緑川鷲羽(改名、上杉(長尾)景虎) 上杉奇兵隊日記「草莽崛起」<上杉松下村塾>

政治経済教育から文化マスメディアまでインテリジェンティズム日記

【訂正・謝罪記事全文】川崎市登戸通り魔事件「誤認別人写真掲載」についての謝罪全文

2019年12月01日 09時48分20秒 | 日記

























【訂正・謝罪記事全文】川崎市登戸通り魔事件「誤認別人写真掲載」についての謝罪全文

 謹啓。過去にこのブログで、川崎通り魔事件が発生した時、悪意ではなく「誤認別人写真掲載」をしてしまいました。
関係者並びに当事者の方に心からお詫び申し上げます。本当にすいませんでした。ここに心から謝罪いたします。
当事者の方の大川原明?さんという方はまったく存じ上げず、先日、ネット上の動画を拝見しても、「誰なんだ?」と首をひねりました。しかし、当事者の方がおっしゃるような〝動画から画像をもってきて著作権侵害〟というのは、まったく違います。
わたし自身も騙されたんです。事件当時にツイッター上に、〝例の写真〟が記事の投稿欄の数珠つなぎ上に貼ってあり、晒されており、わたしはこの大川原明?さんという方はまったく存じ上げず、「国際ジャーナリスト」「旅行ジャーナリスト」とおっしゃるんですが、まったく実績というか本とか電子書籍とか、雑誌の記事とかなにもなくわかりませんでした。
〝例の写真〟が晒されていて、それを見ても、「「マスコミでは犯人は中学時代の卒業アルバム」しか公表されていないが、「犯人を知るひとが画像をアップしたのかなあ」」、と。認識が甘い、といわれればその通りです。
正直、動画を拝見させて頂いて、「こわいひと(半グレ?ヤクザ?)をいっぱい知っているから金を払わなければ動いてもらおうかと思っている」という発言で、背筋が寒くなったといいますか。
「自宅にこわいひとがいっぱいきても自業自得」とか、まるで恐喝だなあ、と。動画も一日前に初めて観ました。驚きました。
悪いのはツイッターに、そのひとの画像をアップしたひとじゃあないですか。わたしも騙されたんです。
悪意はありませんでした。本当に、晒された写真が「犯人のもの」と騙されたんです。
もう削除し、謝罪文も掲載しました。gooのスタッフからは〝写真の削除〟指令以外、詳しい話・訴訟沙汰もありませんでした。
それにしても、大川原明?さん、どうもすいませんでした。全然知らない顔写真だったので、「犯人を知っているひとが画像をアップした」とばかり。騙されたんです。わたしは悪意を持って、大川原明?さんの動画から画像を盗んできた訳ではありません。
本当にツイッター上に画像が晒されていたんです。わたしには悪意がなかったし、大川原明?さんのことも知らなかったので。
 悪意を持って画像をあげた人間に騙されたんです。まあ、頭にきて、怒りで、わたしの悪口というのは理解できます。が、強迫めいた発言はやめたほうが無難ですよ。わたしの個人情報のようなものを怒りでとはいえ、あまり他人を馬鹿扱いしないほうが無難ですよ。
 とにかく、私自身も騙されたんです。大川原明?さんの画像を晒しても、こちらに何の利益もないじゃあないですか。
わたしも騙されたんです。これで刑事訴訟とか民事訴訟とかは納得がいきません。まず、ツイッター上で画像をあげた悪辣な人間から裁いてください。本当に、本当に、すいませんでした。わたしも騙されたんです。なんの悪意もありません。
 本当に、大川原明?さんのことをまったく知りませんでした。無知というか認識が甘い、といわれても仕方がありません。
 もっと有名な方ならすぐに「別人だ」とすぐに気付いたのですが。
ここに心から謝罪をいたします。本当にすいませんでした。刑事訴訟や民事訴訟はどうか勘弁してください。
ツイッター上に画像をあげた犯人を先に裁いて、それでも、というなら謝罪いたします。怒りでとはいえ名誉毀損のような動画はやめてください。
では。
この記事についてブログを書く
« 【2019年度NHK大河ドラマ『い... | トップ | 【2019年度NHK大河ドラマ『い... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事