長尾景虎 上杉奇兵隊記「草莽崛起」<彼を知り己を知れば百戦して殆うからず>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』】第二十回『恋の片道切符』より

2019年05月27日 09時57分31秒 | 日記

















【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』】第二十回『恋の片道切符』より
2019年度5月26日日曜日放送分2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』
原作・脚本・作品・宮藤官九郎 音楽・大友良英 囃・語り・ビートたけし・森山未來(美濃部孝蔵・古今亭志ん生役)



2019年5月26日放送分第二十回『恋の片道切符』より。
嘉納治五郎(役所広司・演)の手紙によってマラソンがオピンピックに復活し、大正9年、金栗(池部)四三(中村勘九郎・演)は十種目競技に出場する野口源三郎(永山絢斗・演)ら15人と共にアントワープ(ベルギー)オリンピックへと旅立つ。
現地では、欧州でエリート銀行マンとして働く三島弥彦(生田斗真・演)が応援に駆けつけ、ストックホルムオリンピック以来の四三と弥彦の友情がさらに深まる。
ふたりは大会からの成長を実感する。
マラソンで欧州のランナー達と激闘を繰り広げる四三たち。
しかし、16位とまたも惨敗。帰国後、主将の野口が結果を発表するが、記者達が大反発して叱責をはじめる。「なんだよ!結果は惨敗か!」「馬鹿野郎!」
しかし、その場にいた四三の妻のスヤは声を荒げる。
「みなさんが一生懸命やられて結果が悪かったからとて、批難するとは何事ですか?!!四三さんは16位でもわたしには金メダルったい!一番たい!」
その頃、敗走した四三はドイツにいた。そこで欧州女性達の「女性アスリート」を見る。
「ばばっ!……これったい!おなごのスポーツったい!」
こうして四三は女學校でのスポーツを指導する立場になっていく。
確かに、今でも、凡人達はただ選手を批難する。「日の丸を背負っていて何事だ!」とか。
あまりにも狭量でしかないが、スポーツで「日の丸」など背負わなくていいのだ。選手は自分の実力で日本代表選手になった。日の丸のために……ではプレッシャーで失敗する。
自分のために頑張ればいい。日の丸など背負う必要など全然無い。そういう輩のほうが常識がない。そういうのをまさに「凡人」というのだ。

次回、第二十一回『櫻の園』(2019年6月2日日曜日放送予定)へ続く。

"Das Northern Territories Problem Missverstandene Geschichte

2019年05月26日 19時52分10秒 | 日記

















"Das Northern Territories Problem Missverstandene Geschichte führt zu Missverständnissen" Warum ist der Friedensvertrag nach der Rückkehr der vier Inseln das nationale Prinzip? "


Die Northern Territories sind die vier Inseln Kunashiri, Etorofu, Shikotan und Habomai, die sich alle im Nordosten von Hokkaido in der Nähe der Präfektur Chiba befinden. Japans einzigartiges Territorium. Gegenwärtig haben die ehemalige Sowjetunion und die gegenwärtige Russische Föderation eine wirksame Kontrolle. Es wurde jedoch historisch vereinbart, dass es das Gebiet Japans gemäß dem "Abschlussvertrag mit Japan und der kaiserlichen Regierung, Russland" von 1855 ist. Warum übernimmt Russland die Kontrolle über die nördlichen Gebiete? In der Geschichte Japans zerstörte die Mandschurei (Tohoku, China) einseitig das Versprechen des japanisch-sowjetischen Neutralitätsvertrags, der am 9. August 1945 im Jahr 1941 geschlossen wurde, und dann, selbst nach dem 15. August 1945, als Japan einmarschierte kapituliert, hat es nicht aufgehört, seine Aggression, und die Northern Territories wurden auch beraubt, was zu miserablen Situationen wie Schlachtung und sibirische Inhaftierung führte.
Aber in der Tat sind das Abschlachten und die Aggression der ehemaligen Sowjetunion und Russlands sowie die sibirische Inhaftierung miserable und höllische Ereignisse. Stalin in der UdSSR ist jedoch in die "Konferenz von Jalta" eingedrungen und verspricht "Ryota", "Northern Territories" und "Krill Islands" als "Gedenksieg" bei einem geheimen Gespräch mit US-Präsident Truman und dem britischen Premierminister Churchill. Es wurde getan. Tatsächlich hoffte Stalin in der UdSSR auch, "ich will die Hälfte des japanischen Hokkaido" und "die Hälfte der koreanischen Halbinsel und Deutschlands". Der US-Präsident lehnt jedoch ab: "Hokkaido ist nicht gut." So war Hokkaido nicht wie die koreanische Halbinsel und Ostwestdeutschland geteilt.
Warum ist "der Friedensvertrag nach der Rückkehr auf die vier Inseln eine staatliche Politik"? Dies ist in den USA einfach „Belästigung“. US - Außenminister Dulles, der befürchtet, dass die Sowjetunion und Japan wirtschaftlich miteinander verbunden werden, wird Japans Außenminister MAMORU SHIGEMITSU eindringlich auffordern, "(sowjetische Seite wird niemals trinken) Four Islands volle Rückkehr" unter Druck zu setzen
Ja, es ist weder eine nationale Politik noch ein wirklicher Japaner, noch ein japanisches nationales Interesse, eine Strategie oder eine diplomatische Taktik. In diesem Fall sollte Ministerpräsident Abe nach dem Friedensvertrag Maßnahmen gegen die "territorialen Streitigkeiten" des Putin (Rückkehr der Auslosung auf die vier Inseln und zwei Inseln) ergreifen. Dann wird das Territorium zurückgegeben, und es wird möglich sein, den "Abschluss des sibirischen Entwicklungsmonopols" von ungefähr 100 Billionen Yen für 50 Jahre abzuschließen. Sie sollten die Entwicklungskosten mit Öl usw. bezahlen. Das Fenster von Herrn Putin ist die "letzte Chance", und niemand sonst kann die Insel oder den Friedensvertrag zurückgeben.
Premierminister Abe, Außenminister Kono (KONO) und die Liberaldemokratische Partei können nur sagen, dass sie die gute Gelegenheit verpassen. "Entschlossenheit ist Krieg ohne Waffen." Wenn Sie diesen Krieg nicht führen können, beenden Sie alle Politiker!
 

"Le problème des territoires du Nord: une histoire mal comprise

2019年05月26日 19時50分14秒 | 日記















"Le problème des territoires du Nord: une histoire mal comprise cause une incompréhension" Pourquoi le traité de paix après le retour des quatre îles est-il le principe national? "


Les Territoires du Nord sont les quatre îles des îles Kunashiri, Etorofu, Shikotan et Habomai, toutes situées dans le nord-est de Hokkaido, à proximité de la préfecture de Chiba. Territoire unique du Japon. Actuellement, l'ex-Union soviétique et la Fédération de Russie actuelle exercent un contrôle effectif. Cependant, il a toujours été convenu que ce territoire appartenait au Japon en vertu du "Traité de conclusion conclu avec le Japon et le gouvernement impérial de 1855 en 1855". Pourquoi la Russie prend-elle le contrôle des territoires du nord? Dans l’histoire du Japon, la Mandchourie (Tohoku, Chine) où l’Union soviétique a unilatéralement détruit la promesse du Traité de neutralité nippo-soviétique conclu en 1941 le 9 août 1945 par le Département de l’invasion, puis même après le 15 août 1945 se sont rendus, il n'a pas mis fin à son agression et les Territoires du Nord ont également été privés de leurs droits, ce qui a entraîné des situations misérables telles que l'abattage et la détention en Sibérie.
Mais, en effet, le massacre et l'agression de l'ex-Union soviétique et de la Russie et la détention en Sibérie sont des événements misérables et infernaux. Cependant, Staline en URSS a envahi la "Conférence de Yalta" et a promis "Ryota", "Territoires du Nord" et "Iles Krill" en tant qu '"élément commémoratif de la victoire" lors d'un entretien secret avec le président américain Truman et le Premier ministre britannique Churchill. C'était en train de se faire. En fait, Staline en URSS espérait également: «Je veux la moitié du Hokkaido au Japon» et «la moitié de la péninsule coréenne et de l’Allemagne». Cependant, le président américain refuse, "Hokkaido n'est pas bon". Donc, Hokkaido n'était pas divisé comme la péninsule coréenne et l'Allemagne de l'Est.
Pourquoi "le traité de paix après le retour dans les quatre îles est-il une politique d'État"? C'est simplement du «harcèlement» aux États-Unis. Le secrétaire d'Etat américain Dulles, qui craint un rapprochement économique entre l'Union soviétique et le Japon, exhortera le ministre des Affaires étrangères du Japon, MAMORU SHIGEMITSU, à faire pression sur "le retour complet de Four Island à Four Island"
Oui, ce n'est ni une politique nationale ni un véritable Japonais, ni un intérêt, une stratégie ou une tactique diplomatique nationale du Japon. Si tel est le cas, le Premier ministre Abe devrait prendre des mesures contre les «conflits territoriaux de Poutine (le retour des quatre îles et le retour des deux îles») après le traité de paix. Ensuite, le territoire sera rendu et il sera possible de conclure la "Conclusion du monopole du développement de la Sibérie" d'environ 100 000 milliards de yen pendant 50 ans. Vous devez payer les coûts de développement avec le pétrole, etc. La fenêtre de M. Poutine est la "dernière chance" et personne d'autre ne peut rendre l'île ou le traité de paix.
Le Premier ministre Abe, le ministre des Affaires étrangères Kono (KONO) et le Parti démocrate libéral ne peuvent que dire qu'ils ratent l'occasion. "La détermination est une guerre sans armes." Si vous ne pouvez pas faire cette guerre, quittez les politiciens!

«Проблема северных территорий, неправильно понятая история,

2019年05月26日 19時45分26秒 | 日記


















«Проблема северных территорий, неправильно понятая история, вызывает недоразумение». Почему мирный договор после возвращения четырех островов является национальным принципом? "


Северные территории - это четыре острова - острова Кунасири, Эторофу, Шикотан и Хабомаи, которые расположены на северо-востоке Хоккайдо около префектуры Тиба. Уникальная территория Японии. В настоящее время бывший Советский Союз и нынешняя Российская Федерация имеют эффективный контроль. Однако исторически сложилось мнение, что это территория Японии в соответствии с 1855 г. «Заключение договора с Японией и имперским правительством России». Почему Россия захватывает северные территории? В истории Японии Маньчжурия (Тохоку, Китай), где Советский Союз в одностороннем порядке уничтожил обещание о японско-советском договоре о нейтралитете, заключенном 9 августа 1945 года министерством вторжения, затем даже после 15 августа 1945 года, когда Япония сдавшись, он не остановил свою агрессию, и северные территории были также лишены, что привело к таким ужасным ситуациям, как бойня и сибирское содержание под стражей.
Но, действительно, убийства и агрессия со стороны бывшего Советского Союза и России и задержание в Сибири - жалкие и адские события. Однако Сталин в СССР вторгся в «Ялтинскую конференцию» и обещает «Рёту», «Северные территории» и «Острова Криля» как «памятный предмет победы» в ходе тайного разговора с президентом США Трумэном и премьер-министром Великобритании Черчиллем. Это было сделано. На самом деле Сталин в СССР также надеялся: «Я хочу половину японского Хоккайдо» и «половину Корейского полуострова и Германии». Однако президент США отказывается: «Хоккайдо нехорошо». Таким образом, Хоккайдо не был разделен, как Корейский полуостров и Восток-Запад Германии.
Почему «мирный договор после возвращения на четыре острова является государственной политикой»? Это просто «преследование» в Соединенных Штатах. Госсекретарь США Даллес, который опасается, что Советский Союз и Япония будут экономически связаны, призовет министра иностранных дел Японии МАМОРУ СИГЕМИЦУ к давлению "(советская сторона никогда не пьет). Полное возвращение четырех островов" Давление на
Да, это ни национальная политика, ни настоящий японец, ни национальный интерес, стратегия или дипломатическая тактика Японии. Если это так, премьер-министр Абэ должен принять меры против путинских «территориальных споров (розыгрыш четырех островов и возвращение двух островов») после заключения мирного договора. Затем территория будет возвращена, и можно будет заключить «Заключение монополии на развитие Сибири» в размере около 100 трлн иен в течение 50 лет. Вы должны оплатить затраты на разработку с нефтью и так далее. Окно Путина - это «последний шанс», и никто другой не может вернуть остров или мирный договор.
Премьер-министр Абэ, министр иностранных дел Коно (КОНО) и Либерально-демократическая партия могут только сказать, что они упускают хорошую возможность. «Определение - это война без оружия». Если вы не можете сделать эту войну, оставьте политиков!

"The Northern Territories Problem Misunderstood history

2019年05月26日 19時29分17秒 | 日記


















"The Northern Territories Problem Misunderstood history causes misunderstanding" Why the Peace Treaty after the return of the four islands is the national principle? "


The Northern Territories are the four islands of Kunashiri, Etorofu, Shikotan, and Habomai Islands, which are all located in northeastern Hokkaido about Chiba Prefecture. Japan's unique territory. Currently, the former Soviet Union and the present Russian Federation have effective control. However, it has been historically agreed that it is the territory of Japan under the 1855 "Conclusion Treaty with Japan and the Imperial Government, Russia". Why is Russia taking control of the northern territories? In the history of Japan, Manchuria (Tohoku, China) where the Soviet Union unilaterally destroyed the promise of the Japan-Soviet Neutrality Treaty concluded in 1941 on August 9, 1945 Department of Invasion, then, even after August 15, 1945, when Japan surrendered, it did not stop its aggression, and the Northern Territories were also deprived, resulting in miserable situations such as slaughter and Siberian detention.
But, indeed, the slaughter and aggression by the former Soviet Union and Russia and the Siberian detention are miserable and hellish events. However, Stalin in the USSR has invaded the "Yalta Conference" and promises "Ryota", "Northern Territories", and "Krill Islands" as "a victory commemorative item" at a secret talk with US President Truman and British Prime Minister Churchill. It was being done. As a matter of fact, Stalin in the USSR also hoped, “I want half of Japan's Hokkaido” and “half of the Korean peninsula and Germany”. However, the US president refuses, "Hokkaido is not good." So Hokkaido was not divided like the Korean peninsula and East-West Germany.
Why is "the peace treaty after the return to the four islands a state policy"? This is simply “harassment” in the United States. US Secretary of State Dulles, who fears that the Soviet Union and Japan will be linked economically, will urge Japan's Foreign Minister MAMORU SHIGEMITSU to press "(Soviet side will never drink) Four Island's full return" Pressure on the
Yes, it is neither a national policy nor a real Japanese, nor a Japanese national interest, strategy or diplomatic tactic. If so, Prime Minister Abe should take measures against the Putin's “territorial disputes (the draw on the four islands and two islands return”) after the peace treaty. Then, the territory will be returned, and it will be possible to conclude the "Conclusion of the Siberian development monopoly" of around 100 trillion yen for 50 years. You should pay for development costs with oil and so on. Mr Putin's window is the "last chance", and no one else can return the island or the peace treaty.
Prime Minister Abe, Foreign Minister Kono (KONO), and the Liberal Democratic Party can only say that they miss the good opportunity. "Determination is war without arms." If you can not do that war, quit any politicians!
 

전후 보상 문제 "사과"와 "보상"문제Ⓒ(NAGAOKAGETORA上杉(長尾)景虎)

2019年05月23日 19時28分36秒 | 日記





















전후 보상 문제 "사과"와 "보상"문제

일본, 중국, 한국 등이있다. 반면에 정치적으로 차가운 관계가 계속됩니다. 전쟁 보상 문제가 시작되었습니다.
최근 "모집 노동"과 "위안부 (위안부) 문제"인 "전후 보상"에 관해서는 전쟁으로 찢어진 국가와 일본간에 국제 문제가되었다. 확실히 사과 문제는 "심장 문제"이며 "사과"를 한 측과 "보상을 요구하는 측"이 자연 심리학이다.
그러나 나는 또한 "일본은 침략 전쟁의 희생자들에게 사과해야하고 배상금을 지불해야한다"는 말을 오래 전부터 가지고있다. 그러나 1972 년 일본과 중국이 관계를 정상화 시켰을 때, 전쟁 보상 문제는 일찍 제기되었다. 그 후 1978 년에 "일중 평화와 우호 조약"이 체결되었습니다. 이 시점에서 중국은 일본이 전후 보상을 요구하지 않을 것이라고 동의했다. 중국이 중화 민국 (현재는 대만의 중국 민족당)과 평화 조약 (일중 조약)을 체결했을 때 중국은 일본에 대한 전쟁 배상금을 포기했기 때문이다. 다시 말해, 공산당 정부가되기 전에 중국을 통치 한 중 국의 중국은 장개석 씨가 전쟁 배상을 포기하는 수준에 이르렀다. 결과적으로 내전에서 승리 한 중국 중화 인민 공화국은 당이 "전쟁에 대한 보상을 요구하지 않기"때문에 현재의 중국을 주장 할 수 없다는 배경을 가지고있다. 중국으로부터 "보상을 요구하지 않을 것"이라는 일본의 말을 듣고 나는 죄를 보상해야한다고 생각했다. 따라서 1978 년부터 정부 개발 원조 (ODA)의 형태로 일본은 1978 년부터 2018 년까지 40 년간 중국에 3,650 억 엔의 무상 원조를 중국에 넘겨 주었다. 이것은 동일하다. 일본으로부터의 전후 보상으로. 그러나 중국은 보상을 요구하지 않기 때문에 보상을 제공하지는 않지만 대신 보조금을 지급했다는 느낌이 든다. 한편 중국 청년들은 "일본은 전쟁에 책임이있다"며 사과했다. 상황을 모르는 중국 청년은 반일 활동에 들어갔다.
나는 이것이 역사를 알지 못하는 교훈이라고 생각한다. 일본은 전후 보상 형태로 3,650 억엔을 ODA에 지불했지만, "일본은 사과한다! 보상을 지불하라"는 말을 모른다는 중국 청년. 입니다. 다시 말해, 일본의 전후 보상이 제기된다면, 중국 정부가 지불 한 3,650 억 엔 중 중국 정부에 지불 한 ODA의 보상금 만 중국 정부가 지불해야한다는 것입니다.
그러나 중국은 "전략적 호혜성"과 관련이있다. 친절한 관계와 중요한 파트너라고해도 과언이 아닙니다. 그러나 전략적 호혜성 측면에서도 중요한 점은 "나는 당신을 싫어하지만 중요한 비즈니스 관계이기 때문에 잘 지내려고 노력할 것"이라고 강조했다.
또한 센카쿠 문제로 인해 중일 관계가 쇠퇴 해졌음에도 불구하고 지금은 차분하다고합니다.
또한 한일 관계가 그리 좋지 않습니다. "전쟁 보상"문제. "모집 문제" "위안부 (위안부) 문제". 중국의 젊은이들뿐만 아니라이 점에있어서 한국의 젊은이들은 "일본은 사과해야한다! 보상을 지불해야한다!"고 주장한다.
즉, 반일 활동.
그러나 일본과 한국은 1965 년 6 월에 "일한 기본 조약"에 서명했다. 동시에 "일한 청구권 및 경제 협력 협정"과 "한. 일 한국 정규화 협정"에 서명했다. 이것은 일본이 한국에 경제적 지원을 제공함으로써 "양국간에 청구권 문제가 해결 되었음"을 확인한 것입니다.
중 개인 또는 정부 차원 ","한국이 주장하지 않는다 "전후 보상으로 (일본은 보상하지 않지만, 1965 년 무료 급여의 형태로 (동시에) $ (300) 만 달러 또한, $ 2 억 제공 한국 정부와 한국 기업에 3 억달러의 자금을 지원했다.
이 자금으로 한국은 "한강의 기적"이라고 알려진 경제 발전을 이루었습니다. 그러나 그런 것들을 모르는 젊은 한국인들은 "일본은 사과해야한다! 보수를 지불해야한다!" 그리고 매번 골 포스트를 옮겼습니다.
정치적으로, 1965 년 "협정"에서 일본은 "주장 할 권리의 문제를 완전하고 돌이킬 수 없게 해결했다"는 입장에있다.
그러나 한국 정부는 한국 정부가 일본 정부가 1 법안을 제출 한 '정착 및 치료 재단'을 통합하도록 강요했다.

战后赔偿问题“道歉”和“赔偿”问题Ⓒ(NAGAOKAGETORA上杉(長尾)景虎)

2019年05月23日 19時26分02秒 | 日記




















战后赔偿问题“道歉”和“赔偿”问题

日本,中国和韩国,它们建立了长期的经济联系。另一方面,政治冷漠的关系仍在继续。战争补偿问题已经开始。
最近,关于“战后补偿”,即“招募工作问题”和“安慰女性(慰安妇)”,它已成为饱受战争蹂躏的国家与日本之间的国际问题。当然,道歉的问题是“一个心脏问题”,踩到“道歉”的一方和踩到的一方“要求赔偿”是一种自然的心理。
但是,我早就听说“日本应该向侵略战争的受害者道歉并支付赔偿金”。但是,当日本和中国在1972年实现关系正常化时,战争补偿问题提前提出。 1978年,签署了“日中和平友好条约”。此时,中国同意日本不会要求任何战后赔偿。这是因为,当日本与中华民国(中国国民党,现为台湾)签署“和平条约(日中条约)”时,中华民国放弃了对日本的战争赔偿。换句话说,在成为共产党政府之前统治中国的中国共和国,已经超过蒋介石先生放弃战争赔偿。结果,中国共产党,中华人民共和国在内战中获胜,其背景是当事方不能要求现在的中国,因为该党“不要求赔偿战争”。正如日本从中国被告知“我不会要求赔偿”,我认为我必须以某种形式弥补我的罪。因此,自1978年以来,日本以官方发展援助(政府发展援助)的形式,在1978年至2018年的40年间,以自由工资的形式向中国移交了总计3650亿日元的收益。这是相同的作为日本的战后赔偿。但是,日本没有提供赔偿,因为中国不需要赔偿,但有一种感觉,它已经通过了补助金。另一方面,中国青年说:“日本对战争负责。道歉!”一位不了解情况的中国年轻人开始参加抗日活动。
我认为这是一个不了解历史的教训。日本已经以战后赔偿的形式支付了3650亿日元用于官方发展援助,但是一个中国年轻人不知道怎么说“日本道歉!赔偿!”是。换句话说,如果要提高日本的战后赔偿,中国政府只需支付中国政府支付的3650亿日元官方发展援助的赔偿金。
但是,中国与“战略互惠”有关。可以毫不夸张地说,这是一种友好关系,也是一个重要的合作伙伴。然而,即使在战略互惠方面,重点是它说:“我讨厌你,但因为这是一个重要的商业关系,我会努力相处融洽。”
此外,尽管由于尖阁问题日中关系变得冷淡,但可以说它现在已经平静。
此外,日韩关系表现不佳。 “战争赔偿”问题。 “招聘问题”“慰安妇(慰安妇)问题”。在这方面以及中国的年轻人,韩国的年轻人坚持认为“日本应该道歉!赔偿!”
换句话说,抗日活动。
但是,日本和韩国于1965年6月签署了“日韩基本条约”。与此同时,我们签署了“日韩主张与经济合作协定”和“日韩韩国正常化协定”。这就是日本通过向韩国提供经济支持,证实“两国之间的索赔权问题得到了解决”。
由于“韩国没有声称”战后赔偿“无论是个人还是政府,日本都不予以赔偿,但是以1965年的免费工资形式,3亿美元(同时)另外,它提供了2亿美元(当时以低利率贷款形式向韩国政府提供780亿日元。此外,日本私营公司向韩国政府和韩国公司提供了3亿美元的资金。
有了这笔资金,韩国实现了经济发展,也被称为“汉江奇迹”。然而,不知道这些事情的年轻韩国人一次又一次地回来说,“日本应该道歉!赔偿!”并且每次都移动了球门柱。
在政治上,在1965年的“协议”中,日本处于“完全和不可逆转地解决索赔权问题”的立场。
然而,韩国总统办公室强迫韩国政府“巩固和解与治疗基金会”,日本政府提出1项法案

Post-war compensation issue “Apology” and “Reparations” issuesⒸ(NAGAOKAGETORA)

2019年05月23日 19時22分47秒 | 日記

















Post-war compensation issue “Apology” and “Reparations” issues

Japan, China, and Korea, which have long-established economic ties. On the other hand, politically cold relations continue. The issue of war compensation has started.
Recently, with regard to “post-war compensation”, which is “the issue of recruitment work” and “comfort women (comfort women)”, it has become an international issue between war-torn countries and Japan. Certainly, the issue of apology is "a heart problem", and it is a natural psychology that the side who stepped on "apology" and the side who stepped on "require for compensation".
However, I also have long since I heard that "Japan should apologize to the victims of the war of aggression and pay reparations." However, when Japan and China normalized their relations in 1972, the issue of war compensation was raised early. Then, in 1978, the "Japan-China Peace and Friendship Treaty" was signed. At this time, China agreed that Japan would not claim any postwar compensation. This is because, when Japan signed a "peace treaty (the Japan-China Treaty)" with the Republic of China (Chinese Nationalist Party, now Taiwan), the Republic of China abandoned war reparations against Japan. In other words, China's Republic of China, which ruled China before becoming the Communist Party government, has topped Mr. Chiang Kai-shek giving up war reparations. As a result, the Chinese Communist Party of China, the People's Republic of China, who won in the civil war, has a background that the parties can not claim the present China because the party "does not claim compensation for war". As Japan was told from China that "I will not claim compensation," I thought that I would have to compensate for my sin in some form instead. Therefore, in the form of ODA (Government Development Assistance) since 1978, Japan has handed over China a total of 3,650 billion yen in proceeds in the form of free salary to China in the 40 years from 1978 to 2018. The This is the same as post-war compensation from Japan. However, Japan does not provide compensation because China does not have to make compensation, but there is a feeling that it has passed grants instead. On the other hand, Chinese youth said, "Japan takes responsibility for war. Apologize! ”, A Chinese young man who does not know the circumstances has begun to live in anti-Japanese activities.
I think this is a lesson for not knowing the history. Japan has paid 3,650 billion yen for ODA in the form of post-war compensation, but a Chinese young man who does not know how it is saying "Japan apologizes! Pay compensation!" is. In other words, if Japan's post-war compensation is to be raised, it is only a matter for Chinese government to pay the compensation out of the 3,650 billion yen of ODA paid to the Chinese government.
However, China is connected with “strategic reciprocity”. It is no exaggeration to say that it is a friendly relationship and an important partner. However, even in terms of strategic reciprocity, the point is that it says, "I hate you, but because it is an important business relationship, I will try to get along well."
In addition, although the Japan-China relationship has become cold due to the Senkaku issue, it can be said that it is now calm.
In addition, Japan-Korea relations are not doing very well. The issue of "war compensation". "Recruitment issues" "Comfort women (comfort women) issues". In this respect as well as young people in China, young people in South Korea insist that "Japan should apologize! Pay compensation!"
In other words, anti-Japanese activities.
However, Japan and Korea signed the “Japan-Korea Basic Treaty” in June 1965. At the same time, we have signed the “Japan-Korea Claim Right and Economic Cooperation Agreement” and the “Japan-Korea Korea Normalization Agreement”. This is that Japan confirmed that "the problem of the right of claim was solved between the two countries" by giving economic support to Korea.
As "Korea does not claim" postwar compensation "either personally or governmentally, Japan does not compensate for it, but in the form of free salaries in 1965, $ 300 million (at the same time) In addition, it provided $ 200 million (¥ 78 billion at that time) to the Korean government in the form of low interest rate lending. In addition, Japanese private companies provided $ 300 million in funding to the Korean government and Korean companies.
With this funding, Korea has achieved economic development, also known as “Hangang's Miracle”. However, young Koreans who do not know such things have steamed back again and again, saying, "Japan should apologize! Pay reparations!" And have moved the goal post each time.
Politically, in the 1965 "Agreement", Japan is in a position of "completely and irrevocably solved the problem of the right to claim".
However, the Korean presidential office forced the Korean government to "consolidate the Settlement and Healing Foundation," which the Japanese government contributed 1 billion yen based on the Comfort Women's Foundation (Japan-Korea Comfort Women's Agreement at the end of 2015, I've done the dissolution of This was agreed at the Japan-Korea Summit, and already contributed 1 billion yen in terms of compensation and apology for comfort women (in Korea). However, it is also that Korea moved the goal post unilaterally.
Also, among the Korean people, "claims" and "reparations" have been steamed back over and over again, but among the $ 500 million that the Japanese government handed over to the Korean government, the Korean government I think it's just a matter of paying for $ 500 million in compensation on behalf of the Japanese government. In addition, there is a conflict over Takeshima (Korean name, Doct) territory. But this is a matter of country and country. However, internationally, Takeshima is "Korea has the effective control", so whatever you say from the outfield is the same as "the lost dog's howl". Also, it is a difficult "comfort women problem", but certainly, comfort women as sex services have existed. However, Japanese soldiers at that time, such as "Nazi Jewish hunting", called "comfort women," are often referred to in the town by truck many times, stuffing beauty and young women in the truck, they are called "comfort women". There is no such thing as having made it a "sex slave".
If you did such a thing, there is no "document of evidence". Of course, there is an allegory against all burning, but it seems that it is strange that "materials" such as "Nazi Jewish persecution" but "materials as comfort women" is zero. .
Certainly, it is natural to apologize properly and pay reparations if it is truly a comfort woman / community comfort woman problem that has happened. But this is also a difficult problem. Certainly there were comfort women as sex services, but "comfort women" in the form of "forced enthusiasm" might not have low credibility? When. In addition, it is Japan's recognition that this problem is "solved by the Japan-Korea Basic Treaty etc." In Korea, on the other hand, calls for apologies and reparations from the Japanese government have come up again and again.
The agreement on comfort women was made in 2015, and it was decided to establish a foundation for comfort women support. However, by 2018, the Korean side has stated that the problem in 2015 is not a true solution, and the problem continues to smolder. In addition, the “abduction issue” is a major issue in North Korea. Of course, North Korea's “nuclear missile issue”, “military dictatorship”, etc. is also a problem, but first of all the solution to the problem of “abduction issue” where Japanese were damaged by “people” was the first I will. Forty years ago, Megumi Yokota, a girl from junior high school, who was abducted in Niigata Prefecture, was also a miserable, symbolic incident.
There is no doubt that this abduction problem solution is also a very important issue for the Japanese government.
 

【戦後賠償問題】Ⓒ上杉(長尾)景虎「謝罪」と「賠償金」の問題

2019年05月23日 19時18分52秒 | 日記




















戦後賠償問題 「謝罪」と「賠償金」の問題

古くから経済的にも深いつながりのある日本と中国、そして、韓国。その一方で、政治的には冷めた関係が続いています。戦争賠償金の問題が発端となっています。
最近「徴用工問題」、「慰安婦(従軍慰安婦)」である「戦後賠償」に関して、戦争被害国と日本との間で、国際的な問題となっている。確かに謝罪の問題は「心の問題」で、足を踏んだ側が「謝罪」をし、足を踏まれた側が「賠償を求める」のは当然の心理である。
しかし、たしかに私も、昔、「日本は侵略戦争を起した被害国に謝罪をし、賠償金を払うべきだ」と煽ったのは反省をしています。しかし、1972年、日本と中国が国交正常化したとき、戦争賠償金の問題が早期提起された。その後、1978年になって「日中平和友好条約」が結ばれました。このとき、中国は日本に対して「戦後の賠償金を請求しない」ということで合意しました。なぜなら日本が中華民国(中国国民党・現在の台湾)と「平和条約(日華条約)」を結んだとき、中華民国が、日本に対する戦争賠償金を放棄したからです。つまり、中国共産党政権になる前の、中国を支配していた中国国民党の中華民国が、そのトップの蒋介石氏が、戦争賠償金を放棄したからです。これによって国共内戦で勝利した中国共産党の中華人民共和国が、その当時、当事者が「賠償を戦争賠償金を請求しない」といったので現在の中国が請求するわけにはいかなくなったという背景があります。日本としては、中国から、「賠償金を請求しない」と言われたから、その代わりとして何らかの形で罪を償わなければならないと思いました。そこで、日本は 1978年から ODA(政府開発援助)という形で、 1978年から 2018年までの40年間で、中国に無償給与という形でODA総額 3兆6500億円ものカネを、中国に渡しました。これが、日本からの戦後賠償金と同じことになります。しかし、日本としては中国が賠償しなくていいといったから賠償はしていないが、代わりに援助金を渡してきたという思いがあり、一方で、中国の若者は「日本は戦争の責任を取っていない!賠償金を払え!謝罪しろ!」という、経緯を知らない中国人の若者が、反日活動にいそしむようになりました 。
これは、歴史を知らないことへの教訓なんだと思います。日本としては、戦後賠償という形でODAを3兆6500億円も払ってきたわけですが、その経緯を知らない中国の若者が、「日本は謝罪しろ!賠償金を払え!」と言っているわけです。つまり、日本の戦後賠償ということを提起するならば、賠償金は、中国政府に払った ODA 3兆6500億円の中から、中国政府府が肩代わりとして払えばいいだけの話なんです。
しかし、中国とは「戦略的互恵関係」で繋がっています。友好関係であり大事なパートナーといっても過言ではありません。ただし戦略的互恵関係といっても、要は、「嫌いだけれども、ビジネスで重要な関係にあるから、仲良くやっていこう」と云うような話しです。
また、尖閣問題で日中関係が冷ややかになったこともありましたが、今は落ち着いていると言いえます。
また、日韓関係もあまりうまくいっていません。「戦後賠償」の問題。「徴用工問題」「慰安婦(従軍慰安婦)問題」。これに関しても、中国の若い人たちと同じように、韓国の若い人たちも「日本は謝罪をしろ!賠償金を払え!」というふうに主張しています。
つまり反日活動です。
しかし、日本と韓国は 1965年六月に「日韓基本条約」を締結。同時に「日韓請求権並びに経済協力協定」そして「日韓国交正常化協定」を結んでいます。これは、日本が韓国に経済援助することで、「両国間では請求権の問題が解決された」ことを確認したというものです。
「韓国が「戦後賠償」を個人的にも政府的にも請求しない」ということに伴って、日本は賠償しない代わりに 1965年にまず無償給与という形で 3億ドル(1080億円・当時)と、低金利での貸し出しという形で 2億ドル(780億円・当時)を韓国政府に供給しました。また、日本の民間企業が、韓国政府・韓国企業に 3億ドルの資金融通もしました。
この資金援助によって韓国は『ハンガン(漢江)の奇蹟』ともよばれる経済発展を遂げたのです。しかし、そうしたことを知らない韓国の若い人たちは「日本は謝罪をしろ!賠償金を払え!」と、何度も何度も蒸し返し、ゴールポストをそのたびに移動してきたのです。
政治的には、1965年の「協定」において、日本は「完全かつ不可逆的に請求権問題を解決した」という立場です。
だが、韓国大統領府は強引に『慰安婦財団(2015年末の日韓慰安婦合意に基づいて、日本政府が10億円を拠出し、韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」を解散するというのだ)』の解散を実行してしまいました。これは日韓首脳会談で合意して、(韓国国内の)慰安婦への賠償と謝罪という意味ですでに10億円も拠出していました。だが、また韓国が一方的にゴールポストを動かした、という事です。
また、韓国国民内でも、「請求権問題」「賠償金問題」というものが何度も何度も蒸し返されていますが、日本政府が韓国政府に渡した5億ドルのうちから、韓国政府が日本政府に代わって賠償金を 5億ドル渡したうちの中から、肩代わりして払えばいいだけの話しだと思います。また、竹島(韓国名・ドクト)領有権をめぐって対立しています。が、これは国と国との問題です。しかし、国際的には竹島は「韓国が実効支配」をしているのですから、外野から何を言っても「負け犬の遠吠え」と同じことです。また難しい「慰安婦問題」ですが、確かに、風俗業としての慰安婦、というのは存在したのでしょう。しかし従軍慰安婦と呼ばれる、まるで「ナチスのユダヤ人狩り」のような、当時の日本軍人が、トラックで街に何度も繰り出して、美女や若い女性をトラックに詰め込み「従軍慰安婦」と呼ばれる「性奴隷」にした、というような事実はありません。
もし、そのようなことを行ったのであれば「証拠の資料」があるわけで。もちろん、すべて焼き払った、みたいな反論もあるでしょうが、「ナチスのユダヤ人迫害」のような「資料」が、「従軍慰安婦としての資料」がゼロであることは、おかしいとしか思えません。
確かに慰安婦・従軍慰安婦問題が本当におこったことであるならば、きちんと謝罪をし、賠償金を払うのは当然です。が、これもまた難しい問題です。確かに風俗業としての慰安婦は存在しましたが、「強制連行」という形の「従軍慰安婦」は信ぴょう性が低いのではないか?と。またこの問題について「日韓基本条約などで解決」というのが日本の認識です。一方、韓国では、日本政府に謝罪と賠償を求める声が何度も何度も上がっています。
2015年「慰安婦問題に関する合意」がなされ、慰安婦支援の財団を設立することが決まりました。しかし、2018年になって韓国側が「2015年の合意は、真の解決にはならない」と表明するなど、問題はくすぶり続けているというわけです。また、北朝鮮の問題では「拉致問題」というのも大きな問題です。もちろん、北朝鮮の「核ミサイルの問題」「軍事独裁」そういったものも問題なのですが、日本人が「人さらい」にあって被害を受けた「拉致問題」というものの問題解決が、まず第一でしょう。今から40年前、中学生の少女であった横田めぐみさんが、新潟県で拉致された事件なども、悲惨な、シンボリックな事件でありました。
この拉致問題解決も、日本政府にとって非常に重要な問題であることは間違いありません。

【麻薬事件逮捕】歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を自宅で大麻所持容疑で逮捕

2019年05月23日 07時15分11秒 | 日記




















歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を自宅で大麻所持容疑で逮捕








2019/05/22 16:45
 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は22日、アイドルグループ「KAT―TUN(カトゥーン)」の元メンバーで歌手の田口淳之介容疑者(33)と女優の小嶺麗奈容疑者(38)を大麻取締法違反容疑(所持)で現行犯逮捕した。同部は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は22日、東京都世田谷区の2人の自宅で乾燥大麻数グラムを所持したとしている。2人は同居していたとみられる。同部は乾燥大麻と、大麻を巻く紙や吸引用の器具を押収した。

 田口容疑者は1999年から大手芸能事務所「ジャニーズ」に所属。2001年からカトゥーンのメンバーとして活動し、06年にCDデビューした。16年にカトゥーンを脱退し、ジャニーズ事務所も退社した。その後はソロで活動していたが、昨年、大手レコード会社との契約が終了。所属事務所の公式ホームページによると、今夏には新作のアルバム発売とライブツアーを予定していたという。

 またABCラジオ(大阪市福島区)は22日、6月1日に予定していた田口容疑者の出演番組「田口淳之介の電波工作~電フェス!!~」(午後9時半)を休止すると発表した。

 小嶺容疑者は「3年B組金八先生」などテレビドラマや映画で活躍。98年度に制作された公共広告機構(現ACジャパン)の覚醒剤撲滅キャンペーンのCMにも起用された。
次は歌手のNTか?元・アイドルのAJかKMか?AJ・KMは大麻じゃなくて覚醒剤、コカイン・LSDだからなあ。あのスポーツ選手や俳優もか?芋づる式にマトリには頑張って欲しい。
麻薬は犯罪だ。ツイッターでは馬鹿が「たかが大麻だろう?世界では合法化の流れだぜ」という。本当に馬鹿野郎というか。世界では覚醒剤や麻薬患者が大量に出ているから『合法化』してるだけだろう、馬鹿!いわば苦肉の策。フィリピンの大統領は死刑にしてるだろ!
麻薬の怖さ、中毒性の怖さもしらない馬鹿が!!黙れ、馬鹿野郎!
麻薬は犯罪!どんどん逮捕して撲滅しろ!!!!ガンバレ、マトリ!!!そして麻薬中毒者の社会復帰へ。人を憎まず、罪だけを憎め。


相談窓口

全国精神保健福祉センター一覧

http://www.zmhwc.jp/centerlist.html

薬物依存症リハビリ施設「日本ダルク」

http://darc-ic.com/darc-list/

NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会

http://www.yakkaren.com/

【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』】第十九回『箱根駅伝』より

2019年05月20日 09時25分47秒 | 日記






























【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』】第十九回『箱根駅伝』
2019年5月19日日曜日放送NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第十九回『箱根駅伝』より。
原作・脚本・作品・宮藤官九郎 音楽・大友良英 噺・語り・ビートたけし・森山未來(美濃部孝蔵・古今亭志ん生・役)


2019年5月19日日曜日第十九回『箱根駅伝』より。
フランスのクーベルタン男爵から嘉納治五郎(役所広司・演)に届いた手紙には、ストックホルムオリンピックから8年ぶりにアントワープ(ベルギー)オリンピックが開催されているというニュースが書かれていた。
新しい『箱根駅伝』構想に力を注ぐ金栗四三(中村勘九郎・演)だったが、やはり、オリンピック開催こそが待ちわびたもの。
遠い熊本で子育てに励むスヤ(綾瀬はるか・演)を訪ね、次こそ金メダルをとって引退し、家族と暮らす約束をする。
しかし、実は、前回死人を出したマラソンは正式種目に選ばれていなかった。
『箱根駅伝』がオリンピックの事前選考を兼ねて開催され、大盛り上がりを見せる中、治五郎はクーベルタンにマラソンの種目復活を訴える。
  それにしても『箱根駅伝落語(史実)』での森山未來さんのひとり二役が凄かった。
さすがは天才俳優さん!古今亭志ん生役(若き美濃部孝蔵・三遊亭朝太)から志ん生の息子・金原亭馬生役(美濃部清役・志ん生の妻役の池波志乃のほんとうのお父さん。演じているのはつまりほんとうのおばあちゃん)と、古今亭朝太役(美濃部強次・のちの古今亭志ん朝)!!
凄すぎる!!あと、五りんのモデルもいるが、神木隆之介の役の五りんはみなさんは父親が金栗四三かと思っているかも知れないが違う。多分、野口源三郎か清さん。か、その孫。四三の孫かも知れない(笑)五りんの出自も「伏線」。最終回でわかる筈。
それにしても、ビートたけし、つまんない芸人さんになったなあ。絶頂期を知っているだけに残念な気持ちになる。映画監督としては凄いし天才だが。ギャラだけは高くて(一回一億円くらいする)演技や存在感はほんとうに残念だなあ、と。ただのおじいちゃんになっちゃった。あの頃は面白かったのに。落語家じゃないけど「フラがあった」若い頃は……。
また、NHKスペシャル『いじめ探偵』を観た。いじめは憎むべきガキによる犯罪だが、本当にあんなに学校側は隠蔽するんだなあ、と。わたしも学生時代とかいじめられたが、いじめっこなど悪口や暴力行為をしても覚えてないし、反省も謝罪もしない。いじめられて自殺する子供がいるが、お勧めできない。いじめを苦に自殺したらいじめっ子が「あいつ死んだーつ!やったー!」と万々歳するだけだ。いじめられても死なないで生きる道を謀ることだ。
自殺する勇気があるなら学校なんか休んだっていいから、社会的に成功して、いじめっ子たちを歯ぎしりするほど悔しがらせてやれ!それが復讐だ。
どっかの馬鹿が(多分、松永)「自殺した子を褒めたい。最期に自殺を選択したのだから」とか、アホがくだらないコメントを送ってきた。本当に「バーカ」というか(笑)
死んで褒めたって何も解決しない。自殺は負けだ、というのに褒めてどうするんだ?馬鹿!
死んだらおわりだ。わたしがいじめを苦に自殺したらもうおわっていた。
仙台幸町中学校の元・生徒たちや、中学生時代・専門学生時代、社会人の会社員時代……死んでたらそれでおわりだった。それが松永にはわかっていない。
相も変わらずネットで『低学歴攻撃』を繰り返している。馬鹿野郎だ(笑)ああいうのが一番いじめられた口だろうが。ああいう、勘違い野郎では社会的成功でいじめっ子を見返せ、といっても無理だろうなあ。まあ、松永弾正楽太郎はただの馬鹿だからなあ。いじめこそ大犯罪への入り口。社会悪であり、いじめっ子たちを少年院にぶち込まなければ何も解決しない。
厳罰化を!それが解決策だ。政治家達には期待している。いじめは大犯罪だ。人権犯罪だ。


次回、第二十回『恋の片道切符』(2019年5月26日日曜日放送予定)へ続く。

【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』】第十八回『愛の夢』より

2019年05月13日 16時00分04秒 | 日記




















【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』】第十八回『愛の夢』より
2019年5月12日日曜日NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第十八回『愛の夢』
原作・脚本・作品・宮藤官九郎 音楽・大友良英 噺・語り・ビートたけし・森山未來(美濃部孝蔵・古今亭志ん生役)


2019年5月12日日曜日放送分第十八回『愛の夢』より。
駅伝の盛り上がりと共に、金栗四三(中村勘九郎・演)の妻のスヤ(綾瀬はるか・演)が懐妊する。
イギリス留学から帰国した二階堂トクヨ(寺島しのぶ・演)が、女性が自由に身体を動かせるようにチェニックと「ダンス」を持ち帰る(それまで日本女性は羽織袴で運動していた)。
その軽装に、身重のスヤやシマ(杉咲花・演)は目を輝かせる。
その頃、落語の興業で全国を旅していた美濃部孝蔵・三遊亭朝太(森山未來・演)は東京に帰ってきたが、美川(勝地凉・演)と小梅(橋本愛・演)が起したトラブルに巻き込まれ散々な状態に。
腐りそうな孝蔵を、「いつか立派な噺家になるから」と幼馴染みの清さん(峯田和伸・演)が励ます。
そんな折、帝国日本体育協会の嘉納治五郎(役所広司・演)の元にオリンピックのクーベルタン男爵から手紙が届く。
それは第一次世界大戦(戦争)が終り、八年ぶりにオリンピックが再開されるというニュースだった。
なかなか大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の視聴率が厳しい。大河ドラマで最低の記録更新だ。
つまんなくはないのだが、素人受けしないし、わかるひとしか面白さがわからない。玄人受けの大河だ。
まあ、わたしは”大河固定客”だから。もっともっと戦略を練らないと……。かつての水戸黄門みたいな……綾瀬はるかや杉咲花とかの入浴シーンとか(笑)大河でセックスシーンとか濡れ場は駄目だから……まあ、難しいですよねえ。
「もう、つまんないから観ない」といい観ないひとにもう一回観てもらうしかない戦略は……。

次回、第十九回『箱根駅伝』(2019年5月19日日曜日放送予定)へ続く。

【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』】第十七回『いつも2人で』より

2019年05月06日 10時04分13秒 | 日記



















【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』】第十七回『いつも2人で』より
2019年5月5日NHK日曜日放送『いだてん~東京オリムピック噺~』第十七回『いつも2人で』
原作・脚本・作品・宮藤官九郎 音楽・大友良英  噺・語り・ビートたけし・森山未來(美濃部孝蔵・古今亭志ん生役)


第十七回『いつも2人で』(2019年5月5日日曜日放送分)より。
1915年、戦争でベルリンオリンピックの開催の中止が決定し、マラソンランナーとして選手のピーク迎えていた金栗四三(中村勘九郎・演)は激しく落ち込む。
ふさぎ込む姿を野口源三郎(永山絢斗・演)らが心配し見守る中、熊本から来た妻のスヤ(綾瀬はるか・演)は、四三の絶望を受け止める。
夫婦として共に痛みを分かち合い、スヤの愛の力に四三は再び走り出す。
四三の再生に勇気をもらった嘉納治五郎(役所広司・演)は、明治神宮にスタジアムを建設する計画を立てる。
「いつか、東京でオリンピックを!」
やがて、四三たちのアイデアで、日本初、いや世界初の『駅伝』を発案し、開催する。
それは東海道五十三次を、マラソンランナー50人で、東京から京都まで走る『駅伝』。その『駅伝』が誕生した瞬間だった。
四三は教員・指導者として新たなステージに立つ。これからは面白くなる……と信じたい。日曜日の早朝の大河ドラマ再放送『葵徳川三代』のほうがやはり面白い。19年も前の大河だが、さすがはジェームス三木先生!!!!宮藤官九郎先生もきばれ!!

次回・第十八回『愛の夢』(2019年5月12日日曜日放送予定)へ続く。