布裂の絵 作品展のお知らせが届きました。

奥村励子先生の布裂の絵は緑の館絵画を楽しむ会の展示室に展示されて頂き多くの皆様に楽しんで頂きました。

布裂の絵作品展のお知らせ

 (日時 )

平成27年10月27日(火)より11月1日(日)

の10時より18時まで

(11月1日の最終日は16時までとなります)

(展示場)

東北電力グリーンプラザ

プラザギャラリーsouth

仙台市青葉区一番町3-7-1(東北電力ビル1F)

(主催)

奥村励子布裂の絵研究会

河北TBCカルチャーセンター布裂の絵教室

布裂の絵教室の生徒の皆さんの絵は奥村先生の絵と同様に精密に描かれており優しさと温かみが感じられる素晴らしい作品です。     

                  

「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです

 


音楽と絵画と寄り添いボランティア No.90

2013年06月15日 | 楽しむ会 (絵画と音楽の集い)

 

Cimg8422_2 Cimg8435

【音楽と寄り添いボランティア】

 

仙台の特別養護老人ホーム リーフ鶴ヶ谷でリュートとギターの演奏が新たに始まりました。

 

入居者のほとんどの人々が聴き入っていました。

 

寄り添い型の老人介護ボランティアと緑の館絵画ボランティアとリュート演奏が一体となって入居者の心を癒しています。

大きな古時計・叱られて・どこかで春が・花かげ・時計台の鐘・みかんの花咲く丘・ふるさとといった懐かしい心温まるメロディーが隅々まで流れていきました。

リュートはとても優しい音色を奏でる5百年前の貴重な弦楽器です。

黄色いエプロンがトレードマークのNPO法人仙台敬老奉仕会の寄り添い型の介護ボランティアの仲間も一緒になって聴き入っていました。

この様に助け合っていく地域社会は一人一人のボランティアの支えがあって成りたっています。

特別養護老人ホームで献身的に働く人々には市民による介護ボランティアの手助けが必要になってきています。

 

共に協力しあって介護を必要とする老人の一人一人を支えていく事が大切です。

緑の館仙台の絵画展示室に持ち込んで頂いたアムール会のパステル画は特別養護老人ホームにいく前に展示させて頂きました。

これらのパステル絵画は間もなく特別養護老人ホーム水泉荘に癒しの絵画として展示される事に成ります。


これからもアムール会の絵画は緑の館絵画を楽しむ会の絵画と共に入居者に安らぎを与えるために展示されます。

Cimg8479

【アムール会のパステル画が水泉荘に】

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです
どうぞご覧下さい



楽しみのセレナーデ No.37

2012年09月20日 | 楽しむ会 (絵画と音楽の集い)

 

Cimg6535  Cimg6990 

(ダンスの練習)(アムール会の絵画鑑賞)

80歳を越してもダンスの練習は続きます。

大和氏は自分の夢を叶えるため宮城県蔵王町にカラオケ・ダンスホールを開店させました。

私も仲間に加わって楽しんでいます。

917日にアムール会の会員と緑の館絵画を楽しむ会が合同で老人介護施設萩の風と老人介護施設パルシアに展示している絵画を見学に行きました。

アムール会員は自分が描いた絵画が入所者の癒しになっていることを実感する事ができて創作意欲が湧いてきたとのことです。

講師の相澤忠雄先生は会員の絵画を誉めていました。

絵画も音楽もダンスもよしやってみようから始まります。

すべて練習と訓練の繰り返しで何度も何度も失敗を繰り返します。

ダンスもうまく踊れなくてもいいのです。

絵画も上手く描けなくてもいいのです。

音楽も上手く出来なくていいのです。

出来ない事が時間をかけて少しずっ出来るようになるから楽しいのです。

簡単に出来ない事が出来るようになるから楽しいのです。

何とかやっている内に希望の光が見えてきます。

緑の館絵画を楽しむ会のブログは一連の流れがありますので継続して見て頂ければ幸いです。

Cimg6988  Cimg6826

(アムール会のパステル画展示)

 フオートアルバムを参考にして下さい。

「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです
どうぞご覧下さい