長尾景虎 上杉奇兵隊記「草莽崛起」<彼を知り己を知れば百戦して殆うからず>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

特殊詐欺の手口と対策【騙されないで!オレオレ還付金ATM痴漢事故示談】

2017年11月30日 18時21分43秒 | 日記





































特殊詐欺の手口と対策



特殊詐欺とは?

 「オレオレ詐欺」「還付金詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」の総称です。

1.「オレオレ詐欺」の手口と対策

「オレオレ詐欺」とは?

 電話を利用して、親族、警察官、弁護士等を装い示談金等(交通事故、痴漢等)の名目で、現金を振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺のことです。



「オレオレ詐欺」の具体的な手口

〈その1〉警察官を装う手口
 警察官を装い、主人や息子が痴漢や盗撮をしたとして逮捕されたと電話をかけくる。
 警察官から被害者の弁護士に代わり、示談金が必要と説明し、至急相手の口座に振り込まないと示談が成立せず、主人や息子が留置場に入ると脅し現金を振り込ませるもの。

〈その2〉息子を装う手口
 前日などに「携帯電話が壊れてしまって、番号が変わったので登録しなおしておいて。」などと事前に登録変更の連絡をしてくる。
 その後、「会社のお金を使い込んでしまった。助けて欲しい。」や「彼女を妊娠させてしまったので、中絶費用がいる。」などといって現金を振り込ませるもの。



「オレオレ詐欺」に遭わないために
1.警察が盗撮、痴漢などの示談を仲介することはありません。このような電話がかかってきましたら、一旦電話を切り、必ず家族に確認し、警察に相談をしてください。
2.家族内では事前に合言葉などを決めておき、本人かどうかを確認してください。お金の話になったら、詐欺と疑い電話を切り、事実を確認してください。
3.在宅中も留守番電話に設定し、そもそも犯人と直接話さないようにすることが最も有効です。

2.「還付金詐欺」の手口と対策

「還付金詐欺」とは?

 還付金詐欺とは、市役所の職員等を装って、「税金・医療費などの還付金があります」などと電話をかけ、言葉巧みにATM機を操作させて、被害者の口座から犯人の口座へお金を振り込ませる詐欺のことです。
 市役所では、ATM機による還付金の支払いを行うことは絶対にありません。このような電話がかかってきましたら、「詐欺ではないか」と考え、電話を切り、必ず市の関係部署に確認するとともに、警察にも通報してください。

〈その1〉税金が還付されると装う手口
 税務署や市役所職員を装い、税金の還付があるので、銀行ATMを操作するように指示されたもの。

〈その2〉医療費が還付されると装う手口
 市役所職員を装い、医療還付金があるので、銀行ATMを操作するように指示されたもの。

〈その3〉年金が還付されると装う手口
 社会保険事務所職員を装い、「年金の過払い分還付がある。それについて手続きを行わないと年金が受け取れなくなってしまう。」と電話があったもの。



「還付金詐欺」に遭わないために
1.相手の指示した連絡先には絶対に連絡しないでください(音声ガイダンスにより連絡をしてくる場合もあります)。
2.公的機関(市役所、社会保険事務所、税務署、電力会社など)が手続きのため、電話でATM機の操作を指示することは絶対にありませんので、そのような電話がかかってきたら電話を切ってください。
3.このような電話がかかってきたら、必ず関係機関へ確認をしてください。
4.在宅中も留守番電話に設定し、そもそも犯人と直接話さないようにすることが最も有効です。

3.「架空請求詐欺」の手口と対策

「架空請求詐欺」とは?

 郵便、インターネット等を利用して、不特定多数の者に対して架空の事実を口実とした料金を請求する文書を送付するなどし、現金を預金口座に振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺のことです。



「架空請求詐欺」の具体的な手口

〈その1〉メールでの請求手口
 メールで有料コンテンツの利用料・情報量が未払いであるとしてお金を請求するもの。

〈その2〉文書での請求手口
 一般家庭に総務省やNHKなど公的機関を騙った「デジタル放送接続請求書」、「NHKより地上波デジタル放送についてのご案内」等と記載した、アンテナ受信端末切替工事等の費用を請求する文書を郵送し、指定口座に現金を振り込ませるもの。



「架空請求詐欺」に遭わないために
1.利用した覚えがなければ現金を振り込む必要はありません。
仮に請求の電話があっても毅然とした態度で断ってください。
※万が一、訴状を受け取るなどの事態があった場合には、早急に「消費生活センター」等に相談をしてください。
2.連絡してきた者に対して振込要求する手口が増えていますので、相手に連絡しないでください。
3.相手に自分の個人情報を教えると、その情報を元に新たな詐欺の手口に使われる可能性もありますので、相手に自分の個人情報を教えないでください。
4.見覚えのない送信元からのメールに表示されているアドレス等にアクセスするだけで、入会金を請求されることがありますので、アクセスをしないでください。

4.「融資保証金詐欺」の手口と対策

「融資保証金詐欺」とは?

 実際には、融資しないにも関わらず、融資する文書等を送付するなどして、融資を申し込んできた者に対し、保証金等を名目に現金を預金口座等振り込ませる等の方法によりだまし取る詐欺のことです。



「融資保証金詐欺」の具体的な手口

 はがき(DM)、電子メール、ファックスを送ったり、雑誌広告、折込チラシなどを利用して融資を勧誘をします。
 相手の連絡先に電話等で融資の申し込みをすると、「あなたは、借入金多数として登録があり融資することができません。しかし、保証協会費を納めてそのデータを一旦抹消すれば融資を受けることができます。」や、「病気等で仕事ができず返済が滞った場合に備えて、あらかじめ保険料を納めてください。完済後にお返しします。」などと現金を預金口座等に振り込ませたり、電信為替などで送らせてだまし取るもの。



「融資保証金詐欺」に遭わないために

 保証金などを要求された場合、すぐに振り込むことなく、最寄りの警察署、消費生活センターなどに相談してください。

警視庁ホームページ「こんな電話は、振り込め詐欺」
警視庁ホームページ「あなたは見破れますか?振り込め詐欺のテクニック」


【ジャーナリスト安積明子さん談】何故問題を起す政治家はチャラいのか?政治家RPG

2017年11月26日 16時31分19秒 | 日記































限られた情報で相手の「信用度」を見抜くにはどうすればいいのか。ここでは「政治家」をケーススタディとして、服装や言動、SNSの使い方などから、その中身を探ってみよう。

※肩書きなどはすべて「PRESIDENT 2016年8月1日号」の掲載時のままとした。

なぜ、有権者が嫌うスーツを着るのか

物事に表と裏があるように、政治家にも表の顔と裏の顔がある。政治家、特に国会議員を直接知らない有権者が見るのは、もっぱら彼らが目一杯振り撒く表の顔だ。

立派な経歴に笑顔のポスター、テレビ番組で語られる正論、SNS上の大活躍……。これらすべてを真実だと受け取る人は少ないだろうが、本来なら実像とのギャップを埋めるべきマスメディアも、現状はもっぱら週刊誌頼みで限界がある。

しかし、限られた情報で相手の「信用度」を見抜くことができればどうだろうか。それは選挙に限らず、仕事や実生活でも十分役立ちそうだ。

まずは、わかりやすく髪形や服装といった外見から検証してみよう。

「服装や髪形がチャラい議員は、性的な問題を起こしやすい」――医師・弁護士や国会議員を相手に危機管理のコンサルティングを行う平塚エージェンシー・平塚俊樹氏は言う。

「有権者・支持者の多くは年配者だから、本来そうした人たちに好感を持たれる服装が当たり前。なのに、彼らが最も嫌う、体の線が出るような細身のスーツをわざわざ着たりする。目的が明らかに本業と違う」

まるでタレントのように、見た目のカッコよさを追求するわけだ。複数の国会議員の下を渡り歩いたベテラン秘書も、「特に髪形が今風の若手政治家は危ないことが多いですね。美容室に行く時間を捻出していることじたいに、チャラ目的が透けて見えるかも」と指摘する。妻の妊娠中の不倫がもとで議員辞職した宮崎謙介前衆院議員はその典型例といえるが、都議・区議など地方議会も「そういうバカの巣窟になっている」(平塚氏)。


永田町で何とも情けないスキャンダルが続出している。釈明のため会見に臨む彼らの姿を見て「これが国会議員?」と首を傾げたり、スキャンダルもむべなるかなと感じた有権者は少なくないだろう(写真=時事通信フォト)

「細野豪志元環境相は、2006年に発覚した不倫で叩かれた頃のチャラさが消え、今は目立たないがいいスーツを着ているという印象。橋下徹おおさか維新の会法律政策顧問も、タレント弁護士から転身し年数を重ねるにつれ、いい意味でどんどんオジサンになっていった。2人とも叩かれながら学んだのでは」(同)

要は、好感を持たれる基準はサラリーマンとほとんど変わらないのだ。

「スーツは紺色かグレーのシングルに限り、ダブルなどもってのほか。安物でも黒の革靴をピカピカに磨いておく。そうした基本を守っていない人は信用できないが、基本一辺倒でもダメ。クールビズとかその時代の流行はある程度取り入れないと」(同)

もっとも、きちんとした装いで有権者にいい顔をしつつ、陰で暴力を振るう輩も中にはいる。永田町も昔に比べて随分パワハラに厳しくなったが、ゼロではないのだ。たとえば河井克行首相補佐官は、元秘書兼運転手から、車の後部座席から蹴り上げるなどの暴力行為を、週刊文春に実名で告発されている。

「傲慢ですぐ怒ったり、発言が過激なのは、何か隠しごとがある裏返し。弱い証拠です。スキャンダルを起こす可能性は大きい」(同)


素晴らしい経歴イコール素晴らしい人格とは限らない

およそ政治家らしくない、幼い顔だちだが、衆院選で2度当選しただけで「世界はオレ中心に動いている」と思い込んでいる――そんな風情の武藤貴也衆院議員は、初当選時から国会議員の中でも浮いた存在だった。


写真=時事通信フォト

何といっても協調性がない。目立つ場所で発言するが、その内容が過激すぎる。事実、自民党滋賀県連の中でも、「あいつとは言葉が通じない」とも言われ、武藤氏には親しい友人がいなかったと聞く。2015年8月に金銭トラブルで自民党離党を余儀なくされ、未成年の男性を買春したことを週刊文春で報じられたときも、同情の声は出なかった。

信頼度を見抜くうえで、経歴・学歴に頼る人も多いだろう。ただ、素晴らしい経歴イコール素晴らしい人格とは限らない。

2016年6月に政治資金の私的流用疑惑が浮上、粘った甲斐なく辞任した前東京都知事の舛添要一氏は、6カ国語を操る新進気鋭の国際政治学者として1980年代にメディアに登場。その切れのいい物言いと元東京大学助教授という華やかな肩書に、テレビをはじめとしたメディアは飛びついた。

しかし、すでに新党改革時代から政治資金の私的流用を週刊誌で書かれ、厚労相時代から吝嗇家だとの噂も絶えなかった。学者としての業績も怪しい。東大を退官後に舛添氏の訳書として上梓された政治学の翻訳本が、実は当時の東大大学院生が丸々手掛けたものだったことを、当の大学院生が公にしている。

同様に東大法学部卒で元検事という素晴らしい経歴の持ち主ながら、その言動にげんなりさせられたのがガソリーヌこと山尾志桜里民進党政調会長だ。国会で「保育園落ちた日本死ね!!!」のブログを披露して安倍晋三首相に待機児童問題を迫ったことで名を上げたため、民進党結党の際に政調会長に抜擢された。

ところが山尾氏が総支部長を務めていた「民主党愛知県第七区総支部」の12年の収支報告書に、ガソリン購入代として地球5周の走行分に当たる約230万円が計上されていた問題が発覚。山尾氏は元秘書が架空の代金を計上した疑いがあると釈明した。もし本当なら業務上横領罪に問われかねないが、山尾氏はこの元秘書に連絡すら取っていなかった。

甘利明前経済再生担当相の金銭授受疑惑では「秘書のやったことについて、本人の責任が免れるわけではない」と厳しく批判したにもかかわらず、自分に対しては大甘のまま、政調会長の座に居座り続けている。

他人には攻撃的なのに、いざ自分が指弾されると、他人に責任を押し付けて逃げるのはいただけない。

「もっとも永田町にひどい秘書が少なくないのは事実。議員にとって、秘書の監督は今後の最重要課題でしょう。しかし、特に若いときから人に担がれてきた2世、3世議員の多くは、企業の課長級以下のマネジメント能力しかない。逆に官僚出身者は、役所時代の手下と同じ感覚で秘書をこき使って、その結果人心が離れるパターンが多い」(ベテラン秘書)

経歴がアテにならないなら、「血筋」はどうか。企業社会では、金持ちのボンボンは世間知らず、甘ったれなどとレッテルを張られることが多いが、政治の世界も大差ない。


岡田代表の努力は裏目に出がち

先の山尾氏を政調会長に抜擢した岡田克也民進党代表は、イオン創業者・岡田卓也氏を父に持つセレブリティ。東大から旧通産省を経て、90年の衆院選で初当選した。


人柄を知る人には評判がいいが、国民の間では好感度の上がらぬ岡田代表(写真=共同通信フォト)

しかしてその実体は、酒はほとんど嗜まず、ダイエットに勤しみながら毎日一切れの羊羹を至福とする庶民派だ。脱炭水化物ダイエットを行う一方、国会内の役員室に置いてあるお菓子に手を伸ばし、「これはタニタの煎餅だからいいんだ」と周囲に意味不明な言い訳をしたことも。

そんな“庶民派”をアピールすべく、02年に党代表選に出馬したときには女性秘書を相手に「冗談を言う練習」をしたこともあった。

にもかかわらず、国民の好感度はイマイチだ。2016年の初めに役員室長の辻元清美衆院議員や代表代行の蓮舫参院議員が岡田氏のイメージチェンジを図るべく髪の毛を短く切らせたことがあった。が、かえって髪の毛の癖が出て、跳ねたヘアスタイルになってしまい、さすがにこのときの岡田氏は少々おかんむりだったという。努力が裏目に出ることが多いのは運のなさなのか。

ほかの2世、3世とは違う麻生副総理

時に、セレブは意外な面を持つ。吉田茂元首相を祖父に持つ麻生太郎副総理もそんな一人だ。


人柄を知る人には評判がいいが、発言の揚げ足を取られがちな麻生副総理(写真=Getty Images)

数々の失言や、「未曾有」を「みぞうゆう」と読んだ国語力ばかりが取り沙汰されるが、麻生氏は実は大変な達筆である。背広の胸ポケットから高価な万年筆を出し、さらさらと文章を書くところが、いかにもカッコイイ。

「麻生先生は歴代の秘書でクビにした人は一人もおらず、逆に不本意に辞めた秘書も一人もいないのは有名。先日亡くなった鳩山邦夫先生も秘書を大切にしていたから、事務所の結束が固い。ともに突き抜けた名門出身で、ほかの2世、3世とは不思議と違う」(ベテラン秘書)

そもそも高級品しか身につけない麻生氏。青山の一流のテーラーが作るスーツは特注品で、スラックスにはシワがつかぬよう裾に重りが入っている。小物の使い方も洒落ていて、14年のG20参加時は黒のボルサリーノを斜めに被り、水色のカシミヤのマフラーを巻いていた。これを米紙が「ギャングファッション」と揶揄したが、少年マンガの熱烈な愛読者の麻生氏は、むしろ劇画のキャラクターを意識していたように思える。

こうした実像はなかなか外には伝わりにくいが、好感度や信用度が高い人は、外に対するイメージと実像とを意識的に一致させようとする。少なくとも、話し方や口調を工夫し、外に対するイメージが崩れないよう、自分の理想像を演じるのだ。



自己のイメージを演じ切る進次郎

その点でそつがないのが小泉進次郎衆院議員だろう。父・純一郎氏譲りのワンフレーズポリティックスでわかりやすいうえ、その所作はきびきびしている。外から見る限りまったく無駄がない。


「議員会館のエレベーターで乗り合わせると、大半の女性秘書はウットリする」(ベテラン秘書)という進次郎氏。隙を見せないメンタルの強さは脱帽モノである。(写真=共同通信フォト)

「情」を見せることも忘れない。顔を見たことのある人には必ず会釈する。うっかり見過ごしたら、振り返って挨拶する。相手は「あの進次郎氏に気遣ってもらった」と感動してしまう。「自己のイメージを演じ切っているが、髪形が今風だし本質はチャラいかも」(平塚氏)という見立てもあるが、永田町で悪い評判を聞いたことがないのは確かだ。

「3時間しか眠れないが、頑張る」

「見た目」に続いて「物言い」を検証しよう。企業社会で最も信用されないのは、節操のないタイプである。所属政党がころころ変わる政治家が軽蔑されるのも同じことだが、2016年の参院選に当たって、そんな政治家に有権者が騙されそうになったケースがある。比例区の1人をネット投票で決める自民党の「オープンエントリー」に応募し、12名のファイナリストに残った柳澤亜紀港区議だ。

柳澤氏は民主党政権時の11年の区議選で民主党から出馬し初当選したが、15年の区議選では与党に返り咲いた自民党に転じて再選した。

「まったくもって節操がない」

呆れるのは民進党(当時民主党)の関係者ばかりではない。自民党関係者からも、「有権者に説明するために、一度は無所属議員として選挙の洗礼を受けるべきだったと思う」との苦言を聞いた。

しかもオープンエントリーで柳澤氏は港区の待機児童の改善を自分の手柄のように主張したが、これについて他の区議たちは一様に「事実ではない」と斬り捨てた。

「港区は23区内で財政的に最も豊かなので、お金をかけて取り組んだ結果が出ただけだ。柳澤氏が格別これに貢献したという事実はない」

有権者は全能ではないため、時には騙されることもある。その対処法として最も有効なのは、やはり政治家に直接会って話を聞くことだ。

そこから人間性が判断できるし、実物がHPの写真などと乖離しているかどうかを確認することもできる。あまりに違っていたら、“修正”を疑ってみよう。選挙は美男美女コンテストではない。

また「いい日本にしたい」「みんなが尊重される社会」など、誰でも思いつく曖昧なフレーズでしかアピールできないなら、政治家としての適性を疑うべきだ。具体的な国家像や近未来図に言及したら、能力については合格点。さらに専門的知識があれば申し分ない。

ツイッターやフェイスブックなどSNSで自分の行動をいちいち呟き、「これから3時間しか眠れないが、日本のために頑張る」などと書き込む政治家がいるが、これは単なるアピールで、事実ではないと疑ったほうがいい。そもそも本職で多忙ならば、頻繁にSNSに書き込めるはずがない。


写真=AFLO

しかも、そうした政治家には「ヒラメ」が多い。上層部の覚えがめでたければ出世できると信じており、ろくな仕事もしないまま、アピールだけ繰り返す。また上層部の言い分をただ繰り返すだけの議員も要注意。自分の頭で考えていない証拠だ。

実際に上西小百合衆院議員は、初当選時のインタビューで何一つ自分の言葉で答えられず、「橋下代表のおっしゃる通りです」のみ繰り返した。上西氏は12年の衆院選で大阪7区から日本維新の会(当時)の公認候補として出馬し当選したが、同選挙区は「日本維新の会から出れば当選確実」と言われた選挙区だった。

ここまで見てきた政治家の信用度を見るポイントは、意外に平凡だが、政治家に限らず広く通用することに、恐らく異存はなかろう。甘い言葉や都合のいい事実だけを語る政治家に騙されないためにも、実生活で人の本性を見抜く、もしくはわが身を省みるためにも、活用の仕方は多々ありそうだ。

▼信用度を見抜く8つのポイント
1. 服装・髪形がチャラい→異性のことしか頭にない
2. 言動が荒く、傲慢→何かやましいことを抱えている
3. 経歴・血筋を鼻にかける→経歴は眉ツバ。突き抜けた血筋なら案外アテになる
4. 攻撃的だが受けに回るとダンマリ→脇が甘い。けじめがない
5. 節操がない主義主張が変わる→その場しのぎしか考えていない
6. 指示・アピールが曖昧、抽象的→仕事に思い入れがない
7. “忙しい”アピール→実はそうでもない。ロクに仕事をしない
8. 上の意向ばかり気にする→自分の頭で考えない「ヒラメ」

[慰安婦問題]性實踐雖然有一個慰安婦,綁架拘留“性奴隸/慰安婦”卻什麼都不是

2017年11月24日 18時59分16秒 | 日記





























[慰安婦問題]性實踐雖然有一個慰安婦,綁架拘留“性奴隸/慰安婦”卻什麼都不是





關於舊金山市長接受私營部門慰安婦和銘文捐贈的事實,



日本官員二月二十三日表示:“有一些令人著迷的東西,



我模糊了無法停止接受的遺憾。



政府擔心會溢出到其他城市,



安裝後我將繼續在舊金山市工作。



但是,由於有許多中國和韓國居民的地方議會很容易接受使用歷史問題的抗日活動,



我正在努力回應。



政府表示,舊金山市市長李本山最初對建立這座雕像是積極的,



在市議會一致決定接受捐贈的同時,



我請求李先生行使市議會決議的否決權。



據說他也是在水下的市議會工作。



但是,當地的日本人反對建立這座雕像



“日本政府和舊金山總領事館不支持我們”。



在美國,2013年,加利福尼亞州格倫代爾的市立圖書館成立了第一個慰安婦雕像。



當地日本人提起訴訟,



沒有日本政府的早日支持,我失去了這個案子。



“慰安婦”作為所謂的海關業務當然存在,



我綁架了納粹猶太人狩獵時期的年輕女士,綁架了一個又一個,並將其限制在“性奴隸”



沒有所謂的“舒適女性舒適女性”。



如果有事實,第三方證人會繼續,



第三方等文件應該已經存在了。 沒事的! 對不起



我希望日本政府早日妥善解釋和證明誤解和歷史謊言,



在向世界傳播誤解,誤解和“性奴隸=慰安婦”的大謊言之後,我現在無能為力。



據說日本已經失去了信息戰。 現在說“這是一個誤會!”已經太遲了。



日本人輸了。 喜歡的 話...... 30萬像 南京大屠殺 的一個故事,但失去失去。



失去戰爭意味著你也會受到如此的屈辱。 這不是戰爭的失敗。



日本政府有太多的“策略”。 既然我不喜歡幫助安倍晉三,我就不會再獻身了,



這是安倍晉三的失敗和日本人的失敗。 相當於說過去的日本人是“強姦犯的襲擊!”



沒有國家戰略的事實意味著,即使你遭受這樣的屈辱,你也不得不被壓倒。



雖然這是無用的,但是安倍晉三隻說“你可以依靠你相信只有高等教育的教育精英,這是愚蠢的”。



日本政府沒有武術家。 這就是現實。









Garyo上杉(長尾)Kagetora 2017年11月24日

[위안부 문제] 풍속 업 위안부는 있었지만 납치 감금 "성 노예 · 종군 위안부"는 사실 무근

2017年11月24日 18時57分12秒 | 日記






















[위안부 문제] 풍속 업 위안부는 있었지만 납치 감금 "성 노예 · 종군 위안부"는 사실 무근





미국 샌프란시스코 시장이 민간에서 위안부 동상과 비문의 기증을 받아 들인 것에 대해



일본 정부 관계자는 23 일 "忸怩(忸怩) 한인 것이있다"며



수용을 저지하지 못한 것에 대한 아쉬움을 배이게했다.



정부는 다른 도시로 비화하는 것을 경계하고,



설치 후 샌프란시스코로 움직여 간다.



단, 중국계 · 한국계 주민이 많은 지방 의회는 역사 문제를 이용한 반일 활동을 받아들이 기 쉬운만큼,



대응에 고심하고있다.



정부는 샌프란시스코시의 적절 시장이 원래 동상 설치에 긍정적 인 것이나,



시의회가 만장일치로 기증 받아 결의하던 중,



리 씨에 대해 시의회 결의에 거부권 행사를 요청 해왔다.



물밑에서 시의원들에 작용을하고 있었다고한다.



그러나 동상 설치에 반대해온 현지의 일본인들은



"일본 정부와 샌프란시스코 총영사관이 우리를 지원하는 것은 없었다"고 비판하고있다.



미국에서는 처음 위안부 동상이 2013 년에 캘리포니아 글렌 데일시의 시립 도서관 옆에 설치되었다.



현지 일본인들이 철거를 요구하는 소송을 제기했지만,



초기에 일본 정부의 지원을 얻지 못하고 패소했다.



이른바 풍속 업으로의 "위안부"는 분명히 존재했지만,



마치 나치의 유대인 사냥 같은 당시의 젊은 여성을 트랙에서 차례 차례로 납치 해 감금 "성 노예"로 한



이른바 "종군 위안부"는 존재하지 않는다.



만약 사실이 있었다면 제삼자의 목격자가 속출겠다하고



그에 관한 제삼자 등의 서류도 존재 괄. 사실 무근! 진심으로 죄송합니다.



일본 정부가 초기에 오해와 역사의 거짓말을 제대로 설명과 증명하고 있으면 좋았으나,



세계에 '성 노예 = 위안부'라는 오해와 착각과 큰 거짓말을 전파 해 버린 후에는 더 이상 어쩔 수 없다.



일본은 첩보전에 패배했다는 것이다. 이제 와서 "오해 다!"라고해도 이미 늦었다.



일본인은 패배했다. 마치 남경 대학살 30 만명 ...... 같은 이야기이지만, 패배는 패배.



전쟁에진다는 이런 굴욕을 받는다는 것. 전쟁에지는 것은 아니다.



일본 정부는 '전략'이 없을 넘는다. 아베 신조을 도울 싫어서 다른 켄 사크하지 않지만,



이것은 아베 신조의 패배이며, 일본인의 패배이다. 과거 일본인을 "강간 마!"라고하는 것과 같다.



국가 전략이 없다는 것은 이런 굴욕을 받아도 단념해야한다.



이래서는 안 되겠지만, 아베 신조는 "네가 믿는 고학력만큼의 학력 엘리트라도 의지 바보」라고 밖에 말하지 않는다.



일본 정부에 군사는 존재하지 않는다. 그것이 현실이야.









와룡 우에스기 (나가오) 카게 토라 2017/11/24

[Comfort women problem]

2017年11月24日 18時54分21秒 | 日記




























[Comfort women problem] Sexual practice Although there was a comfort woman, abduction detention "sex slave / comfort women" was nothing





Regarding the fact that mayor San Francisco accepted the donation of comfort women and inscriptions from the private sector,



Japanese officials said on February 23, "There is something that is fascinating,



I blurred the regret for being unable to stop acceptance.



The government is wary of spilling to other cities,



I will continue to work in San Francisco city after installation.



However, because local councils with many Chinese and Korean residents are easy to accept anti-Japanese activities using history problems,



I am struggling to respond.



The government said that Lee mayor of San Francisco City was originally positive about setting up the statue,



While the city council unanimously resolved to accept donation,



I have requested Mr. Lee to exercise the veto right of the city council resolution.



It was said that he was also working on the city councils even under the water.



However, the local Japanese who opposed the establishment of the statue



"The Japanese government and the Consulate-General of San Francisco did not support us".



In the United States the first comfort woman statue was established by the municipal library in Glendale, California in 2013.



Local Japanese people filed a lawsuit seeking removal,



I lost the case without early support of the Japanese government.



"Comfort women" as a so-called customs business certainly existed,



I kidnapped the young ladies of the time like a Nazi Jewish hunt, kidnapped one after another and confined it to "sexual slave"



There is no so - called "comfort women comfort women".



If there were facts, third party witnesses would have continued,



Documents such as third parties about that should have existed. groundless! I'm sorry.



I wish the Japanese government properly explained and proved misunderstandings and historical lies at an early date,



There is nothing I can do now after spreading misunderstandings, misunderstandings and big lies "sex slave = comfort women" to the world.



Japan is said to have lost information warfare. It is too late to say "It is a misunderstanding!"



The Japanese lost. Like it 300,000 ...... like a story in the Nanjing Massacre, but losing is losing.



To lose the war means that you will receive such humiliation as well. It is not a defeat to war.



The Japanese government has too much "strategy". Since I do not like helping Shinzo Abe, I will not devote himself anymore,



This is the defeat of Shinzo Abe and the defeat of the Japanese. It is equivalent to being said that past Japanese are "rapist attacks!"



The fact that there is no national strategy means that even if you suffer such humiliation you have to be overwhelmed.



Although it is useless, Shinzo Abe only says "You can rely on the high school education elite that you believe that you believe, stupid".



There is no martial artist in the Japanese government. That's the reality.









Garyo Uesugi (Nagao) Kagetora 2017/11/24

【慰安婦問題】風俗業慰安婦はいたが拉致監禁『性奴隷・従軍慰安婦』は事実無根

2017年11月24日 18時43分36秒 | 日記























【慰安婦問題】風俗業慰安婦はいたが拉致監禁『性奴隷・従軍慰安婦』は事実無根


米サンフランシスコ市長が民間からの慰安婦像と碑文の寄贈を受け入れたことについて、

日本政府関係者は23日、「忸怩(じくじ)たるものがある」と述べ、

受け入れを阻止できなかったことへの悔しさをにじませた。

政府はほかの都市に飛び火することを警戒するとともに、

設置後もサンフランシスコ市に働きかけていく。

ただ、中国系・韓国系住民が多い地方議会は歴史問題を利用した反日活動を受け入れやすいだけに、

対応に苦慮している。

 政府は、サンフランシスコ市のリー市長がもともと像設置に前向きだったことや、

市議会が全会一致で寄贈受け入れを決議していた中、

リー氏に対して市議会決議の拒否権行使を要請してきた。

水面下でも市議らに働きかけを行っていたという。

 しかし、像設置に反対してきた現地の日本人らは

「日本政府とサンフランシスコの総領事館が私たちをサポートすることはなかった」と批判している。

 米国では最初の慰安婦像が2013年にカリフォルニア州グレンデール市の市立図書館そばに設置された。

地元日本人らが撤去を求める訴訟を起こしたが、

早い段階での日本政府の支援を得られず敗訴した。

いわゆる風俗業としての”慰安婦”は確かに存在したが、

まるでナチスのユダヤ人狩りみたいな、当時の若い女性をトラックで次々と拉致して監禁し”性奴隷”にした

といういわゆる”従軍慰安婦”は存在しない。

もし、事実があったのなら第三者の目撃者が続出したろうし、

それに関する第三者などの書類だって存在した筈。事実無根!誠に残念。

日本政府が早い時期に誤解や歴史の嘘をきちんと説明や証明していればよかったが、

世界に『性奴隷=慰安婦』という誤解や勘違いや大嘘を広められてしまった後ではもうどうしようもない。

日本は情報戦に負けたということだ。いまさら「誤解だ!」と言ってももう遅い。

日本人は負けた。まるで南京大虐殺で30万人……みたいな話だが、負けは負け。

戦争に負けるとはこういう屈辱も受けるということ。戦争には負けるものではない。

日本政府は「戦略」がなさ過ぎる。安倍晋三を助けることは嫌なのでもう献策しないが、

これは安倍晋三の敗北であり、日本人の敗北だ。過去の日本人を「強姦魔!」といわれているのに等しい。

国家戦略がない、ということはこういう屈辱を受けても泣き寝入りしなければならないこと。

これでは駄目だが、安倍晋三には「お前が信じる高学歴なだけの学歴エリートにでも頼れ、馬鹿」としかいわない。

日本政府に軍師は存在しない。それが現実だよ。




臥竜  上杉(長尾)景虎   2017/11/24

おんな城主井伊直虎<おんな城主直虎最終回までネタバレ>2017年大河ドラマ

2017年11月23日 16時19分08秒 | 日記
































井伊麗姫(のちの井伊次郎法師のちの井伊直虎、2017年NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』ではおとわ)は駿河遠江国(現在の静岡浜松市)井伊谷城で生まれた。生年月日不明(おおよそだが天文五年(1536年))…天文十年(1541)の駿河遠江国(するが・とおとうみ)では井伊直虎と井伊直親がわんぱくに育っていた。
子供の麗(のちの次郎法師・井伊直虎 大河ドラマではおとわ)と亀之丞(のちの井伊直親)と家臣筋の鶴丸(のちの小野政次)は遊んでいた。山を駆け、野を駆け、三人の絆は深い深いものとなった。森でかくれんぼをしていて、麗(大河ドラマではおとわ)は「亀!鶴丸!こっち!こっち!」と呼ぶ。麗はフクロウの巣の赤ちゃんを見つけた。
「わああっ、可愛い」3人の子供はほっこりとした笑顔になった。
井伊家の元祖となった井伊家の祖先で井伊家の始まりとなったのは井伊家の井戸(現在も井伊谷に保存されている)を三人は眺めた。「この井戸に井伊家の祖・初代さま井伊共保(ともやす)公が捨てられていて拾われた。これが井伊家のはじまりである!」
「だが、何故、井戸に捨てられたのに溺れ死ななんだ?」
「きっと井戸端に捨てられたのじゃ」
「なるほど!」
子供時代は浜松の天白磐座(てんぱく・いわくら)遺跡(1500年前からあるとされる古代祭祀遺跡)を遊びまわっていた筈である。井伊家は代々、この天白磐座遺跡を祀る王の末裔でもある。戦国時代は男だけの城主・大名だったが直虎以外のおんな城主はいる。
一は“男勝りの城主 立花誾千代(ぎんちよ)”筑前(いまの福岡県)で永禄十一年、島津の大軍が攻めてきた立花山の戦いで、島津軍を追い払った。二は、“おんな戦国大名 寿桂尼(じゅけいに)(今川義元の母)”四十年に渡っていっさいを取り仕切り今川家繁栄の礎を築いた。今川を有力大名におしあげた知略家である。そんなおんな城主のひとりが直虎。
麗・おとわの父親の直盛は心やさしい性格で生け花が趣味。麗・おとわに「麗・おとわ、お主がこの井伊家井伊谷の領主としてあとを継ぐか?」とおどおど訊いて、幼い麗・おとわは「え?わたしはずうっと最初からわたしがあとをつぐと思っていましたが…違うんですか?」といわれて困惑する。
「そんな訳はあるまい!」逆に母親の千賀は教育母親的な女性で、おとわが亡くなる四年前まで生きていた。おとわが悪戯や悪い口をきくとおしりぺんぺんしてしつけた。
やがて、幼いうちに麗(のちの次郎法師・井伊直虎)と亀之丞は大きくなったら結婚することを誓う。曾祖父の井伊直平(なおひら)が、麗の叔父で亀之丞の父親の井伊直満(なおみつ)の息子と麗(おとわ)を許嫁とした。井伊家本家では嫡男が出来なかったからだ。
「麗……わしたちは夫婦になるのじゃ」
「わかった。亀之丞」
「しかし…わしのような病弱な男の嫁で嫌ではないか?」
「亀、何を言う!そなたには笛があるではないか。」
「わしは笛を吹くことしかできぬ。鶴丸のように頭がいい訳でもない。麗・おとわのように体が丈夫な訳でもない。何の意味も無い存在なのじゃ!出来損ないなのじゃ!」
「ばかもの!」麗・おとわは亀之丞の頬を平手打ちした。
「おまえは意味があっていきておる!われの未来の旦那さまになるのであろう?!!情けないことをいうでない!いうでない!」
「……麗・おとわ…。」
「亀は立派な男子(おのこ)じゃ!のう?!!お前が戦えぬならわれがかわりに戦う。亀、お前が領主が出来ないならわれがかわりに領主となろう!」
「わかった。わしはもっと強い男子になる。みていてくれ!」
「おう!われも綺麗な嫁になるからみていてくれ!」
ふたりは笑顔になった。
 直虎と亀之丞が許嫁(いいなづけ)の関係になったのは直虎五歳のことである。
だが、亀之丞は井伊家の亀の父親が暗殺され井伊家当主が桶狭間で討ち死にすると隠遁生活にはいる。
 麗(おとわ)の父親は、井伊22代宗主直盛(なおもり)である。直盛の幼名は、江戸幕府の公式文書『寛政重修諸家譜』に「虎松」とある。「虎丸」とする説もあるが、いずれにせよ、虎の目を持つ人間であったのであろう。
 一方、麗(大河ドラマではおとわ)の母は、ドラマでは新野千賀(ちか)となっている。新野氏は、今川氏の庶子家で、御前崎市新野の地頭(この当時の「地頭」は「領主」の意)であった。井伊家と新野氏・娘との結婚は、今川氏との結びつきを深めるための政略結婚だったとされている。
 こうした両親のもと、麗(おとわ)が生まれた場所は井伊谷(いいのや・静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)の井伊氏居館と伝えられている。
 が、残念ながら直盛夫妻が授かった子は「麗(おとわ)」のみで、井伊家の宗主であるにも関わらず息子に恵まれなかった。
 そこで井伊20代宗主直平(なおひら・おとわの曽祖父)が、「男子が生まれなかった場合は、わしの息子の井伊直満(なおみつ)の子・亀之丞と、麗(おとわ)を結婚させる。亀之丞に井伊家を継がせるのだ」と決めた。
 麗(おとわ)が、まだ2~3歳の時だったという。
 「麗(おとわ)」と呼ばれていた時代、彼女は宗家の娘として、何不自由なく過ごしていた。 が、間もなく悲劇が起きる。
「これから駿河の今川さまの屋敷に行って参る」
「………」
「いかがした?亀之丞?」
「父上、領内でよからぬ噂がたっておりまする。今川様のところへはいかぬほうがよいかと。」
「何じゃ。亀、お主までこの父親を疑うのか?井伊直満は北条に内通していると。馬鹿者」
「しかし、今川義元公は…」
「考えすぎじゃ。わしは今川屋敷にまいる」
 だが、やはりだった。今川義元に責められた。「お主は北条に内通しているのであろう?!」
「いいえ、そのようなことは…陰謀にございまする!」
「だまれ!井伊直満!」
井伊直満は右目を戦で負傷していたため眼帯を独眼竜政宗のようにしていた。直満の北条への内通書が示される。ばれた!!う…ぐああ!案の定、今川義元は今川舘内で家臣達に直満を包囲させて、「殺せ!」の命令で井伊亀之丞(のちの井伊直親)の父親は殺された。「一豪族ふぜいが……まろを舐めるな!」
今川義元は吐き捨てるように言った。
井伊直満の首が届けられる。
全員、戦慄した。「書状には井伊家を滅ぼす、と書いてあるぞ!井伊家を、と!」
「そんな馬鹿な!!??」「今川家から攻められたら井伊谷などひとたまりもない!」
「どうしたらいい??!!」「このままなら井伊家滅亡じゃぞ!!」
井伊直満(亀之丞の父)が今川義元に誅殺されてしまった。
「父上―!父上-!」亀之丞は号泣した。
さらに、今川からは亀之丞を殺せとの命令が出ていたが井伊家は逃がした。
曾祖父の井伊直平がきて「小野か?小野が今川へ直満を売ったのか?!」
「おじじさま。今は時がありません」
「まだ九歳の亀之丞を殺すつもりか?!!今川の命令に従うつもりか?!!」
当時のならいで息子の亀之丞(当時9歳)にも殺害命令が出されたのだ。直虎の許婚者であり、井伊家宗主候補だった亀之丞は、かくして信州へと亡命し、消息不明となってしまう。「麗・おとわ、必ずそなたの元に帰ってまいる!」
「まっておるぞ、亀!」
亀之丞が姿をくらまして、亀之丞かと思って今川家の家臣達は農民姿のおとわを捕らえた。
「井伊亀之丞だな?」母親の千賀らはおとわがいないこと気づいて「おとわは何処じゃ?」
ひそひそ守り役のたけにきく。たけは「申し訳ありません。わたくしが目を離したすきに」
「亀之丞らしき小僧を捕らえたぞー!」男達の声が井伊谷に響く。
しかし、それはおとわだった。深夜の山中であった。
直盛や千賀らが「それは亀之丞ではありません!」「そうです!井伊家のひとり娘のおとわでございます」「何?」「何故小僧の格好をしていた!?何故逃げた!?」
おとわは「竜宮小僧を探しておったのじゃ」といういい訳を貫いて、それで許された。
のちにおとわは両親に井戸端で亀の笛を見つけて無性に駆けだし、亀の従者である今村藤七郎に出くわして、笛を渡す機会を得たという話をした。
「笛を届けてくれたのか?ありがとう、おとわ」
「亀の大事な笛ではないか。」
「この笛は亡き父上に買ってもらった大事なもの。本当にかけがえのないものだった」
「絶対に死ぬな!亀…生きのびて…」
「俺はもっともっと強くなって必ずおとわを迎えにくる!」
涙をこらえる亀之丞……おとわ…
そして逃亡……「とにかく若!お逃げください!」「しかし……井伊家は?」
「井伊亀之丞!覚悟―!」「ぐうっ。おのれー!」「若!逃げまするぞ!若!!」
斬り合いの末、井伊亀之丞(のちの直親)らは逃亡した。
直満の葬儀が行われる。今川家の手先である小野和泉守政直が今川の姫と小野の息子・鶴丸を結婚させて井伊家を継がせるという策を披露する。すると激怒した井伊直平が刀を抜いた。「貴様ー!最初からそのつもりであったなー!」しかし直盛が曾祖父直平を羽交い締めにして止めた。「やめてくだされ!おじじさま!」
鶴丸はおとわに「わが父上は今川に直満おじさんを売って、今度のわしとおとわとの婚儀はその褒美なのじゃ」と下唇を噛みしめる。
おとわは家出をした。自分がいなくなれば問題はなくなる、と思ったからだ。
しかし、山中の乞食に拾われ、井伊谷に戻された。
天文13(1544)年、直虎十歳で、伊井谷の家臣のひとりが直親を殺そうと暗殺団の刺客を送ったことで、井伊家の次期惣領だった筈の井伊直親(亀之丞)は信濃(長野県)の松源寺(長野県下伊那郡)へ身を隠す。それは直虎へも秘密であった。
逃がしたことも生きているか死んでいるかもすべて秘密…知られればたちまち駿河の今川に攻め滅ばされてしまう。すべては遠江の領地・井伊谷の井伊家のためであった。
生きているのか死んでいるのかもわからないまま、直虎は傷心で過ごした。
すべては井伊直親の命を守る為である。
鶴丸(のちの小野政次)の父親・小野和泉守政直が井伊直親を殺そうとしたからだ。
鶴丸改め小野政次に父の小野政直は「お前もいずれわしのようになる」と忠告した。
「父上!母上!亀之丞は何処へいかれたのですか??!!お教えくだされ!亀はどこへ?」
だが、両親は答えられない。そんな傷心の麗は考えた。
若かりし麗(おとわ)が絶望の底へ突き落とされたのは想像に難くない。
 当時の女性の結婚適齢期は13歳前後と言われている。その年頃になった麗(おとわ)は、なぜか自分で自分の髪を切り、大叔父の南渓和尚(なんけい・龍潭寺二世住職)の元へ出向いた。出家だ!家出して出家すれば亀をまてるし、鶴丸と夫婦にならないですむ。
そう考えて自分で刃物で髪を切りつづけた。おかしな頭になる。
そんなとき今川家からおとわを人質に出せ、という命令が下る。
「人質など反対じゃ!戦をしようぞ!もはや戦しかない!」直平は激昴して叫ぶ。
だが、おとわと従者は今川家の城にいく。今川の軍師・太原雪斎(たいげん・せっさい)に気に入られるおとわ。また、のちに徳川家康の正室になることになる瀬名(のちの築山殿)に出会い、瀬名はおとわのへんてこの頭髪に笑い転げる。美少女である。
井伊家の人質の佐名姫(南谿和尚の妹)を、おとわに守り役のたけは耳元で、
「今川さまのお手つきになられたという女性ですよ。」と気の毒そうに囁く。
今川の寿桂尼(じゅけいに 義元の母親)はおとわの出家を認める。
今川舘では今川義元の嫡男・龍王丸と瀬名たちが蹴鞠(けまり)で勝負していた。龍王丸(たつおうまる・のちの今川氏真)に勝てば何でも望みを叶える、と知っておとわは蹴鞠勝負をして勝つ!
「この!何度も何度も卑怯だぞ!」
「このおとわを井伊谷の戻してほしいのです。そのかわり出家しますからどうぞこの望みを叶えてくだされ!」
おとわの必死の懇願に無口の今川義元も「よかろう」と認めた。
井伊谷に帰ったおとわは龍譚寺にすぐに行った。
「出家したい。尼の名前を付けて欲しい」
 それを聞いた麗(おとわ)の両親(直盛・千賀)は驚いて、「尼の名だけは付けるな」と南渓和尚に迫ったという。両者の板挟みにあった和尚は、親の意を汲んだ「次郎」という俗名と、娘の意を汲んだ「法師」という僧名を合わせ、「次郎法師」と名付けた。
「亀之丞以外の男には嫁がない!わたしは龍譚寺(りょうたんじ)に出家いたす!」
「え?!!何を…!馬鹿げたことだ!やめるんだ!」
「いいえ。亀が戻るまで出家しまする。但し、次郎法師・井伊直虎として。」
 おんなの覚悟である。こうして次郎法師・井伊直虎は誕生する。
南谿和尚は「そなたは何故にここに来た?」と問うた。
「出家を親にさせられました」
「出家とはなんぞ?」
「お坊様に……なること?」
「僧?……僧とはなんぞ?」
「僧?……毛のないひとですか?」
「では、頭の禿げ上がった爺は僧か?毛のない蛙は僧か?」
厳しい修行に音を上げたおとわはわずか一日で井伊谷城に逃げ帰ってくる。
母の千賀は「たったの一日で逃げ帰ってくるとは情けない」たけも「辛抱を学びなされ」
「ムリムリ!修行は厳し過ぎるのじゃ!わしは姫じゃぞ!」
「馬鹿者!」母親の千賀の雷が落ちた。
龍譚寺に戻されたおとわは腹が減った。しかし、僧たちは「托鉢(たくはつ)をしてまいれ!」という。「托鉢?」「家の前で念仏を唱え、その托鉢鉢に供物をもらうのじゃ」
おとわは井伊谷の食べ物屋にいき、出鱈目な念仏を唱えて「腹が減った!食べ物をくれ!」
「なんだ?!このガキ!消えろ!」
剃髪しているのでおとわ、姫とはわからない。
腹が減って腹が減って、おとわは村の畑の野菜にかじりついた。
それを鶴丸にみつかってしまう。泣き出すおとわ。
だが、食べ物屋の水瓶を運んでいっぱいにして働くとおとわはつけものを托鉢してもらった。「腹が減った!これが托鉢か……われこそ竜宮小僧じゃ。」がつがつ食べ笑顔を見せた。
昊天が「何故次郎法師を迎え入れたか?」ときき、南谿は「あの娘は特別な虎の目をもっておる。井伊家の初代さま井伊共保さまもそうであったろう。あの子供こそ竜宮小僧じゃ。」
「われが井伊家を守るのじゃ!」出家した井伊直虎・次郎法師は極寒の中、滝行をする。
冷たい滝にうたれながら般若心経を唱えた。すべては井伊家の為の祈り、である。
次郎法師は出家したので坊主頭の少女である。姫時代は馬で駆けた。おとわの乳母はたけ。
次郎法師は禅の修行や般若心経などの念仏も修行した。現在の禅の修行はひとと向かい合ってのものだが、戦国時代当時は壁に向かって瞑想し禅で念仏をそらんじた。
龍譚寺では兄弟子の傑山などが弓矢や槍の稽古をする。「次郎法師!おなごだからと手加減せぬぞ!かかってまいれ!」だが、兄弟子たちは次郎法師を生涯守ることも誓う。僧兵だ。
教育係の僧侶・昊天も、次郎法師に学問や歴史経世済民などを教えるのである。
「雑巾になりきれー!寺の掃除をしっかりとやるのじゃー!」「おおっー!」
「志を大事にせよ!ひとは志次第でどうとでもなる!井伊谷や龍譚寺だけが世界ではないぞ!お前は学べ!しゃかりきに学べ!のう次郎法師!」
「はい!われは学びまする!井伊家、井伊谷、すべての国のために!われは井伊谷に生まれようござりました!」井伊直虎・次郎法師は志をたてる。
天文二十二年(1554年)、亀之丞が井伊谷を去ってから十年もの歳月が経っていた。
鶴丸は小野但馬守政次と元服して名を改めていた。直盛も四十七歳になった。
井伊家筆頭家老小野政直が息子の小野政次と次郎法師を結婚させようとした。
次郎法師は「そうなれば両家のわだかまりもとけるのう」
政次は「亀のことはいいのか?」ときいた。
次郎法師は「もし、生きておったとしても亀には別の人生がとっくにあろう。」
「それでおとわはいいのか?」
「いいもわるいもない。わしは文句を言える身ではない」
こんな評定は荒れて当然である。しかし、今川の息のかかった小野政直のいいようにことがすすんだ。だが、政直は病気で倒れる。
死ぬ前に政直は息子に「お前は俺を醜いと思っているだろうがお前もこのわしと同じようになる!いずれ…わしと同じとなるぞ。」といい、その後病死した。
こうしたことでやっと十年ぶりに亀之丞は井伊谷に帰ってくることができた。
「俺はおとわと一緒になるつもりじゃ。」直親(亀之丞)はいう。長い長い間待ち望んでいた言葉。しかし……
「われこそ次郎法師!井伊直虎である!!」
のちに、そう男装し、赤備えの兵で武装した馬上の直虎は跡継ぎの虎松(のちの井伊直政)がわずかに二歳の赤子で跡継ぎの男子がいなくなったために、次郎法師が井伊直虎となり発した。
一度は諦めた井伊家の存続であった。だが、没落する。今川家などに攻められて城もすべて失ったことがある。龍譚寺で一計をこうじて義理の息子・井伊直政を徳川家康に仕官させ、“松下”からふたたび井伊を名乗ることを家康に認めさせた。
晩年、直虎は祐圓尼(ゆうえんに)と号し、母・千賀(祐椿尼・ゆうちんに)と龍譚寺で過ごし1582年死亡した。織田信長の暗殺・本能寺の変の数ヶ月後、であった。
話を戻す。
実は小野政次は次郎法師・のちの井伊直虎に懸想(けそう・恋愛感情)をしていて、幼い頃の絆はどこへやら、亀之丞改め井伊直親(なおちか)と対立するようになる。
「鶴?いかがした?何故わしを狙う?われらが戦うのは井伊家のため、麗のため。」
「だまれ!わしは…もう鶴丸ではない、この井伊谷の領土を狙う小野政次だ!」
井伊直虎の曾祖父・井伊直平は「麗(大河ドラマではおとわ)!ようやくこの時が来た!亀之丞を連れ戻すぞ!戻ってまいるぞ!」と龍譚寺で笑顔になった。
「しかし、わし井伊直平が領主のときに今川軍にやぶれて今川領となり、息子達も傷だらけになった。亀の暗殺された直満も直盛の父親も戦で負傷した。じゃから、わしは今川家が憎い。憎いのじゃ!今川義元は殺してやりたい!もはや、戦じゃ!戦しかないのじゃ!」
麗・おとわの曾祖父・井伊直平の今川家への憎悪はすざましい。亀の父親が独眼になったのも今川家との合戦で、である。ちなみに井伊谷(いいのや)とは「井の国」とも呼ばれ、竜宮小僧(りゅうぐうこぞう)の守る浜名湖の北側の小国(静岡県浜松市井伊谷)である。
最初、この遠江の井伊谷の領地は今川家が攻めてきて支配して、次に徳川家康に攻められ、北からは武田軍が攻めてきた。交通の要所であり、戦国武将の欲しい領土だった。
ちなみに井伊家とは幕末に安政の大獄をやって、桜田門外の変で水戸浪人に暗殺された井伊直弼大老は、井伊直虎・井伊直政の子孫である。井伊直弼は直政から十三代目の子孫。
次郎法師直虎の許嫁(いいなづけ・亀之丞・のちの井伊直親・なおちか)が帰郷する。
だが、麗は「亀が戻ってきたところでわしは出家の身じゃ。何もかわるまいに。」
亀之丞は馬で井伊谷の城に帰ってきた。
直虎が二十一歳のころである。弘治元(1555)年、直親は戻ってくる。
だが、直虎はすでに出家していて……
しかし、そこは先の見えるおなごである。その当時、尼になれば結婚も俗世にかえるのも不可能であった。だが、直虎は僧侶、つまり、男として次郎法師として出家し龍譚寺に行っていた。僧侶とて結婚することは出来ないが俗世に戻ることは出来る。
武田信玄も上杉謙信だって僧侶となり、俗世に戻っている。
亀之丞は馬で悠々と戻ってきた。
直虎の父へ平伏し、「井伊亀之丞、ただいま戻りました」と告げる。
「おおきうなったのう鶴丸!麗も。戻ったぞ、麗!わしが戻れたのも麗がいてこそだ!」
元服して亀之丞改め“井伊肥後守直親”となる。
「立派になった。立派になった」
直虎の父親・井伊直盛は目を細めた。
「これで井伊家も安泰じゃあ」数少ない家臣達が喜んだ。酒席である。
だが、しかし、もはや出家した直虎の出る幕はない。
ちなみにのちの井伊直政の命をすくったのは井伊家家臣・新野左馬助、である。
おとわの還俗はいつになるやら。龍譚寺の南谿和尚はとんちを披露する。次郎法師に言う。
「昔、趙と言う国の道威という王がふたりの大臣のうちひとりをやめさせることになった。王はふたりの大臣、中と伯に饅頭(まんじゅう)を二個ずつ与えた。中は一つを食べ、もうひとつを飢えた子供に与えた。伯は一つを食べ、もうひとつはながらくもっていてカビさせてしまった。さて、王はどちらを大臣として雇った?」
次郎法師は自信ありげに「中でしょう!饅頭をカビさせてはいみがない!」
南谿和尚はにやにや嗤っている。
「え?……違うのですか?」
「よおっく、考えてもみよ。次郎法師」南谿和尚は笑顔のままだ。
直親は次郎法師・おとわを死んだことにして別人として妻に迎えるという策をだした。
だが、次郎法師はその策にのらなかった。
そこで饅頭とは志である、と知る。
「われは死なない。われは一個の饅頭なのだ。饅頭をひとつ食べれば腹が減ったのをしのげる。しかし、二個食べてしまえばもしも本当に困ったときに食べられない。われはカビた饅頭になる。カビた饅頭となって井伊家を守る!」
その決意をきいた直親はしのという女性と結婚することになる。
「すまない、麗・おとわ。じゃが、仕方ないことなんだ。」
 直親はうしろから直虎を抱擁するが、………涙をぬぐってから、次郎法師井伊直虎は振りほどいた。
「何がじゃ?」
「わしは命を狙われて隠遁生活じゃった。その頃にいつもわしを気遣ってくれたのが今の妻・しの、なんだ」
「煩悩に負けたからじゃろう?!亀!見損なったぞ!」
「それもある。それについては……すまん、麗・おとわ。すまん。すまん。」
「………もはや、われは麗・おとわではない。次郎法師じゃ。」
「そうであったな。次郎法師さま。井伊家のおんな城主井伊直虎さま。」
「これ。ふざけるでない。」
 ふたりは笑った。
井伊直親は曾祖父の井伊直平の隠れ棚田に感嘆する。「これは…見事な…」
「これが井伊家の砦じゃ」直平は隠れ棚田・川名(かわな)を自慢する。
直親は筆頭家老の小野政次にこの棚田を検地の範囲から外してくれ、と頼む。
「おとわのためにともに井伊谷を守ろう!」
政次は「俺はおまえのそういうところが嫌いなのじゃ」子供の頃の嘘偽りない表情だった。
瀬名(のちの築山殿)は三河からの人質・松平元信(のちの元康・徳川家康)と結婚させられた。姉さん女房であった。“三河のぼんやり”家康は陰で馬鹿にされていた。
直親としのが結婚して丸四年。さっぱり子供が出来なかった。
しのはあらゆる薬草を飲み、食べ物を食べた。子供が欲しい!欲しい!
次郎法師も昊天に妊娠するによい薬草をきくが高額で一禅僧に買える額ではない。そこで次郎法師は亀之丞の亡き父親に買ってもらっていた笛と対の鼓を小野家の政次に見せた。
「何で俺が次郎法師の鼓を買って、高価な薬草を手に入れてしのに渡さねばならなんだ?」
「父上や母上に知られたくはないからじゃ。鶴。いや、政次殿、頼む。」
だが、薬草をしのは断った。受け取らなかった。
しのが妊娠する前は次郎法師としのとの関係はいまでゆう元カノと今カノの戦いでバチバチしていた。「次郎さまはしのに子供が出来なければよいと思うてらっしやるのでしょう?!」
「何を馬鹿なことをいうのじゃ!それでも井伊家の惣領の嫁か!!」
あるときはしのは懐剣をもって脅迫した。次郎法師は「殺したいならころすがいい!」
やがて織田信長の命令で徳川家康は瀬名(築山殿)と子供(竹千代と亀姫)らを殺した。
直虎の父親・直盛は今川家に従って織田攻めに加わった。「これから今川義元さまにしたがい、織田を成敗することとなった!」「えいえいおーっ!えいえいおーっ!」
今川軍は二万五千、織田勢は三千人……まさか誰も今川がやぶれるとは思わない。
井伊直親も参戦しようとしたが、井伊直盛にとめられた。「お主は御曹司じゃ!井伊谷に残ってくれ!」「しかし!わしも刀や槍の稽古を積んできました!」「残ってくれ!」
だが、奇跡の桶狭間合戦が起こる。今川義元は織田信長に討ち取られ、直盛らも戦死する。
直虎の父が桶狭間合戦で死に、直親らもやがて今川家臣に斬り殺された。
しんしんと雪が降る中、血だらけで雪原で横たわった直親は、
「……井伊谷は何処じゃ……おとわ………鶴…無念じゃ。」血を吐いて死んだ。
悲しみに暮れる井伊谷の井伊家……次郎法師は念仏を唱えながら号泣する。
直親の遺体に触ろうとした次郎法師にしのは涙ながらに怒鳴った。
「さわるでない!われの夫じゃ!」
しのは妊娠し、出産していた。直親の嫡男・虎松(のちの井伊直政)である。
龍譚寺の井戸では奇跡が起こっていた。枯れた井戸だったが、みずがわきあがってきたのだ。だが、井伊直虎・次郎法師は不吉な予感を感じて、念仏を唱える。
小野政次がしのの父親を殺して討ち死にするに至って、次郎法師は決意する。
先だって唯一の成人男性の曾祖父の井伊直平さまも病死(毒殺の疑いも)した。もはやおんなしか残っておらぬ。残されたのは赤ん坊の虎松(のちの直政)だけ………
直親の遺体が届くと、直虎は決心する。井伊家は亀之丞の息子(のちの井伊直政)がおおきくなるまでわたしが守る!!おなごなれど“おんな城主井伊直虎”として生きよう!井伊家はわれが守る!
ちなみに直親の妻しのは恋しい直親と仲の良い元・許嫁の直虎に嫉妬して、理不尽な物言いもしたらしい。どこの時代でもある愛憎劇である。
元・いいなづけの井伊直親が暗殺されたとき、息子の虎松(のちの井伊直政)はわずかに二歳の赤子……これでは惣領は勤まらない。そこで次郎法師が“直虎”と男装し男のなりで惣領となった。ここでおんな城主井伊直虎が誕生する。
「わたしが…このおなごの身のわたし…次郎法師、井伊直虎がこの井伊谷の当主となる!必ずや井伊家を再興し必ず井伊家を家族をもりたてる!必ず時代を歴史をかえるほどに精進する!この井伊直虎がおんな城主である!わかったか!」
直虎は赤備えの馬の上で覚悟を決めた。
「いざ!井伊直虎まかり通る!われこそが井伊直虎である!」
 それは“おんな城主井伊直虎”の誕生だった。
井伊直虎は次郎法師が独創した男装の大名の名前であった。
「井伊次郎法師・井伊直虎、ただいま井伊谷(いいのや)に帰って参りました」
「おお、麗・おとわ。いや、おんな城主井伊直虎さまじゃな。」
尼姿の直虎を母の祐椿尼や家臣団は迎えた。「万歳-!万歳-!」
赤備えの馬で男装して赤い着物で馬で行軍する。赤備えの兵、僧兵もいる。
まさに“おんな謙信”の如き、である。
直虎は領民思いの優しいおんな城主だった。凱旋行軍である。
農民が領土を巡って対立して裁いてもらおうと直虎の元に訪れると「個人の田畑ではなく、村で共有する田畑ではどうか?」と名裁き。井伊家の家系が苦しいとき領地の商人から銭を借りた。利息はあっても年貢までの辛抱である。領民から里芋などを贈られると酒宴を開いて直虎自身が酌をしたりもしたという。まるで名君・上杉鷹山公の如きおんな城主だ。
気配りの女性であり、人情味あふれるおんな城主直虎、である。
今川義元が御屋形さまで、義元の息子が今川氏真(うじざね)、義元の母親が寿桂尼(じゅけいに)であり、今川家には三河の松平家からの人質がいた。これが松平元康、つまりのちの徳川家康である。少年の人質・家康は今川家のおんな瀬名・のちの築山殿を正室にむかえる。悪女であり、妖艶な美形の女性である。能で般若の面で家康を恫喝する。
小心者の徳川家康はそんな姉さん女房の尻に敷かれることになる。
ちなみの小野政次の父親は井伊家筆頭家老だったが、「こいつ邪魔だなあ」と思われていた。
井伊直虎は男装だけではなく男性の戦国大名がつかった花押(かおう・いわゆる書状のサイン)もつかった。だが、遠江の領地を狙う今川義元は謀略をしかけてくる。
まずは徳政令を出して遠江の領地を大混乱にして奪おうと考えた。
だが、おんな城主井伊直虎は時間稼ぎをして結局、領民や商人や百姓の身を守った。
商人などに徳政令免除書を発行したのである。
しかし、そんな井伊家もやがて今川家に城も領地も奪われる。
大河ドラマでは井伊直親の隠し子である高瀬なる娘が武田領より伊井谷にやってきた。
本当の直親の忘れ形見であるという。そして、盗賊集団・竜雲党との因縁……
直虎と瀬戸方久らは浜名湖の南の商人の町・気賀(きが)へ。物見遊山の直虎たちであったが、ひとりの少年が直虎にぶつかってきた。「……ん?銭袋がない。こらー!かえせー!」
盗人の少年を猪突猛進に追いかける直虎。しかし、逆に盗賊集団・竜雲党に拉致監禁される。直虎は「縄をほどけ!わしは井伊家の頭領の井伊直虎じゃ!このままならそちらを死刑にするぞ!」とわめき散らす。そこに現れたのが竜雲党の頭である竜雲丸だった。
「そなた……あのときの?!」「あのときの尼殿さまじゃねえか。」「そなたらは泥棒を生業にしていたのか……」「泥棒?……おれからすれば大名のほうがよっぽど泥棒じゃねえか。泥棒も泥棒、大泥棒でさあ。」「大名のどこが泥棒なのだ?」「ガキでもわかる理屈でさあ。大名は百姓から年貢をとる。これは泥棒じゃないか」「しかし、井伊家の領土で取れたコメを年貢として取り立てているだけじゃ。領地が井伊家のものだから当たり前であろう?」
「それが泥棒の始まりでさあ。では、何故にここからここまでが俺らの土地じゃ、と決められる?搾取も許される???」「それは……その昔に井伊家が朝廷や天子さまより領土を頂いたからだ」「どうも……話が通じねえなあ」
やがて、人質から解放された直虎は思う。「確かに大名は泥棒かも知れん。ならば泥棒として奪うだけじゃない世をつくるぞ!」
竜雲党を井伊家の領土の木こりとして取り分を七分三分で話をつける直虎。「何で俺らに??」「そなたたちには技能がある。生かさぬ手はない!!もったいない。のう?!!」
こうして竜雲党は悶着や騒動を起こしながらも井伊家の直虎の家来、傭兵部隊へとなる。
「その木の切り方は違いやす。こうでさあ。」竜雲丸は直虎の手をとって教えるが、直虎は頬を赤くして心臓をばくばく高鳴らさせる。古かろうがもう乙女でなかろうが、中身は女の子なのである。直之は「あれは何処ぞかで見た顔の男!ああ!盗人の男ではないですか!!」と反発するが、「過ぎたことはよかろう」と直虎にいなされる。
寿桂尼も年を取り、腰の曲がった老婆になる。それでも斜陽著しい今川家を守る為に策を弄していた。駿府の今川屋敷に直虎をよぶ。寿桂尼は直虎に直親のことをきくが、直虎は「世の中は綺麗事だけではやっていけません。確かに恨みはあるでしょうがこれも戦国の常」という。寿桂尼は、孫の氏真に「直虎はわれがいつも政をするときに自分にいいきかせていることをいった。井伊家の城主は今川をたすけない」と、遺言して死ぬ。
また、直虎の乳母だったたけが病気になり、倒れたときは直虎は馬でたけを彼女のふるさとまで送り、看取った。たけの代わりにたけの外見そっくりの姪・梅があらたに直虎の侍女となる。去る者があればあらたにおとずれるものもあるである。
次第に織田や松平(徳川)や武田の脅威が迫る。武田信玄対徳川家康……武田信玄の死……織田対武田の長篠の戦い……武田今川の滅亡と、井伊谷の敗北と流浪の日々へ………
武田が今川との同盟の契りをやぶったのは織田信長による策略であったとも。武田は今川を捨て、尾張の織田家と庇護配下の三河の松平(徳川)家康と同盟を結べば西の憂いもなくなる。駿河を狙う松平(徳川)にも、南の海が欲しい武田にも大事な策であった。
だが、織田はその密約を反故にして武田や今川を駆逐する………
没落した時代に、今川義元が桶狭間で討ち死にし、武田家や徳川家の侵攻で今川氏真の今川家は滅びる。駿河や遠江の領地・井伊谷をあらたに支配したのは徳川家康だった。
井伊直虎と義理の息子・虎松(のちの井伊直政)は龍譚寺に身を寄せるしかない。
だが、武田軍は戦国最強!家康は三方原の合戦(1572(元亀3)年)で武田軍にこてんぱんに敗れ、馬で逃げる際にあまりの恐怖で糞尿まみれになった。信玄、恐ろしや!
そんな中おこったのが長篠の戦い(1574年・元亀5年?天正元年?)である。
尾張の新興勢力である織田信長軍に今川は滅亡させられ武田信玄は病死、武田軍御曹司武田勝頼は討ち取られた。家康は織田信長に謀叛の疑いをかけられた長男・信康と瀬名(築山殿)を泣く泣く成敗した。つまり、殺した。信長のいいがかりであったという。
そして駿河の今川家も甲斐信濃の武田家も滅んだ。(今川氏真は有力武将を放浪庇護を受け、その今川氏真の今川家は朝廷工作のキーパーソンとして明治維新後まで生き延びる)
直虎の母親の千賀(祐椿尼)は井伊家の山城で壁に向かって号泣した。旦那の井伊直盛が桶狭間の戦いで戦死したときだ。……もはや井伊家に男子はいない。…おわった…
それは絶望だった。しかし、龍譚寺から次郎法師が帰ってきた。
「母上!心配めされるな!この次郎法師が井伊直虎としてこの井伊家を継ぎまする!」
「次郎法師…」尼になった母親は涙を流した。「よう帰った。よう帰った!」
徳政令を出す迄に地元の成金商人・大河ドラマでは瀬戸方久を家臣として、領地を与え、村への徳政令(商人に百姓の借金を棒引きにする命令)を年貢によってなしにするという直虎のアイディアだった。しかし、農民らは伊井谷を乗り越えて、直接、今川氏真に徳政令を要求した。直虎は村の集団に瀬戸方久を人質にとられ、「徳政令を出さねば方久の命はない」と恫喝。しかし、直虎は農村の稲を僧侶たちとともに植え始める。「そんなことをしてもおらだらはほだされないぞ!」しかし、直虎は「確かにお主らの村は瀬戸方久の所領とした。しかし、井伊家の借金のためではないぞ。方久が村の領主となれば年貢が入る。これでそなたたちの借金は年貢で払われる」「徳政令のほうがいいだで!」「目先のことばかり考えるではない!確かに徳政令をだせばお主らの村の借金はなくなる。だが、今後、また借金ができたら?凶作にまたなったらどうする?確かに方久は強欲じゃ。なれど自らの所領となれば銭を得たくてお主らのいいように銭をうむ妙案も考え、お主らを大事に扱おうぞ。今の井伊家には銭も人材もいない。今は方久のような裸一貫から豪商になりあがったような人材が大事なのじゃ!勿論百姓のお主らもじゃ!われを信じてくれぬか!!?」「………初めから……そういってくれれば。」「んだんだ。」「田植えじゃ。田植えじゃ。」
二度も太守である今川家の命に背いたことで直虎は呼び出しをくらう。「おなごじゃからとおおめにみてはくれないですかのう?」南溪和尚は「無理だろうのう。向こうの実質的な太守もおなご(寿桂尼)じゃからのう。おなごじゃからと馬鹿にすることもないかわりにおなごじゃからとおおめにもみてもくれないじゃろう」
こうして直虎は駿河の今川屋敷に召喚される。道中、今川からの刺客たちが直虎の命を狙うが、傑山・昊天ら僧兵に命を守られる。直虎は「お主はどうやって領土を豊かにする?」という寿桂尼の問いに「民を潤しまする。大名や武家は、百姓の年貢あっての家禄でござりますれば、国が潤えば民百姓も豊かに暮らせまする」「……なるほど。さすがは出家上がりに直虎なる男名を名乗り井伊谷を治めるおんな城主じゃ。このおんな大名寿桂尼、感心した。井伊谷の領主は直虎…そちじゃ!」こうして、井伊直虎は牛歩戦術で時間をかせぎ2年半後、徳政令を出す。瀬戸方久は領地で綿毛の栽培のアイディアまで出したという。今川家が滅んだのはその半年後の永禄十三年(1569)である。徳川家康と武田家が密約を結び、井伊谷三人衆(鈴木重時しげとき・近藤康用やすもち・菅沼忠久すがぬま・ただひさ)の手引きで徳川が遠江から武田が駿河から侵攻して今川家を滅亡させたのだ。
この後、盗賊、竜雲丸たちと直虎は出会い、ひと悶着があり、井伊家・井伊谷を守る。
さて、武田信玄につくか?それとも徳川家康(松平元康)につくべきか?
そこで井伊直虎は亡き元・いいなづけの井伊直親の“徳川びいき”を思い出す。
「ここは徳川さまに義理の息子を仕官させるしかない。井伊家の未来はこの小童に託されている。見ていてくだされ、直親さま。」
まず、井伊直虎は、三河(愛知県 新城市)の鳳来寺(ほうらいじ)で学問好きの家康に好かれようと、幼い虎松(のちの井伊直政)に学問をしこんだ。また未亡人となっていた直親の元・妻しのを徳川家の重臣の松下源太郎と再婚させた。
政略結婚である。直虎は義理の息子を家康に仕官させようと就職活動に知恵をねった。
井伊直虎は自ら鮮やかな小袖を縫って十五歳の直政に着せて、鷹狩りの徳川家康と対面させて仕官させた。天正3(1575)年2月15日のことである。
「家康さま。ある尼と若い者があいたいと申して参上していまする」
普通は大大名の徳川家康にあえる筈はない。だが、直虎は家康の鷹狩りの日を調べて参上したのだった。徳川の幔幕の中の徳川家康は「誰じゃ?まあ、こんな遠くの山中だ。逢おう」家康は尼姿の直虎と立派な裃烏帽子直垂すがたの直政にあった。
「実は虎松(のちの井伊直政)は松下源太郎さまの実子ではなく、本当の父親は井伊家の井伊直親というわれの元・許嫁であり、直親も徳川さまに仕官したいと希望していました」
「…ほう。」
「しかし、暗殺され井伊家は没落いたしました。われらは徳川さまに頼るしかない!」
直政も「家康さま!禄は少なくてもかまいません!何でもやりますのでどうか家臣にしてくだされ!お願い申します!」
家康は井伊直政をただならぬ者と感じた。(「徳川実記」より)
「わかった!これよりこの徳川家康の、わしのそばにおれ!そなたの名は今日より虎松でなく井伊万千代(のちの直政)と名乗るがよいぞ!」
「ありがたき幸せ!」
喜び合う直虎と直政。……これで井伊家も安泰じゃあ。その後、井伊直政は“井伊の赤鬼”と恐れられていく。草履番から足軽、色小姓、武将そして軍師へと大出世をするのだ!のちに彦根藩三十五万石、五人もの幕府大老を出すにいたる。徳川幕府の屋台骨であり、徳川四天王(酒井忠次・榊原康政・井伊直政・本多忠勝)のひとりである。
徳川家康は直政の力量をわかり、家臣に取り立てた。
そこからが鯉もかくあらんという大出世を井伊直政はする。
家康の暗殺を未遂におわらせ、明智光秀「敵は本能寺にあり!」……本能寺の変(天正10(1582)年6月2日)で織田信長が死ぬと、近くにいた徳川家康をすくう。
いわゆる伊賀(三重県)超えで、徳川家康を三河の城まで守った。
そこで、井伊家は近江の彦根に領地をあらたに与えられ、直政は武功により“孔雀尾具足陣羽織(くじゃくおぐそくじんばおり)”を与えられた。
井伊直虎が死ぬのはこの伊賀超えの三ヶ月後、享年四十七歳、であった。
井伊家の繁栄を確証したかのような死、であった。
義理の息子・井伊直政は二十年後の関ヶ原で、敵陣突破を謀った薩摩の島津を撃追して、戦勝の恩賞で彦根三十三万石の大大名になる。
井伊直虎の墓は元いいなづけの井伊直親のとなり、であった。そこで彼女は永遠の眠りに、ついている。

***

第68回NHK紅白歌合戦:出場者発表も安室の名前なし

2017年11月16日 11時52分29秒 | 日記






























第68回NHK紅白歌合戦:出場者発表も安室の名前なし









安室奈美恵さん© MANTANWEB 安室奈美恵さん
 大みそかに放送される「第68回NHK紅白歌合戦」の出場が16日、発表され、人気グループ「Hey! Say! JUMP」、女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」らが初出場することが分かった。来年9月で引退を表明している安室奈美恵さんの出場が注目されていたが、名前はなかった。

 「第68回NHK紅白歌合戦」のテーマは「夢を歌おう」で、お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんとNHKの桑子真帆アナウンサーが総合司会とを務める。白組司会は人気グループ「嵐」の二宮和也さんで、紅組司会は昨年に続き、2年連続となる女優の有村架純さんが担当する。NHK総合ほかで12月31日午後7時15分~同11時45分(途中、5分間ニュースで中断)に放送される。

 ◇第68回NHK紅白歌合戦出場者(敬称略、カッコ内は出場回数)

 【紅組】 AI(3)▽E-girls(5)▽石川さゆり(40)▽市川由紀乃(2)▽AKB48(10)▽丘みどり(初)▽倉木麻衣(4)▽欅坂46(2)▽坂本冬美(29)▽椎名林檎(5)▽SHISHAMO(初)▽島津亜矢(4)▽Superfly(2)▽高橋真梨子(5)▽天童よしみ(22)▽TWICE(初)▽西野カナ(8)▽乃木坂46(3)▽Perfume(10)▽松たか子(3)▽松田聖子(21)▽水森かおり(15)▽Little Glee Monster(初)

 【白組】 嵐(9)▽五木ひろし(47)▽X JAPAN(8)▽エレファントカシマシ(初)▽関ジャニ∞(6)▽郷ひろみ(30)▽三代目 J Soul Brothers(6)▽SEKAI NO OWARI(4)▽Sexy Zone(5)▽竹原ピストル(初)▽トータス松本(初)▽TOKIO(24)▽氷川きよし(18)▽平井堅(8)▽福田こうへい(4)▽福山雅治(10)▽Hey! Say! JUMP(初)▽星野源(3)▽三浦大知(初)▽三山ひろし(3)▽山内恵介(3)▽ゆず(8)▽WANIMA(初)

【AI・人工知能に勝つには創造力】人間にしかできない「自分の頭で考える」こと!

2017年11月09日 17時06分53秒 | 日記


























    AI(人工知能)に勝つには創造力を磨け!自分の頭で考えて行動しないと豊かにも知的にもなれない!




 ぼくが今の若者にいいたいのは「自分の頭で考えて行動して」ということ。あまりにもコピペや検索が過ぎる。
自分の頭で考えられないなら一生負け組のままである。確かに慣れるまでは「自分の頭で考える」ことは苦悩である。
だが、「考える事」は有益であり、しかも、金持ちへの近道でもある。
考えてみてほしい。ステーブ・ジョブズは?ビルゲイツは?あのiPodやwindowsやiPhoneを考案したからの金持ちだ。要は自分の頭で考えないとゴミみたいな人間だ、ということ。
只分らないからと安易に「それなに?」ときいたり、「検索」したり、つまんない掲示板に冷やかし文章等書いたって一文にもならない。それではAI・人工知能に勝てないんだよ。
確かにAI・人工知能の力は凄い。囲碁や将棋では世界一のプロをやぶった。
だが、AIはその問題の解答を導き出せても、問題のそのもの、つまり、「どういう問題か?」つまり、囲碁や将棋のような「新しいボードゲームをつくれ」というケースではAIは脆弱である。ほとんど何も出来ない。
AI・というのは所詮はプログラム通りにしか動かない。
人間の創造力には百年経っても勝てないのだ。だから、今の若者には「考えろ」というのだ。
つまんない検索やネットサーフィンや冷やかし文章など糞の役にも立たない。
人間から創造力をとったらただの駄目人間でしかない。
師匠も読めず、「更地」が何かも分らない………「冷戦って何処と何処が戦ったの?」「日本三景ってなに?」
「ゴールドコーストってなに?」ではただの馬鹿だ。
池上彰なら「いい質問ですねえ」というだろうが、そんなに甘やかしてられない。
自分の頭で考えて行動する。それが出来なければ「人間」じゃない(障害者とか病人を除く)。
自分の頭で考えられず、コピペや冷やかし文章やひたすら検索や盗作では糞である。糞人間、駄目人間だ。
なんでもきけばいいってものじゃない。わからなければ勉強すればいい。だが、知識を得るには努力と苦悩がいる。
だから、誰もが努力をしない。結局、検索して冷やかし文章……それが糞だ、と気付かないなら本当に馬鹿だ。
「まずは自分の頭で考えろ」といいたい。話はそれからだ。
検索と冷やかし文章だけなら一生「負け組」なんだよ!考えろ!


臥竜   上杉(長尾)景虎