みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

あこがれの花、ゲット!~ハコネウツギ、サラサウツギ、バイカウツギ・・・

2005-06-02 19:38:27 | 花/美しいもの
(写真をクリックすると拡大。その右下のマークをクリックするとさらに拡大)

きのう畑の作業を載せたので、今日は庭の花、
と思っていたら、ともちゃんに先を越された。
素材はおなじだもん仕方ないよね、と畑へ。
いまにも雨が降りだしそう(直射日光がよくないわたしには好都合)。
トウモロコシがやせているので、種かすの液肥をやった。

畑から毎日見えているお向かいの裏庭から枝垂れている、
赤と白の咲き分けのうつくしい花。
「あのきれいな花はなんだろう?」 思いは日に日に募る。
道まで行って何度も見たが、どんな花かよく見えない。
と、その時、Hさんが裏庭からこちらに歩いてくるではないか。
「毎年みてますが、きれいな花ですねえ!」と絶賛すると、
「どうぞ近くで見てください」と招いてくださった。
なんと挿し穂用にどこでも切ってもよいとおっしゃる。
「ヤッター!」 花の名は「木アジサイ」とのこと。
たしかに葉はアジサイに似ているが、花は似てない。
写真も撮らせてもらうように頼んだ。

さっさと畑仕事を済ませて、いそいそと家に戻り、
小雨が降りはじめたが、デジカメと花はさみを持参して、
イザあこがれの「木アジサイ」へ♪♪
 
南向きのいちばん元気な枝と、その下の枝を切らせてもらった。

育て方を調べようと、さっそく名前をIT検索したが、
「木アジサイ」ではどこにも見つからない。
やっぱり分厚い『園芸植物図鑑』(平凡社)の出番。
この植物図鑑は86年の発行、当時で定価3万円。
『牧野植物図鑑』が欲しかったのだが捜してもなかったので、
奮発して買ったもの。以来ずいぶんお世話になっている。

ウツギの仲間では?とあたりをつけて、名前が判明。
「ハコネウツギ」(スイカズラ科・タニウツギ属)
花は咲き分けではなく、さいしょは白い花色が濃い赤に変化していく。
挿し木で簡単に増えるし、けっこうはやく大きくなるらしい。
来年の6月が待ち遠しい。
  
園芸植物図鑑   ハコネウツギの挿し穂 → 挿し木したもの

あこがれの「ハコネウツギ」は、
名はウツギだが、厳密に言うと「ウツギ」ではないという。
一般的に「う~のはな~のにおう垣根に♪」と歌われる
「卯の花」(ウツギ)は、「ユキノシタ科・ウツギ属」の白花。
幹が中空だから「空木(うつぎ)」と呼ばれる。

ついでに、わが家の八重咲きのウツギは「サラサウツギ」と判明。
「ユキノシタ科・ウツギ属」の正真正銘のウツギだけど、
ひとつの花の表と裏が色ちがいで、珍重されるらしい。
どうりで、ウツギにしては、美しい花だと思っていた。
偶然だけど「サラサモクレン」のお隣さんで、
「ニシキモクレン」の陰に隠れて、下積み生活が長かった。
(全景は5/20「ユリノキものがたり」の最後の写真を見て!)
 
サラサウツギの花。下から見ると白、上からみると(つぼみも)薄紅色。

ついでに調べたら、「バイカウツキ」はユキノシタ科・バイカウツギ属。
葉の模様がきれいなフイリ(斑入り)ウツギも、盆栽や庭木に好まれる。
  
サラサウツギの木   バイカ(梅花)ウツギ   フイリ(斑入り)ウツギ
 

『人気ブログランキング』に参加中。
下の「人気ブログランキング」の文字をクリックしてください。
すると、あなたの1クリックが、このブログのポイントになります。
→『人気ブログランキング』



コメント (18)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ハーブと野菜の苗を定植しま... | トップ | 満開!サラサウツギ~おそば... »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんと (るな)
2005-06-02 20:52:19
垂涎ということばがありますが、まさにそれ。好きなものばかりズラリと並んでいて、もうたまりません。

卯の花の季節ですね。



場所とお日様がないと大きく伸びやかに育たないから、うちではムリだけど、せめて思い切り自由に乱れそだったこの木々を見てみたいと思います。



参考書も負けました。

うちのは植物の名前が漢字で載っているので誕生日に買ってもらった「四季花ごよみ」。これは12000円もした高い本だと思っていたんだけど‥。

ブログのおかげで出番が増えて喜んでいます。

おかげでウツギがふえました。 (みどり)
2005-06-03 08:40:41
るなさん

ウツギって、ほんときれいな花ばかりですね。

性質が強健で、半日蔭でもOK、花後に強せん定するのが基本、ということですから、比較的小さくても花が咲くと思います。バイカウツギは鉢でもよいかも。

でも、るなさんはのびのびと育てたいんですよね(笑)。

園芸植物図鑑の絵は写真じゃなくてスケッチなので、見てるだけで楽しい。ユリノキは、この本で見つけて欲しくなって探して入手したんです。

最新の一代交配の園芸種は載ってませんが、花木や樹木は詳しいですね。
http://blog.goo.ne.jp/sachi1941 (さちこ)
2005-06-03 10:43:38
木アジサイ(箱根ウツギ)ってホントに美しい姿、色の花ですね。

バイカウツギは友人が鉢で育てていて、茶花にいけていました。



1日の記事TBしました。人気ブログにくっつけば、「うどん粉病」の治療法(!)が入ってくるかと思って。
Unknown (akiiy)
2005-06-03 11:06:21
こんにちわ、始めまして、akiiyと申します。

早速のお邪魔です。

こちらも、満開のハコネウツギ!

お花っていいですよね。

私もお花に魅せられた一人です。

みどりさんのブログでは一つのことが、奥が深い、頭が下がります。

私はカメラもって、チャリンコ乗って、お花探しをしています。片っ端から撮っていくので名前のわからないお花が増えて行きます。(苦笑!

之からも、宜しくお願いします。



ブログ・・・一期一会。(時間がある時、よってください、私も訪問させてもらいますので!)

トラバ、コメントありがとうございます。
わぁ~い、やっぱりあったわ~ (サラサ)
2005-06-03 11:50:23
サラサウツギ、絶対にあると思ってたの。

ハコネウツギも好きですよ。

私の植栽計画にふたつともあるの

あ、牧野、ねぇ、夫の本棚にあったような気がする・・・
ふっふっふっ・・・ (サラサ)
2005-06-03 16:03:40
書き忘れてました・・・

かしわばあじさい、発見!

私ももってます~

やっぱり、好みが似てるようですね。
ウツギが一杯ね (みっちゃん)
2005-06-03 17:35:55
トラックバックをありがとう。

来て見たら、何となんと、ウツギが一杯ですね。

わが家には、ハコネウツギ、一重のバイカウツギ、ヒメウツギがあります。なんといってもハコネウツギが、花期が長いわね。

フラワーパークで、サラサウツギと普通のウツギを撮ってきました。サラサウツギは綺麗ですね。

柏葉紫陽花もありますよ。

最近、ヤマアジサイが気になって、ちょっと集めだしちゃったのよ。紅はもう咲いてます(赤くなってます)他に3種類あるけど、まだ苗を買ったばかりだから花は来年かな。
ウツギ大好き。 (みどり)
2005-06-03 18:37:24
さちこさん

TBありがとう。

コメントのネームが反転してませんよ(笑)。

「うどん粉病」の情報のある方は、TBの「夢空間」へアドバイスを。



Akiiyさん

さっそく尋ねてくださってありがとう。

あなたの写真もすてきですよ。

わたしはデジカメが安もんなので・・・・。

今後ともよろしく。



サラサさん

サラサウツギもあったよ、とお知らせしようと思っていたとこでした。

ほんとに好みにてますねえ。

似てるのは、花の好みだけかしら?

「牧野図鑑」もってるの?いいなあ。

わたし小さいころから、図鑑とか見るのシュミだったんですよ(孤独な少女で・笑)。



みっちゃん

見に来てくださって、ありがとう。

花の少ない6月に咲くウツギ。大好きです。

サラサウツギって知らずに育てていました。

となりにニシキモクレンの大木があるので、枝に隠れて、邪魔だからって、けっこうバザバサ刈ったりしてて。

こんなにきれいな花がびっしり咲いてるなんて。

ことしは、モクレンのほうの枝を整理しました。

ブログのおかげです。

カシワバアシサイは鉢で咲いてるのですが、どこに植えようかと考え中です。











Unknown (はたざくら)
2005-06-03 20:55:49
「はたざくら」へのご来訪&TB、ありがとうございました。

写真がたくさん、研究心も山盛りの素敵なブログですね。

これからも楽しみにさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
ハコネウツギ (テルテル)
2005-06-03 22:35:41
ハコネウツギ大好きな花です。この花は闇によく似合うって勝手に思っています。だって、闇の中、高いところからかすかににおうなんてぞくっとするほどいい感じですもん。木だから足元ではなく、頭の上というのが気にいっています。この間この花を季語に一句作りました。出来はあんまり良くなかったけど・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

花/美しいもの」カテゴリの最新記事