緑川鷲羽(改名、上杉(長尾)景虎) 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』】第十五回『あゝ結婚』より

2019年04月21日 19時36分47秒 | 日記





















【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』】第十五回『あゝ結婚』より
2019年4月21日日曜日NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第十五回『あゝ結婚』
原作・脚本・作品・宮藤官九郎 音楽・大友良英 噺・語り・ビートたけし・森山未來(美濃部孝蔵・古今亭志ん生役)



第十五回『あゝ結婚』(2019年4月21日日曜日放送)より。
兄・金栗実次(中村獅童・演)に呼ばれて熊本に帰った金栗四三(中村勘九郎・演)を待ち受けていたのは、夫の池部重行(高橋洋・演)を亡くした春野スヤ(綾瀬はるか・演)との見合いだった。
重行の母・池部幾江(大竹しのぶ・演)と実次に強引に押し切られる形となったものの、互いに好き同しだった四三とスヤは祝言をあげる。
しかし、四三はスヤを残して東京へ。
次のベルリンオリンピックに勝つために、四三はスヤの理解を得て、練習に打ち込む。
その姿と重なるように、浜松の浜名湖では河童(カッパ)軍団と称する若者たちが日本泳法の稽古に励んでいた。
ちょうど旅で、浜松にきていた美濃部孝蔵・朝太(森山未來・演)は河童軍団の少年たちの中に自分の寄席の落語をきいていた少年の姿を見つける。
 次回はストックホルムオリンピックの四年後のベルリンオリンピックのお噺である。
お金がない。戦争(第一次世界大戦)で五輪開催が危うい。参加国制限。あらゆる壁が立ちはだかる。それにしても綾瀬はるかさんは本当にお綺麗ですねえ。ドラマ版セカチューのときはなんとも棒演技でしたが、物凄いスキルアップ!別人みたいです。頑張れ、綾はる!!!

次回、第十六回『ベルリンの壁』(2019年4月28日放送予定)へ続く。
この記事についてブログを書く
« 【2019年度NHK大河ドラマ『い... | トップ | 【2019年度NHK大河ドラマ『い... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事