緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



アートの世界 風のMessag No.117

2014年05月15日 | アートの世界

 

風の伝言

それぞれの人が歩んできた道は真実であり見えない創造の世界とのつながりがあります。


人には忘れられない秘境があります。

過去の喜びと悲しみは季節風のように消えてしまいます。

絵画を見ていると遠い記憶が蘇ってきます。

 


心が自由に解き放されたのです。


張り詰めた心が癒されているのです。

 

芸術作品は先人が残した風のMessageなのです。

絵画の心は風のMessageとなって伝わります。

 

 


アートの世界 【絵画の色彩と明暗】 連載No.98

2013年07月25日 | アートの世界

(歴史は日々の繰り返し)

太陽が沈んで太陽が昇れば一日が過ぎた事になります。


昼は太陽光が夜は蛍光灯が色を感知させてくれます。


絵画を描くと色の明暗が複雑に絡み合ってきます。


色を混ぜ合わせていくと色と色が対立してしまういます。


昼と夜では光の波長が違ってきます。

 

 

夜は実際の色と違そうと言って夜に絵画を描かない画家がいます。

 

 

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


アートの世界 造形絵画の世界 連載No.92

2013年06月25日 | アートの世界

 

Cimg8518

 【秋保の杜の美術館 】

秋保は仙台の奥座敷にあたり秋保温泉と秋保大滝が有名です。

そんな秋保町境野に個人美術館がオープンしたとの事なので場所を尋ねて絵画鑑賞に出かけました。

 

ぶらりと訪れて見ると自然豊かな所に佐々木正芳氏と佐々木あゆみさん(2011年没)の個人美術館がありました。

佐々木正芳氏は自由美術家協会の会員です。


人間に対する様々な葛藤を超表現的感性で描き切っています。

戦争や自然環境を破壊していく人間の陰の世界を内面的に露わに表現しているように思えました。

視点を意識してそらす事により核心的な視点が見えてきます。

 

戦う人間の心の深層をあぶり出して造形絵画の世界を創り出している事に驚いてしまいました。

こんな不思議な表現方法があるのかと思わず息を飲み込んでしまいました。

私は、これらの内面的な絵画はメツセージを伝えたいと言った一貫性を秘めておると考えて【深層絵画】Depths pictureとネーミングをしました。

また、隣接している人形館は発想がとてもユニークで人形作家の世界へ引き込まれてしまいました。

 

仙台市太白区秋保町は芸術を生み出す自然環境が豊かで芸術家が好んで住んでる癒しの里です。

絵画鑑賞を終えて、小鳥のさえずりを聴きながら更に歩いていくとすぐ近くに名取川がゆっくりと流れていました。

緑の館絵画を楽しむ会のホームページのブログは一連の流れがありますのでお楽しみ頂ければ幸いです。


緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい

  緑の館絵画を楽しむ会 代表 鈴木和美


アートの世界 名画と共に旅をする 連載No.87

2013年05月30日 | アートの世界

 

宮城県美術館は東日本大震災以後にフェルメール展・東山魁夷展・ゴッホ展と絵画好きには有難い展示が続いています。


名画を鑑賞する機会が増えてくる事は素晴らしい事だと思います。

京都市の美術館と
宮城県美術館でフェルメールを鑑賞をしました。


この様に国内でも海外でも何度も同じ名画を様々な美術館で鑑賞していると名画と共に旅をしているような気持ちになってきます。

私は40年以上前にクロード・モネの絵画を見てから絵画好きになり原画鑑賞を楽しむようになりました。


フェルメールも東山魁夷もゴッホも生と死を超えて我々にメッセージを伝えています。

クロード・モネ、フェルメール、ゴッホのように名画となって生と死を超えて未来の人々にメッセージを伝えることは素晴らしいことです。

無名の絵画が時代の荒波を乗り越えて人々の心を揺り動かす名画として鑑賞されるようになるのが楽しみです。

数百年前の絵画が今も大切に残されている事に絵画の真髄を見る思いがします。

ゴッホの絵画は苦悩と不安の振り子が打ち続ける心の壁に一筋の光が見えてきたものをそのまま表現しています。

この一瞬のひらめきが脚光を浴び名画になったと思います。

渾身の思いで光の色彩を表現しようと追い求めたことがうかがえます。


緑の館絵画を楽しむ会のホームページのブログは一連の流れがありますので継続して見て頂ければ幸いです。

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


アートの果たす役割 連載No.83

2013年05月15日 | アートの世界

 

(古代からのメッセージ)

引き寄せられるような魅力を感じてしまう芸術作品に出会った事がありませんか。


魅力を感じてしまうと無我夢中になってしまいます。

好きも嫌いも突然のキッカケによって変わってしまいます。

絵画の好みも年を重ねるごとに徐々に変わっていきます。


ゴッホの絵画のように生前は売れずに評価されなかった絵画が未来の人々の心に衝撃を与えて名画になった絵画があります。

それとは逆に魅了する絵画でありながら作者が無名と云う理由で見向きもされない絵画が多くあります。

名画のコピー作品が世界中に氾濫しています。

過去の名声を頼りにした絵画鑑賞から一歩抜け出して名画を発掘してみると面白いと思います。


芸術の果たす役割は未来の人々にメッセージを伝える事にあるのかも知れません。



緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい


世界アートの旅 連載No.38

2012年09月25日 | アートの世界

 

Cimg1123

アートの世界

アートの旅をしたいと思いませんか。


それぞれの国にはそれぞれの文化があります。

 

それぞれの文化を楽しみたいと思いませんか。

アートの旅は芸術作品を鑑賞する旅でもあります。

好きな作者の出身地を訪ねて見たくなるのがアートの旅なのかも知れません。

それぞれの国の国境を越していきます。

雲は国境を超えて自由に流れていきます。

刻々と変わる雲の流れのようにアートを楽しみました。

知らなかった事を知ろうと手掛りを探して更なるアートの旅を続けていきました。

アートの世界は知れば知るほど面白くなつていきます。

緑の館絵画を楽しむ会のブログは一連の流れがありますので継続して見て頂ければ幸いです。

 

 緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

どうぞご覧下さい