みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

「父の日」のお花/特大スイカを大人食い!?/18歳選挙権 良質な主権者教育を

2015-06-22 22:15:19 | 花/美しいもの
今日6月22日は夏至(げし)。
「北半球において一年間の中で日照時間が最も長い一日であり、天文的には太陽黄経が90°に達する日です。」(tenki.jpより)

雨は降ってなかったのですが、連れ合いが議会中で県庁に行く用事もあったので、
早朝ウォーキングはお休み。
さいきんは日の出が早いので5時前には家を出るのですが、
お休みなので、あとすこしになった、梅仕事を済ませました。

薪ストーブの上には、ともちゃんが「父の日」の
プレゼントにもらった、きれいなお花たち。

 左が、最初に宅急便で届いたお花。
 包装を全部取って、水をたっぷりやりました。
   
 右の花瓶には、夕方、もってきてくれたお花が活けてあります。
   

応援クリック 人気ブログランキングへ してね 


特大すいかは、やってきた子どもたちにおすそわけしたのですが、
半分に切っても冷蔵庫に入りきらないので、まずはわたしが試食。

大皿に乗せたのですが、はみ出ています。
まずは真ん中にスプーンを入れて、一番甘いところをひとすくい。
      
順番に、順番に、一口ずつ食べていきます。
   
お皿が見えてきましたね。

お腹がいっぱいだけど、きれいに完食。

けっきょく、スイカがお昼ごはんでした。

夕ご飯は、ズッキーニと鶏ムネ肉炒め & 甘長ちりめん
  
朝ごはんは、そば粉のガレット &ポテトサラダ。


  社説:18歳選挙権 良質な主権者教育を
2015年6月19日 朝日新聞

 十八歳から選挙権が持てる改正公職選挙法が成立した。若者の意見がより政治に反映されるのは望ましい。主権者として一票を投じるために、いかに良質な教育がなされるかが成功の鍵となろう。

 選挙権年齢を「十八歳以上」としたことで、新たに約二百四十万人が有権者に加わる。この改正は実に七十年ぶりであり、日本政治の大きな節目となる。

 国立国会図書館が世界の状況を調べたことがある。百九十八カ国・地域のうち、選挙年齢の下限を十八歳としている国は、百六十七にものぼった。国際的にみても「二十歳以上」としてきた日本は少数派に属していたわけだ。

 来年夏の参院選から適用されるのはほぼ確実で、その後、地方選挙などでも順次導入される。人口減社会となり、少子高齢化が進む中で、将来を担う若者たちが政治に参加する意義は大きい。

 懸念されるのが、現在、若い世代の政治への無関心や低迷する投票率だ。選挙権年齢を引き下げたからといって投票率が向上する保証はどこにもない。鍵となるのは、いかに良質な「主権者教育」がなされるかである。

 一票を投じる主権者の一人として、国家レベル、社会・地域レベルの課題に対して、自ら考え、判断し、行動していくための教育である。しかし、現実にはことさら「政治的中立性」を強調するために、教育行政が現場の教員を萎縮させているのではないか。

 教育基本法には「良識ある公民として必要な政治的教養は、教育上尊重されなければならない」との定めがある。政治的教養は不可欠なのだ。安易な「模擬投票」程度では到底、その教養は深められない。国の最高法規である日本国憲法への理解を深めることや、その根本思想である立憲主義などについても取り上げられるべきだ。

 そうしないと、憲法改正や安全保障などの問題などに対して、適切な判断はできないだろう。もともと今回の改正は憲法改正の手続きを定めた国民投票法を踏まえている。

 特定の政党に肩入れする教育はもちろん排除せねばならないが、政治的教養をつけることは中核的なテーマであるはずだ。

 それに基づいて、各政党のマニフェストへの批判精神が生まれ、多様な考えも生まれよう。若者が希望の持てる政治をつくる。若い政治家を育てる。高い意識を持って政治に参加する-。そんな機運が高まることを期待する。 


最後まで読んでくださってありがとう
  クリックを

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  


コメント   この記事についてブログを書く
« 2015「議員と市民の勉強... | トップ | 元法制局長官ら「違憲」 安... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

花/美しいもの」カテゴリの最新記事