みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

梅酒いろいろ~ブランディ・ウオッカ・ウイスキー・泡盛/梅仕事

2007-06-18 11:54:07 | 梅仕事/手作りしょくひん
梅を収穫して3日目。
友人に差し上げたり、送ったりしたのですがまだ15キロほどあります。
そろそろ傷みが出始めて、放っておくこともできないので、
子どもたちに手伝ってもらって梅酒をつけることにしました。
まあ、消費する人たちが、好きな梅酒を作るのは、合理的。

収穫したときにざっと洗ったのだけど、
傷んだものを外しながら、梅を洗って水気を切っておく。

 

完熟して色んだ梅(右)と、青みが残っている梅(左)を大まかに分けた。
  

  

水切りをしている間に、容器の準備。
といっても、2年前の梅酒がまだ残っている。
重いので、まどくんに梅酒と実を分けてもらい、
梅酒はすぐに飲めるように、ウオッカのビンに小分けした。
  
まどくん曰く、
「こんなにウォッカの空びんがあるのはなぜだぁ?!」(笑)

それはさておき、
子どもたち(成人してます)と「アルコ」に
好みのリキュールの買い出しに行った。
ふつうのホワイトリカーの梅はたくさん残っているので、
かわった梅酒を仕込むに。
ちょっと奮発して、泡盛とウオッカとブランディとウイスキー。

準備万端ととのったところで、
3人でわいわい言いながら、タオルで梅の水気をとりながら、
一つ一つ竹串でヘタをとりプツプツと小さな穴をあけてきます。

  
  
おととしは甘みなしの梅酒が多かったのですが、
チョット甘みがあったほうがよいとの意見で、
甘みに氷砂糖を入れました。


ウオッカとブランディとウイスキーには氷砂糖を300グラムずつ。
泡盛(久米仙)には、渡嘉敷島の黒糖250グラム。
泡盛と黒糖って、沖縄同士で相性がよさそうなのですが、
さてどんなお味になるのやら。泡盛梅酒のできが最大の関心事。

ビンに梅とお砂糖をいれ、ドボドボとリキュールを注ぎます。
  

ウオッカ梅酒のできあがりです。

今まで作った梅酒では、
ウオッカ梅酒とブランディ梅酒が好評です。
今年のウオッカ梅酒は、まどくんが梅の香りを残したいと、
完熟梅ばかりを選んで入れた、こだわりの逸品。

3ヵ月後くらいから飲めますが、
お正月くらいからが味がなじんでおいしい。
どんな梅酒ができるのか、楽しみです。

つぎは、いよいよ梅干です。



梅干用の梅は、傷のない完熟したものを使います。
実ばなれをよくするために、
一晩水に漬けます。

つ・づ・く・・・

これから、県庁に住民監査請求を提出に行きます。


写真をクリックすると拡大。その右下のマークをクリックするとさらに拡大
最後まで読んでくださってありがとう
「一期一会」にクリックを 
 明日もまた見に来てね
 
コメント   この記事についてブログを書く
« 「選挙公営」ポスター代問題... | トップ | 完熟梅の梅干の作り方/梅仕... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

梅仕事/手作りしょくひん」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事