みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

黄花ホウチャクソウ・アマドコロ・ヒメイズイ/庭の山野草1

2007-05-06 20:27:31 | 花/美しいもの

今日は24節気の「立夏(りっか)」。
「夏の立つがゆへなり」
立夏は、春分と夏至の中間にあたり、
この日から立秋の前日までが夏となる。

一昨年植えた斑入りアマドコロが涼しげな白い花をつけている。
  
冬の間は影も形もないのだけど、みるみるうちに葉を伸ばし、
ちいさな白いつぼみがぶら下がってとてもかわいい。

地下茎が「野老(ところ。ヤマイモの一種)」に似て
かつ、野老は苦いのにこちらは甘いので「甘い野老」
から「甘野老(アマドコロ)」になったとのこと。

斑入りアマドコロ(ナルコラン) 


ナルコユリとそっくりで見分けがつかないのだけど、
茎が角張って、花を二個ずつつつけるのがアマドコロ。
懐中電灯をもって、茎が丸か角か確認してきた(笑)。


  

  

アマドコロのしたには、ヒメイズイ(姫委ずい)。
一回り小さいけど、よく似た白い花をつけている。

「委ずい」は甘野老(あまどころ)の漢名。
「姫」をつけて「小さな甘野老」の意味。
  



こちらは昨年植えた「黄花ホウチャクソウ」。
ホウチャクソウの仲間だけど、花が大きい。
 
うつむき加減に咲く花がすき。
  



黄花ホウチャクソウとアマドコロとヒメイズイ、
よく似た花のオンパレードです。


写真をクリックすると拡大。その右下のマークをクリックするとさらに拡大
最後まで読んでくださってありがとう
「一期一会」にクリックを 
 明日もまた見に来てね
 
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 金神社のナンジャモンジャ(... | トップ | イワウチワ・イカリソウ・春... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
茎の形。 (るな)
2007-05-06 23:26:52
●ふふ、わたしもアマドコロだったかナルコユリか、
自信がなくて、書いていた途中、庭に行って確認しました。茎が角ばっているかどうかと。
同じですね。
みどりさんのお庭、似たもの同士がたくさんあるんですね。
姫イズイ、可愛いですね。
TBありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

花/美しいもの」カテゴリの最新記事