みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

いよいよライブ放送実施!【新春爆笑トーク】上野千鶴子vs澁谷知美「男(の子)に生きる道はあるか?」

2010-01-13 18:26:41 | ジェンダー/上野千鶴子
いよいよ、上野千鶴子さんと澁谷知美さんの
【新春爆笑トーク】「男(の子)に生きる道はあるか?」が開催されます。

この企画は、今年初の東大ジェンダーコロキアムで、
WANとの共催で、6時40分から実況ライブ放送がされます。
WAN(http://wan.or.jp/)のトップペーで見てくださいね。

新春爆笑トーク 上野千鶴子vs澁谷知美「男(の子)に生きる道はあるか?」

 WANが東大ジェンダーコロキアムと共催で送る新春特別企画!
実況ライブ放送も、初の試みです!!

新春爆笑トーク 上野千鶴子vs澁谷知美「男(の子)に生きる道はあるか?」

              
『男おひとりさま道』師範の上野千鶴子と『平成オトコ塾』塾長の澁谷知美がお送りする、
2010年最初のジェンダー殺シアム…じゃなかったジェンダーコロキアム!

【特別ライブ放送実施!】
WANトップページ(http://wan.or.jp/)で、ネット上の実況ライブ放送を実施します!
ご参加になれない方もどうぞリアルタイムでごらんください。


   日時:2010年1月13日(水)18:40-20:30
   場所:東京大学法文1号館315号室(本郷キャンパス)
        東大キャンパスマップ


【1】趣旨など
どうも、元上野ゼミ生の澁谷知美です。
「ジェンコロで『平成オトコ塾』やったら?」(注)と声をかけてくれた上野さんに
「『男おひとりさま道』と一緒にやらせていただけると嬉しいです!」とお願いしたのは私です。
すでに10万部発行の上野本と抱き合わせなら私の本も売れるかも、という目論見もありましたが(笑)
それ以上に、2冊の間に興味深い共通点があったからです。
・「女」の社会学者が男子に向けて書いた、広義の「生き方本」ということ。
・ひたすらデータと事例に基づいて論を展開していること。精神論とかいっさいナシ。
同じ時期に同じような性格の本が出たことには、それなりの必然性があると思われます。
男子をとりまく社会環境の変容ということです。
それはどんな変容なのか? これからの「男(の子)の生きる道」とは?
そんな所をまずは話し合ってみたいです。
いっぽう、両者には相違点もあります。
私から上野さんに「そこんとこ、どーなんすか?」と聞いてみたいこともあります。
上野さんからもしかり、でしょう。もちろん読者から著者へのツッコミもあると思います。
そんな感じで、参加者が入り交じりながら、ゆかいにトークできたらいいと思います。
基本、上野さんも澁谷も男子のことは好きなので、怖がらなくて大丈夫です(笑)。
嫌いだったら、こんな本、書きませんて!
(注)「ジェンコロ」は「東大ジェンダーコロキアム」の略称。
関係者の新刊が出ると「書評セッション」を開催しています。今回は2冊抱き合わせで。

【2】参考文献
上野千鶴子2009『男おひとりさま道』法研

澁谷知美2009『平成オトコ塾 悩める男子のための全6章』筑摩書房


【3】対談者プロフィール
澁谷知美:本人サイト
1972年大阪生まれの千葉県育ち。元上野ゼミ生。現在、東京経済大学
准教授。専門は社会学と教育社会学、テーマは男性の性の社会史。
東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。
単著に『日本の童貞』(文藝春秋)、共著に『女の子に贈るなりたい自分になれる本』(学陽書房)など。
現在の生き甲斐は東方神起とお笑い。

上野千鶴子:
最近は「みなさん、よくご存じの」と、誰からも紹介してもらえない上野です。
HPなし。ブログなし。
澁谷さんなみに書くと長くなるのでやめときます



応援クリック人気ブログランキングへ してね 
本文中の写真をクリックすると拡大します。

あさ目を覚ましたら大雪。

雪をかきわけて、岐阜から出てくるのが大変でした(笑)。


人気ブログランキングへクリックを
 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  

ジャンル:
作家
コメント   この記事についてブログを書く
« gooブログ/明朝13日(水)6:... | トップ | 1月13日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ジェンダー/上野千鶴子」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事