みどりの一期一会

当事者の経験と情報を伝えあい、あらたなコミュニケーションツールとしての可能性を模索したい。

「市の名誉を傷つけた」宮古島で異例の事態 発端となったごみ問題とは…?/自衛隊基地強化の宮古島でスラップ訴訟

2019-09-10 21:29:45 | ほん/新聞/ニュース
毎日少しずつ食べるミックスナッツのビンに入れた
アーモンドが少なくなったので、
コストコで買ってきたアーモンドを開封。
大粒ですが、生のアーモンドなので、
ローストという一手間かけないと食べられません。

調べてみたら、オーブンで10分ほど加熱するとおいしく焙煎できそう。

オーブンシートに生アーモンドを並べて、
途中で混ぜるために、前後2回にわけて5分ずつ
ウオーターオーブンで焼きました。

香ばしい香りがして、市販の無塩ローストより甘みがあります。

お昼は、
玉ねぎ3個と鶏ミンチとミックスキノコに、
コストコのレトルトソースをあわせたすいすいパスタ。

コストコの贅沢焼売も。


今日も外は真夏の酷暑並みでしたが、
庭に咲く花は秋の風情です。
  
玄関横には風船カズラ。
  
前庭には、吾亦紅とホトトギスが咲き始めています。

胡蝶蘭は、3鉢の寄せ植えの一鉢が枯れてしまったので、
外の風に当てるために、モミジの下に出してやりました。

クリック してね 
人気ブログランキングへ

後半は、
住民訴訟に対する宮古島市の「スラップ訴訟」の続編です。

  「市の名誉を傷つけた」宮古島で異例の事態 発端となったごみ問題とは…?
2019年9月10日  沖縄タイムス 

 宮古島市の不法投棄ごみ撤去事業を巡って下地敏彦市長らに事業費約2250万円の返還を求めて提訴した市民6人に対し、市は名誉を毀損(きそん)されたとして1100万円の損害賠償を求めて民事訴訟を起こす議案書を市議会9月定例会に上程した。「市民団体の足を止めたいのが本音」「振り上げた拳を下ろせなくなっている」。異例の提訴方針には、下地市長を支持する側からも疑問視する声が上がっている。(宮古支局・知念豊、社会部・伊集竜太郎)

不法投棄ごみの撤去めぐり
 そもそもの発端は、市が2014年度に実施した不法投棄ごみの撤去事業だ。市は市内3カ所に1650トンのごみが残存しているとして、市内の業者と2251万8千円で撤去の契約を締結。業者は1090トンを回収したと報告し、市は契約金全額を支払った。

 だが、実際の回収量は報告した量の約12%、約134トンしかなかったことが後に発覚。業者は回収量を水増しし、担当職員も計量票を偽造していたことが判明した。

 問題発覚を受け、市民6人は16年1月、下地市長らに対して事業費の返還を求める住民訴訟に踏み切った。同年3月には、担当職員を公文書偽造などで刑事告発。原告男性は「行政の余りのずさんさに危機感を覚えた。市民が立ち上がらなければならなかった」と当時の心境を語る。

市長支持派からも疑問の声
 民事訴訟では市民側が敗訴した一方、刑事告発では担当職員が有罪になるなど、行政の責任が問われる結果が示された。市民らが今年7月に開いた報告会で、住民側代理人は「違法な行政は許さないという活動を続けてほしい。訴訟ではその基盤ができた」と振り返った。

 長濱政治副市長は4日の議案質疑の答弁で「市民らが報告会で市の行為を不正と主張したことが提訴の契機になった」と説明した。ただ、市長支持派からも「市政に批判的な市民の活動を止めたいというのが本音」との疑問が出ている。

 住民訴訟で住民側の代理人を務めた喜多自然弁護士は「住民訴訟の結果を市民に報告するのは当然」と強調。市の提訴方針について「住民運動を威嚇するための『スラップ訴訟』だ」と批判した。


  自衛隊基地強化の宮古島でスラップ訴訟
2019年09月02日 レイバーネット

 「宮古島市、市民を提訴」―沖縄タイムスの1面(8月29日付)の見出しが目を引きました。市が市民を訴えるとは!?
 記事の内容はこうです。宮古島市が行った不法投棄ゴミ撤去事業(2014年度)に不正があるとして、市民6人が提訴した(16年1月)。しかし、那覇地裁で敗訴(18年3月)し、最高裁も上告を棄却(今年4月)。この6人の市民に対し宮古島市が「虚偽の主張で市の名誉を毀損した」として1100万円の損害賠償を請求する訴えを起こす方針であることが分かった―。

 6人の市民の1人は、「高裁では行政のずさんさが指摘された。行政をただす意義のある裁判だった」「(市の)提訴は市民の萎縮につながりかねず、理解できない」と驚き怒り、訴訟で住民側代理人を務めた喜多自然弁護士は、「名誉毀損などあり得ない。市民の意見を封じるための訴訟としか思えず、通常では考えられない」と批判。横田達弁護士も「東村高江のヘリパッド建設を巡り国が住民を訴えた訴訟と同じ構図で、市政に反する市民を弾圧したい意図が見え隠れする」と批判しています(29日付沖縄タイムスより)。

 まったくその通りです。政治権力をもつ側が市民に高額の損害賠償を要求して提訴し、市民を恫喝し住民運動を抑止する典型的なスラップ訴訟です。

 重要なのは、これが一般的な住民運動の抑止ではなく、明確な意図をもったものだということです。それは宮古島で住民の反対を押し切って強行されている自衛隊増強・ミサイル基地化に対する住民の反対運動を抑えることです(写真は宮古島に配備された自衛隊<左>、宮古島の自衛隊基地<中>、沖縄防衛局に自衛隊配備反対を申し入れる住民<右=8月27日付琉球新報>)。

 宮古島における自衛隊基地増強は、一貫して住民をだまして強行されています。たとえば、沖縄防衛局は住民説明会では「弾薬庫は造らない、ミサイルは置かない」と言い続けてきましたが、東京新聞(4月1日付)が「保管庫、実は弾薬庫 宮古島民だまし討ち」と1面トップで暴露しました。弾薬庫には迫撃砲や中距離多目的誘導ミサイルの弾薬が保管されます。

 さらに、宮古島と与那国島に配備された陸上自衛隊に、スパイ組織である情報保全隊が配置されていたことが、小西誠氏(軍事評論家・元自衛官)の情報公開請求で明らかになりました。情報保全隊は2003~05年の自衛隊イラク派遣に際し、反対運動を行っていた団体・個人を監視していたことが問題になった前歴をもつ組織です。
 小西氏は、宮古、与那国に配置された情報保全隊も「住民を調査・監視し、島嶼戦争の対スパイ戦の任務に当たることが想定されている」(7月6日付琉球新報)と指摘しています。
 この情報保全隊の設置も、住民には秘密にされていました。それが小西氏によって暴露され、「防衛機密を盾にした自衛隊の隠蔽体質の一端が表出」(同琉球新報「解説」)しました。

 軍隊(自衛隊)は住民に真実を伝えない、住民に秘密にし住民をだますのが軍隊の本質です。実態を隠しながらミサイル基地化をすすめる。そのために住民監視を強め、反対運動を抑える。それがいま宮古島で進行している事態です。

 今回の宮古島市によるスラップ訴訟の動きは、この自衛隊と一体となり、市がその戦略・謀略に加担するものであり、絶対に容認することはできません。

 これはもちろん宮古島(沖縄)だけの問題ではありません。日米安保体制下での自衛隊と地方自治体の一体化の悪例であり、日本国民全体の重大な問題です。 


最後まで読んでくださってありがとう
人気ブログランキングへ
クリック してね
 

 記事は毎日アップしています。
明日もまた見に来てね
 
 

コメント