緑川鷲羽(改名、上杉(長尾)景虎) 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』】第三十一回『トップ・オブ・ザ・ワールド』より

2019年08月20日 08時00分01秒 | 日記





























【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』】第三十一回『トップ・オブ・ザ・ワールド』より
2019年8月18日日曜日放送NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第三十一回『トップ・オブ・ザ・ワールド』
原作・脚本・作品・宮藤官九郎 音楽・大友良英 噺・語り・ビートたけし+森山未來(美濃部孝蔵・古今亭志ん生・役)

第三十一回『トップ・オブ・ザ・ワールド』(2019年(令和元年)8月18日放送分)より
1923年、田畑政治(阿部サダヲ・演)率いる日本水泳陣はロサンゼルス五輪で、大旋風を巻き起こす。
200mの平泳ぎでの前畑秀子(上白石萌歌・演)も空前のメダルラッシュに続こうとするが、決戦レースは大混乱に。
IOC会長ラトゥールは、日本水泳の大活躍の秘密に強く興味を持つ。
加納治五郎(役所広司・演)はその答えを見せようと、日本水泳のエキシジビョンを思いつく。
中学生の時、病気で、競技をやめていた田畑も、それ以来の水泳に挑戦することになる。
  それにしても、先々週の第三十〇回『黄金狂時代』が大河始まって以来の大河ワースト視聴率だったという。大河ドラマが始まって50年くらい経っているが、一番悪い視聴率をたたき出してしまった。大河ドラマ『江 姫たちの戦国』や大河ドラマ『北条時宗』大河ドラマ『平清盛』より、酷いというのだ!!!!何故なんだろう?ちゃんと観れば「おもしろい」と感じ、感動さえするのに。
やはり、よく語られない時代(近代・現代)だからだろうか?知っている歴史上の人物がその他で、金栗四三さんや田畑政治さんというほぼ無名のひとが主人公だから???
これは水戸黄門じゃあないが、麻生久美子さんや夏帆さんの入浴シーンとか、もっと有名な人物をライバルとかに、登場人物を据えるとか。まあ、そんなことをやっても観ない人は観ないのだけれど。
なんとか、もう少し、素人受け、を狙わないと。駄目ですよね、これは。

次回、第三十二回『独裁者』(2019年(令和元年)8月25日日曜日放送予定)へ続く。
この記事についてブログを書く
« 【2019年度NHK大河ドラマ『い... | トップ | 2020年度NHK大河ドラマ『麒麟... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事