緑川鷲羽(改名、上杉(長尾)景虎) 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』】第二十二回『ヴィーナス誕生』より

2019年06月10日 07時30分27秒 | 日記
























【2019年度NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』】第二十二回『ヴィーナス誕生』より
2019年度6月9日日曜日放送NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第二十二回『ヴィーナス誕生』
原作・脚本・作品・宮藤官九郎 音楽・大友良英 噺・語り・ビートたけし・森山未來(美濃部孝蔵・古今亭志ん生役)


2019年6月9日日曜日放送分第二十二回『ヴィーナス誕生』より。
東京府立第二高女(竹早)では金栗四三(中村勘九郎・演)の熱血指導によって、女学生たちがスポーツに打ち込んでいた。
教え子の富江(黒島結菜・演)たちは全国的なスポーツアイドルとなるが、その前に日本人女性離れした体格の人見絹枝(のちの女子陸上の銀メダリスト・菅原小春・演)が立ちはだかる。
四三の指導を手伝うシマ(杉咲花・演)も大きな悩みを抱え、それをスヤ(綾瀬はるか・演)に打ち明ける。妊娠したという。「おめでた」だ。
だが、心配をよそにスヤも四三も「でかした!シマさん!」と大喜び。
その頃、真打ち昇進を果たしてもすさんだ生活をしていた美濃部孝蔵(朝太・森山未來・演)には見合いの話がきていた。
これからは、次回で、悪夢の『関東大震災』、そして人見絹枝の大活躍……そしてベルリン大会……戦争、東京オリンピック白紙撤回、敗戦、嘉納治五郎の死、焼け野原からの復興!まずは女性活躍の時代!!走るときに股や脚をみせて走っただけで「嫁入り前の女性がはしたない」とか本当に昔は”男尊女卑”というか……もうこれはもうやめなければ!!
女性活躍社会の実現を!!ぼくはそのための黎明の鐘となる!!!


次回、第二十三回『大地』(2019年6月16日日曜日放送予定)へ続く。
この記事についてブログを書く
« Встреча на высшем уровне в ... | トップ |  留学日本人女子高生が”キッ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事