みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

真夏に咲く百日紅(サルスベリ)/最後の「白鹿の子百合」も。

2010-07-26 17:34:53 | 花/美しいもの
真夏の日差しが照りつける中、百日紅(さるすべり)が咲きはじめました。

他の植物は青息吐息で、花を咲かせるどころか生きているのがやっと。
花が少ない暑い夏のあいだ、元気に咲いてくれる百日紅を見ると、ほっとします。

ピンク
   

  

   

赤花
  

   

赤花に白いフリルの「夏祭り」
  

   


応援クリック人気ブログランキングへ してね 
本文中の写真をクリックすると拡大します。

ここ数日は、だいたい5時過ぎに起きて、8時頃まで草刈と水遣りをしています。

早朝の涼しいうちに、イチジクの木の周りの草刈をしました。
真ん中のいちばん大きな木は、極甘のバナーネ。
すぐ近くに「キング」「ゼブラ」「ホワイト種」も植えてあります。
  
草の中に隠れていた実がでてきました。
昨年、イチジクの実は動物に食べられてしまったのですが、
アライグマは捕獲したし、今年は何とかとれるといいな。

草刈が終わって水をやっていると、枝垂れ梅の下に、なにやら白いものが見えます。
百合のなかでもいちばん遅咲きの「白鹿の子百合」。
日本原産の純白の百合です。
     

  

 

そのお隣の源平枝垂れ桃の下には、 

  種なし金柑「チビマル」の花が咲いています。

ブログをアップして、、これから夕方の水遣りをします。

日中は暑くて外に出られないし、
なんか、朝晩の水遣りで、一日が過ぎていく気分。

はやく一雨、ふらないかなぁ・・・・


最後まで読んでくださってありがとう
人気ブログランキングへ クリックを

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
  

コメント   この記事についてブログを書く
« 7月25日(日)のつぶやき | トップ | 7月26日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

花/美しいもの」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事