緑川鷲羽(改名、上杉(長尾)景虎) 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

【2018年度NHK大河ドラマ『西郷どん』】第二十四話「地の果てにて」より

2018年06月24日 17時03分04秒 | 日記






























【2018年度NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』】第二十四話「地の果てにて」より。
原作・林真理子 脚本・中園ミホ 音楽・富貴晴美 主演・鈴木亮平 語り・西田敏行
2018年6月24日日曜日、2018年度大河ドラマ西郷どん第二十四話が放送された。

薩摩の国父・島津久光(青木崇高役)の命令の叛き、寺田屋騒動をも止められなかった西郷吉之助(主役・のちの隆盛、鈴木亮平役)は罰を受けることになった。
大久保一蔵(のちの利通、瑛太役)らの嘆願で、切腹は免れた。が、薩摩に幽閉されていた。
吉之助を、久光はふたたび、島流しの刑、にする。
だが、最初は奄美大島にちかい徳之島であった。
そのために吉之助は、奄美大島の島嫁・愛加那(二階堂ふみ役)や子供達(長男・菊次郎、長女・菊草)とふたたび会い、団らんになってしまう。久光は、
「島嫁や子供と会えるのでは罰にはならん。いかんど。もっと、遠くに。地の果てに流すべきじゃな!」
と、吉之助は徳之島ではなく、今度は、沖永良部島まで島流しに……。
しかも、吉之助は、沖永良部島では、風や雨が吹きすさむ海辺の吹きっさらしの牢獄にいれられ、幽閉されてしまう。さすがに吉之助は厳しい環境で痩せて、死にそうな目に遭う。
吉之助は絶望するが、そこに、隠居文学者の川口雪蓬(かわぐち・せっぽう、石橋蓮司役)がきて出会う。それは、維新の時代の前の、西郷吉之助(隆盛)の雌伏のとき、だった。
こののち、吉之助は、維新の激動の時代に翻弄されながら、英雄として、時代の寵児となっていく。
今宵はここらでよかろうかい。西郷どん!きばれ!チェスト!
次回、第二十五話「生かされた命」(2018年7月1日放送予定)に続く。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【hypergroove改詞】上杉(長... | トップ | 【2018年度NHK大河ドラマ『西... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事