緑川鷲羽(改名、上杉(長尾)景虎) 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』】第四十回『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

2019年11月02日 08時11分58秒 | 日記




























【2019年度NHK大河ドラマ『東京オリムピック噺(ばなし)』】第四十回『バック・トゥ・ザ・フューチャー』より。
2019年10月27日日曜日放送分NHK大河ドラマ『東京オリムピック噺(ばなし)』第四十回『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
原作・脚本・作品・宮藤官九郎 音楽・大友良英   噺・語り・ビートたけし+森山未來(美濃部孝蔵+古今亭志ん生・役)

第四十回『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(2019年10月27日日曜日放送分)より。
1959年。東京オリンピックの招致活動が大詰めを迎えていた田畑政治(阿部サダヲ・演)は、東京都庁にNHK解説委員の平沢和重(星野源・演)を招き、きたるIOC総会での最終スピーチを引き受けるように頼む。
断る平沢に対して、田畑は、全てを失った敗戦以来、悲願の招致のために、全力を尽くしてきた自分の『オリムピック噺』を語って訊かせる。
それは、戦後の食糧不足の中、浜松で天才・古橋廣之進(北島康介・演)を見いだすところから始まる。
 大河史上最低の視聴率。ピエール瀧の麻薬逮捕・降板。シャロやん・川栄李奈の妊娠。阿部サダヲの自動車での人身事故。チュートリアル徳井の脱税事件、萩原健一の死……この大河ドラマは呪われている。正直、最近、あんまり面白くない。
だが、だからこそこの大河ドラマは貴重なのだ。この大河は、『八重の桜』や『平清盛』のように、放送終了後、伝説になるだろう。
生前に売れなかった作家や、画家のようなものだ。我々は伝説をこの目でみているのだ。

次回、第四十一回『おれについてこい!』(2019年11月3日日曜日放送予定)へ続く。

この記事についてブログを書く
« 【2019年度NHK大河ドラマ『い... | トップ | 【2019年度NHK大河ドラマ『い... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事