緑川鷲羽(改名、上杉(長尾)景虎) 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

【音楽家ミュージシャン採用野郎の手抜き】音楽デモテープ「最初の一曲しか聴いていない」「自信作なのに…」は早合点。

2018年07月10日 18時01分27秒 | 日記























【音楽家ミュージシャン採用野郎の手抜き】音楽デモテープは「最初の一曲しか聴いていない」「自信作なのに何で駄目なの?」は早合点!そもそも聴いていない。
音楽での”採用野郎”のほとんどが聴いていない。デモテープに20曲も12曲もいれては駄目。
採用されたいなら1曲か二曲だけで!!!!!

 音楽会社に「デモテープ(デモCD-R)」を郵送する時に、気を付けたいのは「全曲聴く」訳ではないという事。例えば自信作の20曲を送っても最初の曲しか聴いていない。
「おかしい。自信曲集だが……なんで駄目なの?」は早合点である。
そもそも聴いていない。
何回送っても、一曲目しか聴かないから、
「また郵送してきた。自信作(笑)」
と苦笑してボツで終了。
そもそも最初の一曲しか聴いていないし、何度送っても「曲の完成度」どころか聴いていないんだからどんな傑作を郵送したってボツなだけ。
だから一曲郵送しかない。輩は聴いてない!
もっと戦略を練るべきだ。
そもそも最初の一曲しか聴かないなら何十曲も収録して郵送しても無駄である。
聴いていないんだから(笑)
採用を決める「ミュージシャン崩れ」の音楽会社の社員を考えること。
最初に自信作の一曲を収録して三曲以内でおわらせる。
どうせ十数曲いれてもそもそも聴いていないのだ。
そこは考えよう。すべては戦略次第!!!聴いていないのに多数収録しても無駄骨。
戦略を練って考えてチャンスを掴もうよ!!!
臥竜  2018/07/10 17:59
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【2018年度大河ドラマ『西郷... | トップ | 【2018年度NHK大河ドラマ『西... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事