緑川鷲羽(改名、上杉(長尾)景虎) 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

【2018年度NHK大河ドラマ『西郷どん』】第二十五話「生かされた命」より

2018年07月01日 16時42分05秒 | 日記







































【2018年度NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』】第二十五話「生かされた命」より
原作・林真理子 脚本・中園ミホ 音楽・富貴晴美 主演・鈴木亮平(西郷吉之助役)語り・西田敏行
2018年7月1日日曜日、大河ドラマ西郷どん第二十五話「生かされた命」が放送された。

野ざらしの牢(ろう)で死に直面した吉之助(鈴木亮平役)は、島役人の土持政照(斎藤喜樹役)の機転で座敷牢に移され、子供達に学問を教えることに。そのころ、海江田(高橋光臣)ら薩摩藩士が英国人を斬る「生麦事件」がおこる。損害保障を迫られた薩摩藩のご隠居・国父様・島津久光(青木崇高役)に大久保一蔵(のちの利通、瑛太役)は、「英国との戦争」を持ちかける。
だが、それは無謀な策であった。だが、思い上がった薩摩藩や殿様は英国軍との戦いを決意する。
その報は、遠く沖永良部島まで届き、島の隠居文士・川口雪蓬(石橋蓮司役)は島の舟を盗んで、薩摩に密航しようと吉之助にもちかける。
だが、しかし………
西郷吉之助はいやおうもなく幕末の荒波に翻弄されていく。時代が西郷吉之助を必要としていた。
明治維新の革命まで怒濤の如く時代は動く。西郷吉之助、坂本龍馬、桂小五郎(木戸孝允)、勝海舟、徳川慶喜。時代は?吉之助は?まさに幕末の動乱が始まった。
いよいよ、西郷どん!きばれ!いけ!チェスト!今宵はここらでよかろうかい。
次回、西郷どんスペシャル(2)「いざ、革命へ!西郷と四人の男たち」(2018年7月8日放送予定)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【2018年度NHK大河ドラマ『西... | トップ | 【2018年度大河ドラマ『西郷... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事